ウエアラブルが浸透するとブラウザの使命は終わりますね SNSをTwitterやFacebookをやってればいいんだと勘違いしている企業がほとんどです。本来SNSを使ったコミュニティを生かすと…

 
 

ウエアラブルが浸透するとブラウザの使命は終わりますね

 
 
 
 
SNSをTwitterやFacebookをやってればいいんだと勘違いしている企業がほとんどです。本来SNSを使ったコミュニティを生かすという事は、企業が垂れ流す情報以外に顧客側の意見やつぶやきや感じた事を他の顧客が主体になって他の方々に影響を及ばしてもらう事で、ファンを形成するというビジネスモデルです。しかも主役は、企業側ではなくて顧客側という事がいままでのいろんな企業活動と主体が全く違うという大きな変化を受け入れるというビジネスモデルになります。 
 
しかし、これをほとんど理解していない企業が多いものです。 
 
当社は、この顧客が主体を持つというコミュニティを仕組み的に活性化し、企業と顧客とのリレーションシップを活発にするための実践的な手法を提供する仕組みを持っています。SNSコミュニティを戦略的に使うビジネスモデルが、これからの企業の戦略の中で相当大きな地位を占めると思います。ぜひ当社にご相談ください。 
 
コミュニティがなかってどうして売れるのか? 
従来の販売方法は、いい物を作ったら売れるのではという事でした。さらに、いい所で販売すれば、いい販売員がいれば売れるのだという事もありました。しかしこの時代気軽にネットで最低価格とか検索できる時代に通用するのでしょうか? 誰がどう考えても無理がある話ですね。 
ほとんどの会社は、プロダクトアウト型に近い考え方です。自社はSPAだから違うという所もあるでしょうが、中身はほとんどマーケティングもしないで短期間で売れそうに感じる物をどんどん仕入れては店舗に流すというというようなケースも多発しています。こういうのはSPAもどきというのですが。。。。 
まだ、マーケティングと称して顧客のデータを分析している所はいい方です。とはいってもほとんど自社の都合のいいように使っているケースも多いですが。 
一方顧客の方は、今まで限られた情報でよく行く地区で買い物をするという制約はほとんどなくなりました。よくネットで検索して、商品の善し悪しを知り、比較も自由にして、価格も納得できる所で24時間買えるという環境が出来上がっているからです。 
なのに、販売側は何年前から続いている手法を続けているのでしょうか。ほとんど進化していないですね? 
ここで今必須になるつつある条件があります。それはあなたの会社の商品にコミュニティがついてますかという事です。既にいろいろ意見を言ってくれる層がいなければ物がすんなり売れていく事はありません。新規に消費者を捜す? これも今までの古い手法を使ってですか? お金をかけてマス販促をするとか。。。。。ほとんど効果ないですよね。 
そうです、少なくてもコミュニティがいるのです。これが理解できないようではこれからのリアルとネットが共存し合うマーケットでの販売は難しいと思います。
カテゴリー:未分類