今年も安倍政権がますます「リベラル化」していく理由 [橘玲の日々刻々] – 橘玲の日々刻々

「女性が活躍する社会」や「一億総活躍」を掲げる安倍政権は「リベラル」だとこれまで何度か指摘しましたが、いまや首相自らが「私がやっていることは、かなりリベラルなんだよ。国際標準でいえば」と周囲に解説しているそうです(朝日新聞2017年12月26日朝刊)。しかしこれは、驚くようなことでありません。安倍政権がリベラル化する理由は、次の2つで説明できます。

【NISA口座】みんなが買っている人気の銘柄は? 2018年1/15~1/19までにSBI証券で買われた 国内株式買付金額ランキングを大公開! – NISAで人気の株・投資信託ランキング

【NISA口座】2018年1/15~1/19までにSBI証券で買付された銘柄は?NISA口座を開設後、次に考えるべきことが「どのような銘柄、金融商品(投資信託など)を買ったらよいのか」ということ。各ネット証券では、個人投資家がNISA口座でどのような銘柄や投資信託を買っているかをランキングで発表している。ここではSBI証券が発表している株式と投資信託の買付金額と保有残高のランキングをご紹介しよう!(毎週更新) 

「NOと言える物流事業者になるべき」国交省・重田物流審議官が会見 – from.カーゴニュース

国土交通省の重田雅史物流審議官は昨年12月27日に会見し、「この1年で荷主産業界の物流に対する理解が大きく進み、危機意識を共有するようになってきた。運賃値上げについても、とりあえず『話は聞こう』というムードになっている」と述べた。

逆張りのラストワンマイル戦略「送料実質値下げ」の成果は? – from.カーゴニュース

宅配各社が運賃値上げを発表した2017年。「送料実質値下げ」という逆張りの戦略で注目を集めたのが、有機野菜や無添加食材の宅配事業を展開するらでぃっしゅぼーや(本社・東京都新宿区)だ。消費者の間にも宅配料金値上げへの理解が広がる今、なぜ敢えて送料を引き下げる選択に至ったのか、その決断は吉と出たのか凶と出たのか――国枝俊成社長に、同社が進めるラストワンマイル戦略の裏側を聞いた。

今週から米国連邦政府機関が「一部閉鎖」されるが、 米国経済への影響は軽微! 絶好調の米国株式市場で 始まった第4四半期決算発表シーズンの行方は? – 世界投資へのパスポート

先週金曜日、連邦政府機関を暫定的に開けておく「つなぎ法案」が上院で審議されましたが、法案通過に必要な60%の得票確保の見通しが立たず、連邦政府機関の一部が今週から閉鎖されることが確実となりました。これは2013年以来、四年ぶりの閉鎖です。ただ、政府機関の一部閉鎖と言っても、今週からお役所が全部休業になるわけではありません。その関係で、今回のシャットダウンが米国経済に与える影響は軽微だと思われます。マーケットとの絡みでは、経済統計の発表日がズレるなどの不都合が過去にはありました。しかし、これも殆ど心配する必要は無いでしょう。

@Akasetakao

今の時代ネットの使い方で個人でも大小の規模の差はあれメディアを持つことが可能です。ですから自分の売り込みはSNSなんかの活用で可能なんですね。つまりその手の仲介業は要らなくなるわけです。あと数年かな?
カテゴリー:未分類

「少額で買える」株主優待銘柄ベスト5を大公開! 1位の「ストリーム」は1万円台で投資できるうえに 株主優待+配当利回りも約9%で株初心者におすすめ – 最新記事

少額で投資できる株主優待株、上位5銘柄を紹介!発売中のダイヤモンド・ザイ3月号の別冊付録は「株主優待株&高配当株 2018年カレンダー」! 1~12月の各月に権利確定する株主優待株&高配当株を、281銘柄も掲載している。今回はその中から、最低購入額の安い株主優待株ベスト5をピックアップ!

クルマはこれからもスポーツであり続けられるか?

マツダは何のために毎年雪上試乗会を行うのか? それは躍度についての理解を深めるためだと筆者は思う。では、マツダの志す「意のままの走り」とは一体何だろうか?
カテゴリー:未分類