トヨタが「スポーツカーで新ブランド」のワケ “モリゾウ”社長は発表会でドリフトも披露 | 自動車 | 東洋経済オンライン

「80年の歴史があるトヨタ自動車が改めて面白い車を作れることを示したい」  トヨタは9月19日、走行性能…

Continue reading "トヨタが「スポーツカーで新ブランド」のワケ “モリゾウ”社長は発表会でドリフトも披露 | 自動車 | 東洋経済オンライン"

au「三太郎」CMが3年目でも飽きられない理由 ディレクターの子ども時代にキャラの原点 | メディア業界 | 東洋経済オンライン

あなたのお気に入りCMは、何位にランクインしているだろうか?CM総合研究所が毎月2回実施しているCM好感…

Continue reading "au「三太郎」CMが3年目でも飽きられない理由 ディレクターの子ども時代にキャラの原点 | メディア業界 | 東洋経済オンライン"

あえて女性専用車両に乗る「男性の言い分」 痴漢に遭う女性の9割は30代以下なのに… | 通勤電車 | 東洋経済オンライン

関連記事:男が知らない「女性専用車両」乗客の行動実態知らずに乗り込んだらそれが女性専用車両で、思い切…

Continue reading "あえて女性専用車両に乗る「男性の言い分」 痴漢に遭う女性の9割は30代以下なのに… | 通勤電車 | 東洋経済オンライン"

充電池の大本命「リチウム硫黄電池」を生んだ東電マンの苦節25年 – ものつくるひと

2016年6月、二次電池の研究に関わる事業者や研究者なら誰もが驚く新型二次電池「リチウム硫黄電池」が、東京電力ホールディングス経営技術戦略研究所の地下にある小さな研究室で生まれた。生みの親は道畑日出夫。新卒で電力会社に入社したものの、一貫して電池の研究を続けてきた、“電力マン”ならぬ“電池マン”である。

Continue reading "充電池の大本命「リチウム硫黄電池」を生んだ東電マンの苦節25年 – ものつくるひと"

他人に気を遣い過ぎ「空気」のように生きる30代男性の悶え – 「引きこもり」するオトナたち

長年“空気”のように周囲を気遣い、人目を避けて生きてきたという、地方在住の30代男性がいる。あるとき気づいた。自分は「引きこもり」なのだと。HSPという症状に悩まされる彼には、どんな人間関係が足りなかったのか。

Continue reading "他人に気を遣い過ぎ「空気」のように生きる30代男性の悶え – 「引きこもり」するオトナたち"

悩めるハゲ諸君に!原因から対策、心の持ち方を改めて考えてみよう – 消費インサイド

日本人に急増している「若ハゲ」。しかし、日本よりもハゲ人口が多い欧州などでは、日本人のようにハゲを恥じて隠す人はいない。さらに、医療などの進化によって、効果のある育毛法や発毛法も出てきている。ハゲを心に病む必要はまったくない。

Continue reading "悩めるハゲ諸君に!原因から対策、心の持ち方を改めて考えてみよう – 消費インサイド"

米欧で進む金融政策正常化議論、置いてけぼりの日銀が打つべき手 – 金融市場異論百出

債務上限に伴う米政府閉鎖リスクは、議会の“先送り策”によって当面回避された。米財務省の資金繰りは、少なくとも来年3月までは支障が生じないもようだ。確率はまだ高くないが、4月15日まで持ちこたえられれば、給与税が入ってくるため、夏場まで政府閉鎖懸念は再燃しない可能性も出てくる。

Continue reading "米欧で進む金融政策正常化議論、置いてけぼりの日銀が打つべき手 – 金融市場異論百出"

技術革新だけでは デジタルトランスフォーメーションに対応できない – IT insight

デジタルトランスフォーメーション(デジタル変革)の波がうねりを強めている。世の中のありとあらゆる情報がIoT(モノのインターネット)で集積され、ビッグデータ解析やAI(人工知能)の活用によって、新たなニーズを発見し、それに応える革新的なビジネスモデルが次々と創出されている時代に、日本企業はどう対応していくべきなのか? 「デザインによる未来創造」を研究する東京工科大学の澤谷由里子教授に聞いた。

Continue reading "技術革新だけでは デジタルトランスフォーメーションに対応できない – IT insight"

財務省は「借金」だけを見て財政再建を言うから間違える – 高橋洋一の俗論を撃つ!

多額の国債で賄われている日本の国家財政は破綻しているのかどうか。政府と日本銀行が一体の「統合政府」のバランスシートで考えれば、問題はない。財務省は政府の負債だけを見て考えるから財政再建を間違うことになる。

Continue reading "財務省は「借金」だけを見て財政再建を言うから間違える – 高橋洋一の俗論を撃つ!"

金正恩、核ミサイルへの執着から読み取れる「3つの思惑」 – DOL特別レポート

北朝鮮が国連の度重なる制裁決議にもかかわらず、核・ミサイル開発を続けるのには理由がある。米国と対等の「核保有国」になることが、米国に体制存続を認めさせることができる唯一の道であり、国内でも自らを権威づける最大の手段だからだ。

Continue reading "金正恩、核ミサイルへの執着から読み取れる「3つの思惑」 – DOL特別レポート"

日銀が「大株主」になる企業100社ランキング!3位太陽誘電、2位ファストリ、1位は? – 砂上の楼閣 日本銀行

日銀が“異次元緩和”政策の中で進めるETF(上場投資信託)購入。巨額の買い入れを進めることによって、実質的に上場企業の「大株主」となってしまっている。そこで上場企業を対象に日銀の株式保有比率を試算、トップ100社をランキングした。

Continue reading "日銀が「大株主」になる企業100社ランキング!3位太陽誘電、2位ファストリ、1位は? – 砂上の楼閣 日本銀行"

ユニクロが異次元緩和のETF購入で日銀の関連会社になる日 – 砂上の楼閣 日本銀行

日本銀行が“異次元緩和”の中で進める国債やETF(上場投資信託)などの買い取り。今のペースでETFを買い続けると数年後には日銀が世界最大の「日本株投資家」になってしまう。上場企業の保有比率上位100社を試算した。

Continue reading "ユニクロが異次元緩和のETF購入で日銀の関連会社になる日 – 砂上の楼閣 日本銀行"

中国で一人っ子解禁後も出産しない女性が増えている理由 – DOL特別レポート

高齢化の進展や人口減少の問題により、中国ではかつての「一人っ子政策」を廃止した。しかし、一人っ子の子育てが定着した中国では、結婚しても無理して子どもを産みたくないと考える女性が増えている。

Continue reading "中国で一人っ子解禁後も出産しない女性が増えている理由 – DOL特別レポート"

豊田真由子氏から学ぶ、謝罪会見大失敗の根本的な理由 – 情報戦の裏側

謝罪会見を開いたはずが、ボロカスに叩かれてさらに評判を落とした豊田真由子氏。おじぎの角度から回答内容まで、危機管理のプロの指南に忠実にこなしたであろうことは間違いないが、なぜ結果が「惨敗」だったのだろうか?

Continue reading "豊田真由子氏から学ぶ、謝罪会見大失敗の根本的な理由 – 情報戦の裏側"

金正恩は「側近による暗殺」を恐れ核ミサイルから手を引けない – 元駐韓大使・武藤正敏の「韓国ウォッチ」

核実験や日本上空を通過するミサイルを発射するなど、北朝鮮の挑発行動はエスカレートするばかりで、いよいよ最終局面に入った。対する国際社会は制裁を強め、金正恩を対話に引きずり出そうとしているが、応じないだろう。国内にもある事情を抱えているからだ。

Continue reading "金正恩は「側近による暗殺」を恐れ核ミサイルから手を引けない – 元駐韓大使・武藤正敏の「韓国ウォッチ」"

「オーナー企業」こそIoTで新規事業に成功しやすい理由 – IoT最前線

ビジネスに新たな商機をもたらすと期待されるIoT。しかし、うまく事業に結び付けられないという企業は多い。理想的なIoT化を実現している企業は、どこが違うのか。顧客満足の向上を重視するパーク24とヤンマーの事例から、企業がIoTと向き合うためのヒントをお伝えする。

Continue reading "「オーナー企業」こそIoTで新規事業に成功しやすい理由 – IoT最前線"

「核のゴミ」処理問題を解決?原発に一石投じたベンチャーの正体 – DOL特別レポート

原発から出る使用済み核燃料などの「核のゴミ」処理問題は、日本のエネルギー政策の根底に横たわる難題だ。ここに来て、それを解決する新技術を独自に考案・開発して、実用化へ向けた実証試験に入るというベンチャーが出て来た。果たしてその真贋とは。

Continue reading "「核のゴミ」処理問題を解決?原発に一石投じたベンチャーの正体 – DOL特別レポート"

ドンキ「小型店」が失敗続きなのは成功体験の呪縛が原因だ – News&Analysis

ドン・キホーテホールディングスの小型店はなぜ出店に弾みがつかないのか――。主力の「ドン・キホーテ」や「MEGAドン・キホーテ」はいたって好調だが、なぜか小型店はどれも数店止まりに止まっているのである。

Continue reading "ドンキ「小型店」が失敗続きなのは成功体験の呪縛が原因だ – News&Analysis"

最新の疲労医学で解明! エアコンは「一晩中つけっぱなし」が断然いい理由 – なぜあなたの疲れはとれないのか?

「あの人はまったく疲れていない、でも私はすごく疲れている……」。そんな「疲れ」の悩みをすべて解決!

Continue reading "最新の疲労医学で解明! エアコンは「一晩中つけっぱなし」が断然いい理由 – なぜあなたの疲れはとれないのか?"

この書き方なら不快にならない! 相手がイヤがることを書く時の 英文メールのテクニック – 思い通りに相手を動かす 英文パワーメール20の鉄則

英語でメールを書くときに、ビジネスパーソンが知っておきたいテクニック。今日は、「相手に不快感を与えずに、相手にとってイヤなことを書く方法」を紹介します。

Continue reading "この書き方なら不快にならない! 相手がイヤがることを書く時の 英文メールのテクニック – 思い通りに相手を動かす 英文パワーメール20の鉄則"

小心者だからこそ「優れたリーダー」になれる 明白な理由 – 優れたリーダーはみな小心者である。

「優れたリーダーはみな小心者である」。この言葉を目にして、「そんなわけがないだろう」と思う人も多いだろう。しかし、この言葉を、世界No.1シェアを誇る、日本を代表するグローバル企業である㈱ブリヂストンのCEOとして、14万人を率いた人物が口にしたとすればどうだろう?ブリヂストン元CEOとして大きな実績を残した荒川詔四氏が執筆した『優れたリーダーはみな小心者である。』(ダイヤモンド社)が9月22日に発売される。本連載では、本書から抜粋しながら、世界を舞台に活躍した荒川氏の超実践的「リーダー論」を紹介する。

Continue reading "小心者だからこそ「優れたリーダー」になれる 明白な理由 – 優れたリーダーはみな小心者である。"

【書籍編集者募集中!】あなたもダイヤモンド社でベストセラー編集者を目指しませんか? – エディターズ・チョイス

ダイヤモンド社では書籍編集の経験者を募集中。そこで4つの書籍編集部の現役編集長が集まり、職場の雰囲気や各編集部の特徴、共に働きたい人材像などについて語り合いました。お読みいただき、我こそは!と思われた編集者の方は、ぜひともご応募ください。

Continue reading "【書籍編集者募集中!】あなたもダイヤモンド社でベストセラー編集者を目指しませんか? – エディターズ・チョイス"

ダマされる前に知っておきたい!医者が教える医学的に正しい食事 – 医者が教える食事術 最強の教科書

ちまたの健康法はウソだらけ。俗説、自己流健康法と、医学博士からすれば怪しいと感じ説も少なくない。では、私たちは何を信じればいいのか?人体のメカニズムにそった、医者が教える医学的に正しい食べ方を紹介。

Continue reading "ダマされる前に知っておきたい!医者が教える医学的に正しい食事 – 医者が教える食事術 最強の教科書"

海外現地で自社製品が本当に売れるのか? 代理店から情報を引き出すための9つの英語フレーズつの英語フレーズ – 売れる英語

海外に製品・サービスを売り込みに行くとき、一番気になるのは「この国で本当に自社製品が売れるだろうか?」ということでしょう。たとえば、販売パートナー(代理店)候補との面談では、いろいろな情報を引き出すことができます。今回は自社製品が売れるのか、現地のニーズや情報を引き出すための9つの英語フレーズを紹介します!

Continue reading "海外現地で自社製品が本当に売れるのか? 代理店から情報を引き出すための9つの英語フレーズつの英語フレーズ – 売れる英語"

「自分を責める」となぜ幸せになれないのか? – アルフレッド・アドラー100の言葉

『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』の発売を記念して、本作、また、20万部突破の第一弾『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』から一部を特別公開する。アドラーの厳しくもあたたかい言葉に、あなたも勇気づけられてほしい。

Continue reading "「自分を責める」となぜ幸せになれないのか? – アルフレッド・アドラー100の言葉"

プライベートバンクの厳密な定義と 歴史的な成り立ち – プライベートバンクは、富裕層に何を教えているのか?

元プライベートバンカーで、現在はフィンテック企業の経営者として金融情報に精通する著者が、その知識と経験を初めて公開する『プライベートバンクは、富裕層に何を教えているのか?』がついに発売!この連載では、同書の一部を改変して紹介していきます。
今回より、テーマは富裕層からプライベートバンクに移ります。その名前だけは知られるようになってきたプライベートバンクとは、どのような存在なのでしょうか?

Continue reading "プライベートバンクの厳密な定義と 歴史的な成り立ち – プライベートバンクは、富裕層に何を教えているのか?"

部下のモチベーションは、 アメとムチでは上がらない – DHBR

部下のモチベーションをどうやって上げるのか。すべての上司にとって、これは永遠の課題とすら言えるだろう。服従に対して「アメ」という報酬を与えると同時に、自分に従わない人間に「ムチ」を与えるやり方は、短期的な成果を上げるには効果的かもしれないが、それは持続可能な方法ではない。部下が仕事に前向きに取り組めて、仕事の成果を上げられるように、上司は何をすべきか。本記事では、そのために有効な4つの「対話」が示される。

Continue reading "部下のモチベーションは、 アメとムチでは上がらない – DHBR"