カテゴリーアーカイブ: 「奨学金」を借りる前にゼッタイ読んでおくこと

奨学金返済は月○万円を超えるとキツい!無理なく返せる金額とは – 「奨学金」を借りる前にゼッタイ読んでおくこと

奨学金を借りるとなった時、「いくら借りるか」を決めるのはなかなか難しい。そこで、借りる金額を考えるときには、まず将来にわたって「毎月いくらずつ返していくことになるのか」を考えるとわかりやすい。

奨学金では賄えない・間に合わない「進学までの資金200万円超」 – 「奨学金」を借りる前にゼッタイ読んでおくこと

もし奨学金を借りると決めたなら、早めに動いた方が「借り方の選択肢」が増えることは、前回述べたとおりだ。そのためには、まず奨学金を借りるまでのスケジュールを確認しておく必要がある。一般的な借り方としては、「高校を通じて申し込む」やり方である。まず4~5月にお子さんが通っている高校で行われる奨学金の説明会に参加し、その後に予約採用の申し込み締め切りが2回あるのだが、意外に時間がない。

奨学金の賢い借り方、知らなきゃ最終返済額で100万円以上の差 – 「奨学金」を借りる前にゼッタイ読んでおくこと

いまや大学進学者の2人に1人が借りているといわれている奨学金。大学生の生活を助けるはずの奨学金だが、近年「返還に苦しむ若者」や「保証人となった親の老後破産」などマイナス面も浮き彫りになってきている。どうしたら返還に困らずにうまく借りることができるのか?『「奨学金」を借りる前にゼッタイ読んでおく本』の著者・竹下さくら氏が、これから奨学金を考えている人に向けて、賢い借り方・返し方をアドバイスする。