月別アーカイブ: 1月 2017

@Akasetakao

分析は蓄積したベンチマークなどの資料から発展系や紐つけで出るほど簡単なことはありません。他社事例や他業界事例や縦横を変えたり様々です。

カテゴリー:未分類

新日鉄住金SOL、QUOカードの株主優待を新設! 100株以上の株主を対象に、保有株数と保有年数に 応じて1000~3000円分のQUOカードを贈呈! – 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース

新日鉄住金ソリューションズが「QUOカード」を贈呈する株主優待を新設すると2017年1月31日に発表。新日鉄住金ソリューションズの株主優待は、毎年3月末時点の株主優待名簿に記載または記録された株主が対象となる。新設される新日鉄住金ソリューションズの株主優待の内容は、「100株以上保有する株主を対象に、保有株数と保有年数に応じて『QUOカード』1000円~3000円分を贈呈」となっている。(新日鉄住金ソリューションズ、コード:2327、市場:東証1部)

東海エレクトロニクス(8071)、株主優待を変更! 株式併合と単元株数の変更に伴う変更で、 100株以上保有する株主から優待の対象になる – 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース

東海エレクトロニクスが株主優待の内容を変更すると発表した。株主優待の変更は2017年3月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。東海エレクトロニクスの株主優待は、従来「1000株以上保有する全株主に、保有数に応じて『QUOカード』を贈呈」というものだった。2016年10月1日に単元株数を1000株から100株に変更し、併せて5株につき1株の割合で株式併合を実施したことを受け、今後は「100株(1単元)以上保有する全株主に、保有数に応じて『QUOカード』を贈呈」に変更される。(東海エレクトロニクス、コード:8071、市場:名証2部)

@Akasetakao

最近は電車内でのネット環境が良くなったので普通に仕事をしていることが増えましたね。この手のコンテンツも基本車内制作が増えました。

カテゴリー:未分類

自動車標的のトランプ戦術、日本の生産・輸出に打撃リスク – ロイター発 World&Business

トランプ米大統領が自動車分野における日米貿易収支の不均衡を非難し、日本の自動車メーカーに圧力をかけ始めていることで、貿易・生産面で自動車産業への依存度が大きい日本経済にとって打撃になりかねないとの懸念が専門家の間で広がり出した。

副業収入!確定申告で税金還付も

原稿執筆料やホームページ作成料、ネットオークションなど、副業で報酬を受け取った場合。その方の副業総所得が20万円を超えると雑所得として確定申告しなければなりません。税金が還付される場合もあります。

トランプ政策への警戒感から、日本の大型株が下落! ボックス相場に入った日経平均は「逆張り」で狙い、 上昇トレンド発生中の中小型株は「順張り」で勝負! – 成り上がり投資術

週明け1月30日の東京株式市場は、「弱い大型株・強い中小型株」という構図でした。1月30日の日経平均株価は、4日ぶりに反落。一方、日経ジャスダック平均は反発、約11年ぶりの高値に。大型株が弱かった主因は、1月27日にトランプ米大統領が、米国への入国審査を厳格化するまでシリア難民の受け入れを停止するほか、イランなど7カ国の市民も90日間入国させない、といった内容の大統領令に署名したことです。

副業収入!確定申告で税金還付も


原稿執筆料やホームページ作成料、ネットオークションなど、副業で報酬を受け取った場合。その方の副業総所得が20万円を超えると雑所得として確定申告しなければなりません。ただし還付の場合も。

@Akasetakao

ミーティングの図式化のベースはフリーチャートに紐付け式ですね。

カテゴリー:未分類

長期的・戦略的な視点で経営を支える「ファシリティマネジメント」の重要性 – 経営総務研究所

ファシリティマネジメント(FM)は、1970年代にアメリカで生まれた経営手法である。日本には1980年代の半ばに紹介され、すでに30年が経つ。欧米企業には欠かせないFMだが、なぜか日本企業にはなかなか根付きにくい。それに近い仕事を総務が担っているためともいわれる。しかし、総務とFMの大きな相違点は、経営戦略的・長期的な観点での取り組みの有無、PDCAを回しているかどうかである。あらためてFMとは何か。

ハウステンボス、ロボットで目指す「数兆円規模」

ハウステンボスはロボット関連会社「hapi-robo st」(ハピロボ)の事業を今年から本格的に展開する。「最終的には数兆円規模のビジネスに育てる」(ハピロボ・澤田秀雄会長)という。

カテゴリー:未分類