月別アーカイブ: 11月 2016

欧州に向けた初の統一キャンペーンが始動


2016年11月、JNTOは訪日旅行促進(ビジット・ジャパン)事業の一環として、欧州における訪日旅行の需要喚起プロモーション「JAPAN―Where tradition meets the future」を開始しました。動画などにより訪日旅行を促進するもので、欧州の15もの国で統一キャンペーンを展開するのは、2003年の事業開始以来初めて。

@Akasetakao

自分で情報発信はマスメディアに勝つぐらいできる。

カテゴリー:未分類

ヨシムラ・フードHD(2884)、株主優待を拡充! 従来は500株(5単元)以上の保有が条件だったが 今後は100株以上の保有で株主優待がもらえることに – 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース

ヨシムラ・フード・ホールディングス(2884)が株主優待の内容を変更(拡充)すると発表した。株主優待の変更は2017年2月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。ヨシムラ・フード・ホールディングスの株主優待は、従来「500株(5単元)以上保有する株主に、年2回、同社グループ製品3000円相当を贈呈」というものだった。今後もそれに変わりはないが、新たに「100株以上500株未満保有する株主に、年1回、同社グループ製品1200円相当を贈呈」という内容が追加される。(ヨシムラ・フード・ホールディングス、コード:2884、市場:東証マザーズ)

太陽化学(2902)、30年続いた株主優待を廃止!  毎年3月末時点の株主にグループ会社の商品が 贈呈されていたが、2017年3月末をもって廃止に – 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース

太陽化学(2902)が株主優待を廃止すると2016年11月28日に発表。太陽化学の株主優待は、毎年3月末時点の株主優待名簿に記載された、100株(1単元)以上を保有している株主が対象とされていた。廃止される太陽化学の株主優待の内容は、「100株以上保有する株主に、保有株数に応じて自社グループ会社のヘルスケア商品を贈呈」というもの。(太陽化学、コード:2902、市場:名証2部)

@Akasetakao

自分でメディアになろう。

カテゴリー:未分類

【動画】株主優待の魅力を桐谷さんが動画で解説! 配当4%より、配当1%+優待1%のほうが人気? カゴメが20年間で株主数を30倍に増やした秘密とは? – 桐谷さんの株主優待銘柄

株主優待の世界では最も有名な桐谷広人さんが、動画で登場。株主優待投資のすべてを、初心者にもわかりやすいよう徹底的に語っちゃいます。第7回は、現在、多くの企業が競うように株主優待を充実させていますが、昔は株主優待を重視する企業はほとんどありませんでした。そんな中、株主優待に力を入れた先駆者的な企業は、カゴメだと桐谷さんは言います。なぜ、今、こんなにも株主優待を出す企業が増えたのか、その背景を桐谷さんがずばり解説します。

ACCESS、ボタンで通信する車載器開発

ACCESSはセゾン自動車火災保険の新サービス向け車載器「つながるボタン」を同社と共同開発したと発表。IoTを活用し、運転診断や事故対応などのサービス強化につなげる。

カテゴリー:未分類

ヒラリー・クリントン落選の原因は、 「トランプ氏の隣でアイスを売らなかった」から [橘玲の日々刻々] – 橘玲の日々刻々

たんなるテレビ芸人と思われていたドナルド・トランプがアメリカ大統領になり、世界じゅうが呆然となりました。この事態をメディアも専門家も(そして私も)まったく予想できず、後づけで知ったかぶりの理屈をこねても信用されないでしょうが、ポイントは「中位投票者定理」にあります。

マイノリティに不人気のトランプ氏、米国の分断深めるか – ロイター発 World&Business

米大統領選に勝利したドナルド・トランプ氏に対する黒人やヒスパニック層の支持は、少なくとも過去40年間の大統領のなかで最も低くなっており、すでに人種や政治対立による事件の増加を引き起こしている米国での深刻な分断を露呈している。

【NISA口座】みんなが買っている人気の銘柄は? 2016年11/21~11/25までにSBI証券で買われた 国内株式買付金額ランキングを大公開! – NISAで人気の株・投資信託ランキング

【NISA口座】2016年11/21~11/25までにSBI証券で買付された銘柄は?NISA口座を開設後、次に考えるべきことが「どのような銘柄、金融商品(投資信託など)を買ったらよいのか」ということ。各ネット証券では、個人投資家がNISA口座でどのような銘柄や投資信託を買っているかをランキングで発表している。ここではSBI証券が発表している株式と投資信託の買付金額と保有残高のランキングをご紹介しよう!(毎週更新) 

トランプが公約に掲げる「巨額インフレ投資計画」で 値上がり期待の米国株3銘柄はこれだ! さらに、公約の背景に潜むトランプの狙いとは? – 世界投資へのパスポート

ドナルド・トランプは選挙戦を通じ「私が大統領になったら、1兆ドルのインフラストラクチャ投資を行い、雇用を創出する」と約束してきました。トランプは、ドワイト・アイゼンハワー大統領を尊敬しています。戦後、大統領になったアイゼンハワーは、アウトバーンに負けない素晴らしい高速道路をアメリカにも建設することを提唱。インターステート・ハイウェーは、米国の生産性を高め、国民生活を豊かにしたインフラストラクチャ投資の成功例として、今日でも称賛されています。

@Akasetakao

今までのメディアからの情報をとるのをやめよう。

カテゴリー:未分類

【導入事例】東京海上日動 即時性が必要なコミュニケーションに 「Works Mobile」を活用して生産性を向上 – IT&Business

商品とビジネスプロセス、IT環境を三位一体で変革する「抜本改革」を行ない、大きな成果を上げている損保最大手、東京海上日動火災保険。業務量を約30%削減したことで、事務を担っていた女性社員が営業担当として活躍の場を広げ、お客様や保険代理店と向き合う時間を大幅に増やした。今後はこれまで電話やメールで時間がかかっていた、即時性が必要なコミュニケーションに「Works Mobile」を活用し、生産性のさらなる向上を目指す考えだ。

コミュニケーション・ツールの活用は 働き方改革とセットで考えるべき – 「働き方」という経営問題 ―The Future of Work―

生産性向上やワークライフバランスへの対応を推進する「働き方改革」に、業務の効率化やワークスタイルの多様化に役立つコミュニケーション・ツールは欠かせない。その役割は、働き方改革の課題や解決策などによって変わってくるはずだ。そこで、なぜ今働き方改革が必要なのか、また、企業への浸透度、改革への課題・解決策などを整理したうえで、改めてコミュニケーション・ツールの役割、活用法を考えてみたい。

@Akasetakao

思い切ってアナログをすべてやめる。

カテゴリー:未分類