月別アーカイブ: 10月 2017

社会保険に加入義務がある従業員の範囲は?条件とは?

企業が適用を受ける健康保険をはじめとした社会保険(社保)はそれぞれ加入要件が異なり、加入義務のある従業員の範囲も異なります。特に非正規型従業員の加入は誤解が多いようです。平成28年10月、平成29年1月、平成29年4月の改正により、社会保険の加入対象が大きく広がりました。本記事で加入の条件・要件を整理しましょう。

社会保険に加入義務がある従業員の範囲は?条件とは?

企業が適用を受けている各種社会保険(社保)はそれぞれ加入要件が異なっているため、加入義務のある従業員の範囲も異なります。特に、非正規型従業員の加入については誤解が多いようです。平成28年10月、平成29年1月、平成29年4月の改正により、社会保険の加入対象が大きく広がっています。本記事で、加入者・非加入者の整理をしておきまし…

金価格の2017年末~2018年の動向をプロが予測! 今や「有事の金売り」が新常識になっている金相場を 取り巻く状況と、今後の金への投資判断の目安とは? – 最新記事

2017年に入ってから、上昇している金価格。今後の展開をプロが予測する!発売中のダイヤモンド・ザイ12月号では、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを2本紹介している。今回はそのうちの一つ「金価格の動向」を抜粋。通常、相反する動きをすることが多い株価と金価格だが、ここ最近は株と同時に金も買われるという珍しい状況になっている。この先、金価格はどこまで上がっていくのか、プロの分析を紹介!

金価格の2017年末~2018年の動向をプロが予測! 今や「有事の金売り」が新常識になっている金相場を 取り巻く状況と、今後の金への投資判断の目安とは? – 最新記事

2017年に入ってから、上昇している金価格。今後の展開をプロが予測する!発売中のダイヤモンド・ザイ12月号では、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを2本紹介している。今回はそのうちの一つ「金価格の動向」を抜粋。通常、相反する動きをすることが多い株価と金価格だが、ここ最近は株と同時に金も買われるという珍しい状況になっている。この先、金価格はどこまで上がっていくのか、プロの分析を紹介!

なぜ「トクホ」はシニアよりも若者に人気なのか

働く人たちの間で「朝トクホ」なるものが定着してきている。体脂肪に頭を悩ますおじさん世代がこぞって買い求めているイメージを抱くかもしれないが、意外にもこの動きを後押しして…

カテゴリー:未分類

なぜ「トクホ」はシニアよりも若者に人気なのか

働く人たちの間で「朝トクホ」なるものが定着してきている。体脂肪に頭を悩ますおじさん世代がこぞって買い求めているイメージを抱くかもしれないが、意外にもこの動きを後押しして…

カテゴリー:未分類

ポッカ創業の哲学「まことに便利」が今も消費者に刺さり続ける理由 – 企業の遺伝子

ポッカの大ヒット商品「ポッカレモン」「ポッカコーヒー」は創業者のアイデアから生まれた。「まことに便利」の創業哲学は、今も世代を超えて消費者に訴求している。ポッカサッポロフード&ビバレッジ執行役員に「企業の遺伝子」を聞いた。

「外見を磨くとモテる」理由は見た目だけにとどまる話ではない – ビジネスを変える着こなし・装いの極意

「人間は外見が重要ではない」と主張する方は少なくありません。確かに内面の充実が一番重要でしょう。しかし、ファッションで外見を磨くことは、単に第一印象を良くするだけでなく、あなたの内面を磨く効果も期待できるのです。

ヤフーの人材育成「1on1」のせいで社員が辞めてしまう? – ヤフーの人材育成「1on1」の舞台裏

ヤフーの人材育成手法「1on1」は、社員の『才能と序熱を解き放つ』のが目的の一つ。しかし、対話を通して、「自分が本当にやりたいこと」に気づいてしまった社員は、それが実現できる場所を求めて会社を辞めることにはならないか。「寝た子を起こす」リスクと、その回避策・解消策について説明する。

戦後最長の連騰記録、日経平均は2万5000円を目指せるか – inside

衆議院議員総選挙から一夜明けた23日。10月に入って負けなしの日経平均株価は、与党大勝で“市場友好的”なアベノミクスが継続するとの見方から堅調な値動きとなり、戦後最長の「15連騰」を達成。さらに、24日は前日比108円52銭高の2万1805円17銭で取引を終え、連騰記録を16にまで伸ばした。

ドラフト指名選手を近年多数出した学校・社会人チームはどこか – SPORTS セカンド・オピニオン

今年のドラフト会議は、1位指名で複数球団が競合する選手が3人出た。ドラフト指名選手を輩出することは、その選手が所属する学校や会社にとっても誇らしいことだ。それは良い指導者がいて良い環境で選手の才能を伸ばし、大会でも好結果を出している証しになるからだ。

神戸製鋼、底なしのデータ改ざん 過去の教訓生かさず – ロイター発 World&Business

「モノづくり日本」の失墜につながるのか──。神戸製鋼所の製品データ改ざん問題が、底なし沼の様相を呈している。当初、アルミ・銅など一部門に限定されていたデータ改ざんは、機械事業部門や子会社などでも行われていたことが発覚し、グループ全体にまん延している実態が浮かび上がった。