アコーディオン:すべてを開く アコーディオン形式のブロック。全てのコンテンツが表示されます。 ミドルデータ解析・ビッグデータ解析はどのような業態でも規模でも今や普通のこととなりつつあります。 どの…

 
 

アコーディオン:すべてを開く 
アコーディオン形式のブロック。全てのコンテンツが表示されます。

 

ミドルデータ解析・ビッグデータ解析はどのような業態でも規模でも今や普通のこととなりつつあります。

 

どの企業にもデータはあります。そのデータにさらに説明要因を加えればそれは結構な量のデータになります。それを分析し、仮説を出し、行動し、さらに再分析をすることでミドルデータ・ビッグデータを活用していることになります。特に中小の場合などはほとんどのところがトップダウンだったり、そのトップダウンの判断のベースが感覚だったりします。それが正しいこともあるでしょうが、正しかろうが正しくなかろうが、その根拠があって、どう判断したからこうなったというのがいいことに変わりはないでしょう。最近はどの分野でも変化のスピードは速く、その進むべき方向性は多数あります。そういった中でトップの決断では追い付かないことも多々あるのが現実なのです。ですからデータの解析が必要なのです。ただ大きな問題は、そのデータを解析できる人材は非常に少ないことなのです。最近は、データサイエンティストなどという職種?が出てきていますが、単に解析をするだけでなく、それを相手がわかるように説明するには、相手の業界のことがわかってないとだめなのですが、このレベルまでできるデータサイエンティストは皆無に近いのではないでしょうか。 
 
我々にはそれができる人材がいるのです。 

カテゴリー:未分類