カテゴリーアーカイブ: シグナル 日本経済が見過ごしているもの

未来予測に欠かせない「社会の片隅にあるシグナル」の探し方 – シグナル 日本経済が見過ごしているもの

「未来を予測することなんてできない」。賢明なビジネスマンならそう思うだろう。だが、スマートフォンや人工知能(AI)、遺伝子工学など世の中を大きく変える科学技術(テクノロジー)は突如として目の前に現れるわけではない。その前には必ず予兆、つまり“シグナル”が出されている。そう提唱するのが未来学者のエイミー・ウェブ氏である。今回、著作『シグナル:未来学者が教える予測の技術』の中で未来を予測する体系的なメソッドをまとめたウェブ氏にその術を聞いた。

なぜ世界の先端研究者が「いきなり起業」できるようになったのか – シグナル 日本経済が見過ごしているもの

世界中の先端研究者と実業界とをつなぐNPO団体がある。それが、フランスのHello Tomorrow(ハロー・トゥモロー)だ。2011年に発足後、研究者中心のコミュニティを築き、その輪は世界に広がっている。10月下旬、パリで開かれたグローバルイベントを取材し、代表のグザヴィエ・デュポルテ氏へのインタビューを行った。

フランスでは「起業に失敗」しても落第者にならずに済む理由 – シグナル 日本経済が見過ごしているもの

事業に失敗はつきものである。米シリコンバレーのように起業が起業を呼ぶ「エコシステム」ができていない国では、失敗のリスクをどう減らしていくかが起業家を増やす鍵となる。フランスの二つのコミュニティから、そのヒントを探る。

“フランスの孫正義”が支援!スタートアップを支える「パトロン文化」 – シグナル 日本経済が見過ごしているもの

スタートアップ企業(ベンチャー企業)を生む新たな“聖地”として世界の注目を集めているフランス。その背景には政府の支援とともに、「パトロン」と呼べる大富豪の出資やサポートがある。特集第3回は、起業家支援のための巨大施設を中心に、パトロン文化について取り上げる。

アップルも認めた仏の起業文化「フレンチテック」の凄み – シグナル 日本経済が見過ごしているもの

フランスとテクノロジーを掛け合わせた造語「フレンチテック」が世界に広がっている。これを主導するのはマクロン大統領率いるフランス政府だ。DOL特集「シグナル」第2回目では、フレンチテックとは何か、フランス政府の狙いとは何かを取材した。

日本からアップルやグーグルが生まれない根本的な理由 – シグナル 日本経済が見過ごしているもの

若者の聖地である東京・渋谷に、起業家を支援するための大型施設が誕生する。起業といえばシリコンバレーが真っ先に浮かぶが、渋谷の新拠点はそれと一線を画している。ベンチャー企業という世界の片隅で起きている変化に目を凝らす特集の第1回(全6回)は、日本で始まった“胎動”を追う。