カテゴリーアーカイブ: キャリア・スキル

なぜ、お金持ちは「行動した時点で60%成功」と考えるのか? – 大富豪からの手紙

100万部を突破した<『ユダヤ人大富豪の教え』の著者、本田健さんと、アメリカで「イチローの次に有名な日本人」とも呼ばれた吉田潤喜さん(ヨシダソース創業者/ヨシダグループ会長兼CEO)の対談が実現。
 本田健さんの最新刊『大富豪からの手紙』の中で書かれている「人生で大切な9つのテーマ」((1)偶然、(2)決断、(3)直感、(4)行動、(5)お金、(6)仕事、(7)失敗、(8)人間関係、(9)運命)について、お二人に語り合っていただきました。対談の模様を3回に渡ってお届けします。
対談の2回目は、…

なぜ、お金持ちは「偶然と直感」を大切にするのか? – 大富豪からの手紙

100万部を突破した『ユダヤ人大富豪の教え』の著者、本田健さんと、アメリカで「イチローの次に有名な日本人」として知られる吉田潤喜さん(ヨシダソース創業者/ヨシダグループ会長兼CEO)の対談が実現。
本田健さんの最新刊『大富豪からの手紙』の中で書かれている「人生で大切な9つのテーマ」((1)偶然、(2)決断、(3)直感、(4)行動、(5)お金、(6)仕事、(7)失敗、(8)人間関係、(9)運命)について、お二人に語り合っていただきました。対談の模様を3回に渡ってお届けします。

なぜ、お金持ちは「偶然と直感」を大切にするのか? – 大富豪からの手紙

100万部を突破した『ユダヤ人大富豪の教え』の著者、本田健さんと、アメリカで「イチローの次に有名な日本人」として知られる吉田潤喜さん(ヨシダソース創業者/ヨシダグループ会長兼CEO)の対談が実現。
本田健さんの最新刊『大富豪からの手紙』の中で書かれている「人生で大切な9つのテーマ」((1)偶然、(2)決断、(3)直感、(4)行動、(5)お金、(6)仕事、(7)失敗、(8)人間関係、(9)運命)について、お二人に語り合っていただきました。対談の模様を3回に渡ってお届けします。

面談は「会議室」でしてはならない – 日本人の知らない会議の鉄則

「結論の先延ばし」「毎回の延長」「ズレる論点」「本音不在の議論」……どうして、日本の会議は変わらないのか? モルガン・スタンレー、グーグルなどに勤め、現在は独立し日本で二社を経営するピョートル・フェリクス・グジバチ氏は、その答えを新刊『グーグル、モルガン・スタンレーで学んだ 日本人の知らない会議の鉄則​』にまとめました。本連載にて抜粋してお届けします。

面談は「会議室」でしてはならない – 日本人の知らない会議の鉄則

「結論の先延ばし」「毎回の延長」「ズレる論点」「本音不在の議論」……どうして、日本の会議は変わらないのか? モルガン・スタンレー、グーグルなどに勤め、現在は独立し日本で二社を経営するピョートル・フェリクス・グジバチ氏は、その答えを新刊『グーグル、モルガン・スタンレーで学んだ 日本人の知らない会議の鉄則​』にまとめました。本連載にて抜粋してお届けします。

キツキツの予算と制約が 創造性を刺激する – 最高のイノベーション

シリコンバレーに拠点を置くアップル、グーグル、フェイスブック、エアビーアンドビー、ウーバー……といった企業は、どうやって次々と大きなイノベーションを起こしているのか? 22ヵ国でスタートアップを支援するインキュベーター&アクセラレーター会社のCEOが、シリコンバレーで起きているイノベーション成功の秘密を初公開!

キツキツの予算と制約が 創造性を刺激する – 最高のイノベーション

シリコンバレーに拠点を置くアップル、グーグル、フェイスブック、エアビーアンドビー、ウーバー……といった企業は、どうやって次々と大きなイノベーションを起こしているのか? 22ヵ国でスタートアップを支援するインキュベーター&アクセラレーター会社のCEOが、シリコンバレーで起きているイノベーション成功の秘密を初公開!

一流の会議は「感情」にまで気を配る – 日本人の知らない会議の鉄則

「結論の先延ばし」「毎回の延長」「ズレる論点」「本音不在の議論」……どうして、日本の会議は変わらないのか? モルガン・スタンレー、グーグルなどに勤め、現在は独立し日本で二社を経営するピョートル・フェリクス・グジバチ氏は、その答えを新刊『グーグル、モルガン・スタンレーで学んだ 日本人の知らない会議の鉄則​』にまとめました。本連載にて抜粋してお届けします。

一流の会議は「感情」にまで気を配る – 日本人の知らない会議の鉄則

「結論の先延ばし」「毎回の延長」「ズレる論点」「本音不在の議論」……どうして、日本の会議は変わらないのか? モルガン・スタンレー、グーグルなどに勤め、現在は独立し日本で二社を経営するピョートル・フェリクス・グジバチ氏は、その答えを新刊『グーグル、モルガン・スタンレーで学んだ 日本人の知らない会議の鉄則​』にまとめました。本連載にて抜粋してお届けします。

会議を上手に仕切るマネジャーは、「このマトリクス」で段取りを考える – 最高品質の会議術

課長クラス以上のマネジャーにとって「会議術」は、チームの生産性を上げるために必須のスキルです。ところが、私たちには「会議術」を体系的に学ぶ機会がほとんどありませんから、悩んでいるマネジャーも多いのではないでしょうか? そこで、ソフトバンク在籍時に「会議術」を磨き上げ、マネジャーとして大きな実績を残した前田鎌利さんに『最高品質の会議術』(ダイヤモンド社)をまとめていただきました。

一流リーダーは「カッコいい理念」ではなく、平凡でも「○○の言葉」で理念を語る。 – 優れたリーダーはみな小心者である。

「優れたリーダーはみな小心者である」。この言葉を目にして、「そんなわけがないだろう」と思う人も多いだろう。しかし、この言葉を、世界No.1シェアを誇る、日本を代表するグローバル企業である(株)ブリヂストンのCEOとして、14万人を率いた人物が口にしたとすればどうだろう?ブリヂストン元CEOとして大きな実績を残した荒川詔四氏が執筆した『優れたリーダーはみな小心者である。』(ダイヤモンド社)が好評だ。本記事は、書籍に収まりきらなかった内容を新たに書き起こしていただいたもの。機能する「企業理念」の必須条件…

ファシリテーションスキルはどこでも鍛えられる – ファシリテーター入門

日本GE役員などを歴任して新刊『ストーリーでわかるファシリテーター入門』を上梓した森時彦氏と、日本で初めてファシリテーションを学べる実践的な企業研修プログラムを開発し展開したピープルフォーカス・コンサルティング創業者の黒田由貴子氏。ファシリテーションの普及に長年努めてきたお二人に、個人や組織がファシリテーター型リーダーシップを備えるための要点を3回にわたって語り合っていただいた。

誰も指摘しないブレストの「根本的欠陥」 – 日本人の知らない会議の鉄則

「結論の先延ばし」「毎回の延長」「ズレる論点」「本音不在の議論」……どうして、日本の会議は変わらないのか? モルガン・スタンレー、グーグルなどに勤め、現在は独立し日本で二社を経営するピョートル・フェリクス・グジバチ氏は、その答えを新刊『グーグル、モルガン・スタンレーで学んだ 日本人の知らない会議の鉄則​』にまとめました。本連載にて抜粋してお届けします。

デキる人は会議の「最中」に電話する – 日本人の知らない会議の鉄則

「結論の先延ばし」「毎回の延長」「ズレる論点」「本音不在の議論」……どうして、日本の会議は変わらないのか? モルガン・スタンレー、グーグルなどに勤め、現在は独立し日本で二社を経営するピョートル・フェリクス・グジバチ氏は、その答えを新刊『グーグル、モルガン・スタンレーで学んだ 日本人の知らない会議の鉄則​』にまとめました。本連載にて抜粋してお届けします。

「フリーランス」とは自分で選択する生き方のこと――杉森昌武の場合。【後編】 – フリーランス、40歳の壁

「仕事相手が全員年下」「自己模倣のマンネリ地獄」「フリーの結婚&子育て問題」……Twitterで話題を呼んだ<フリーランス、40歳の壁>。本物しか生き残れない「40歳の壁」とは何か、竹熊健太郎がその正体に迫る。田中圭一、都築響一、FROGMAN他、壁を乗り越えたフリーの話からその乗り越え方を探ります。一生フリーを続けるためのサバイバル術、そのエッセンスを紹介していきます。

日本の会議には「葛藤のマネジメント」が足りない – 日本人の知らない会議の鉄則

「結論の先延ばし」「毎回の延長」「ズレる論点」「本音不在の議論」……どうして、日本の会議は変わらないのか? モルガン・スタンレー、グーグルなどに勤め、現在は独立し日本で二社を経営するピョートル・フェリクス・グジバチ氏は、その答えを新刊『グーグル、モルガン・スタンレーで学んだ日本人の知らない会議の鉄則​』にまとめました。本連載にて抜粋してお届けします。

学生時代に月数百万円を稼いだ、「狂騒の80年代」――杉森昌武の場合。【前編】 – フリーランス、40歳の壁

「仕事相手が全員年下」「自己模倣のマンネリ地獄」「フリーの結婚&子育て問題」……Twitterで話題を呼んだ<フリーランス、40歳の壁>。本物しか生き残れない「40歳の壁」とは何か、竹熊健太郎がその正体に迫る。田中圭一、都築響一、FROGMAN他、壁を乗り越えたフリーの話からその乗り越え方を探ります。一生フリーを続けるためのサバイバル術、そのエッセンスを紹介していきます。

定年後再雇用の実情、給与激減・人間関係微妙でも残るべきか – 定年前5年の過ごし方~第二の人生で後悔しないために 野田稔

5年前に継続雇用制度の対象者を限定できる仕組みを廃止する制度改正が行われ、「65歳までの継続雇用制度の導入」に加え、「定年制の廃止」「65歳までの定年の引き上げ」のいずれかの措置を実施する企業は増加傾向にあります。しかし、定年が65歳になったり70歳まで働けるといっても、定年後再雇用は本当に魅力的なのでしょうか。

定年後再雇用の実情、給与激減・人間関係微妙でも残るべきか – 定年前5年の過ごし方~第二の人生で後悔しないために 野田稔

5年前に継続雇用制度の対象者を限定できる仕組みを廃止する制度改正が行われ、「65歳までの継続雇用制度の導入」に加え、「定年制の廃止」「65歳までの定年の引き上げ」のいずれかの措置を実施する企業は増加傾向にあります。しかし、定年が65歳になったり70歳まで働けるといっても、定年後再雇用は本当に魅力的なのでしょうか。

大金を調達したばかりに 大コケしたスタートアップ – 最高のイノベーション

シリコンバレーに拠点を置くアップル、グーグル、フェイスブック、エアビーアンドビー、ウーバー……といった企業は、どうやって次々と大きなイノベーションを起こしているのか? 22ヵ国でスタートアップを支援するインキュベーター&アクセラレーター会社のCEOが、シリコンバレーで起きているイノベーション成功の秘密を初公開!

ファシリテーションの導入を阻む「組織の壁」とは? – ファシリテーター入門

日本GE役員などを歴任して新刊『ストーリーでわかるファシリテーター入門』を上梓した森時彦氏と、日本で初めてファシリテーションを学べる実践的な企業研修プログラムを開発し展開したピープルフォーカス・コンサルティング創業者の黒田由貴子氏。ファシリテーションの普及に長年努めてきたお二人に、個人や組織がファシリテーター型リーダーシップを備えるための要点を3回にわたって語り合っていただいた。

一生フリーで生きていくために、自分でメディアを作った――都築響一の場合。【後編】 – フリーランス、40歳の壁

「仕事相手が全員年下」「自己模倣のマンネリ地獄」「フリーの結婚&子育て問題」……Twitterで話題を呼んだ<フリーランス、40歳の壁>。本物しか生き残れない「40歳の壁」とは何か、竹熊健太郎がその正体に迫る。田中圭一、都築響一、FROGMAN他、壁を乗り越えたフリーの話からその乗り越え方を探ります。一生フリーを続けるためのサバイバル術、そのエッセンスを紹介していきます。

「会議は1時間」という常識が生産性を下げる。会議は「15分×2=30分」が原則である。 – 最高品質の会議術

課長クラス以上のマネジャーにとって「会議術」は、チームの生産性を上げるために必須のスキルです。ところが、私たちには「会議術」を体系的に学ぶ機会がほとんどありませんから、悩んでいるマネジャーも多いのではないでしょうか? そこで、ソフトバンク在籍時に「会議術」を磨き上げ、マネジャーとして大きな実績を残した前田鎌利さんに『最高品質の会議術』(ダイヤモンド社)をまとめていただきました。

なぜ一度もサラリーマン編集者になることなく、仕事を続けたか――都築響一の場合。【前編】 – フリーランス、40歳の壁

「仕事相手が全員年下」「自己模倣のマンネリ地獄」「フリーの結婚&子育て問題」……Twitterで話題を呼んだ<フリーランス、40歳の壁>。本物しか生き残れない「40歳の壁」とは何か、竹熊健太郎がその正体に迫る。田中圭一、都築響一、FROGMAN他、壁を乗り越えたフリーの話からその乗り越え方を探ります。一生フリーを続けるためのサバイバル術、そのエッセンスを紹介していきます。