カテゴリーアーカイブ: スキル・キャリア

ついて行きたくなる上司が持っている「3つの力」 – イライラ・モヤモヤ職場の改善法 榎本博明

管理職の人たちと話すと、部下に対する不満の話には枚挙にいとまがない。だが上司も、自分たちが部下からどのように見られているかを振り返る時があるだろうか。そこで今回は、部下が上司に対してどんな不満を持っているのか、部下がついていきたくなる上司はそうでない上司と一体どこが違うのかについて考えてみたい。

本には「正しい読み方」がある – 要約の達人 from flier

人が初めて目にする本は、絵本など親に買い与えてもらった本だろう。そして小学校に入ると、読むべき本として教科書が配られ、教科書とは大学まで付き合うことになる。ところが卒業後にどんな本を読むかは自分次第。どの本を選んでも、面白くなかった、役に立たなかったと後悔するものは避けたい。ではどんな本を読めばいいか。

本には「正しい読み方」がある – 要約の達人 from flier

人が初めて目にする本は、絵本など親に買い与えてもらった本だろう。そして小学校に入ると、読むべき本として教科書が配られ、教科書とは大学まで付き合うことになる。ところが卒業後にどんな本を読むかは自分次第。どの本を選んでも、面白くなかった、役に立たなかったと後悔するものは避けたい。ではどんな本を読めばいいか。

新入社員の退職理由「やりたい仕事ができない」を一刀両断する – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

この時期、新入社員の悩みや不満としてよく聞くのが「やりたい仕事とは違っていた」「自分が思っていた仕事ではない」といったものです。そして「やりたいこと探し」の旅に出る新人が発生するわけですが、これほど無駄なことはありません。

新入社員の退職理由「やりたい仕事ができない」を一刀両断する – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

この時期、新入社員の悩みや不満としてよく聞くのが「やりたい仕事とは違っていた」「自分が思っていた仕事ではない」といったものです。そして「やりたいこと探し」の旅に出る新人が発生するわけですが、これほど無駄なことはありません。

「副業」へ踏み出す勇気がない人に教えたい発想転換法 – STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」

「人生100年時代」において、1つの会社で1つの仕事しか経験せずに定年を迎えると、残りの人生を生き抜くことは難しい。今、スキルアップの観点からも注目されているのが副業だ。副業に二の足を踏んでいる人に、その醍醐味を教えたい。

「副業」へ踏み出す勇気がない人に教えたい発想転換法 – STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」

「人生100年時代」において、1つの会社で1つの仕事しか経験せずに定年を迎えると、残りの人生を生き抜くことは難しい。今、スキルアップの観点からも注目されているのが副業だ。副業に二の足を踏んでいる人に、その醍醐味を教えたい。

セクハラを受け休職中の女性、会社に猛クレームの夫が知らない真相 – 組織を揺るがすモンスター社員 石川弘子

メンタル不調で休職していた女性社員の復帰間際に、その夫から人事部長へ電話がかかってきた。実は女性社員は上司の課長と地方へ出張した際にセクハラ行為を受け、それが原因で休職に至ったという。課長の処分も含め、会社はどう責任を取るのかと詰問された人事部長が困り果てていると、今度は課長の妻から話を切り出され…。

パン、チーズ…長持ちする加工食品のルーツは「戦争」だった – 要約の達人 from flier

加工食品はなぜ加工される必要があったのか。現代の食品を見ると、その多くは長時間の輸送に耐えられ、長期保存が可能であるなど、品質維持の工夫が随所になされている。これこそまさに軍隊が食糧に対して求めたことだった。

パン、チーズ…長持ちする加工食品のルーツは「戦争」だった – 要約の達人 from flier

加工食品はなぜ加工される必要があったのか。現代の食品を見ると、その多くは長時間の輸送に耐えられ、長期保存が可能であるなど、品質維持の工夫が随所になされている。これこそまさに軍隊が食糧に対して求めたことだった。

レジの列に無意識横入り…コンビニはイラモヤの宝庫だ – あなたをモヤモヤさせるB級新常識

私たち現代人にとって、最も身近な存在の一つとしてコンビニエンスストアがある。おそらく、ほとんどの人が毎日なんらかの用事でコンビニを利用しているのではないだろうか。しかし、それだけ生活に密接している存在だからこそ、時に不満を感じる場面に出くわすことにもなる。毎日通うコンビニは、モヤモヤの宝庫なのである。

年収1000万円止まりの人と1500万円超えの人の違い – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

年収1000万円止まりの人は、1500万円の人と比べて何が足りないのか。国税庁の調査では、年収1000万円超を稼ぐ人は4.2%とされているが、1500万円超となると1.1%にまで激減することからわかるように「年収1500万円」は大きな壁になっている。

アマゾンに日本企業が対抗するための「3つのカギ」 – 要約の達人 from flier

「通販」という形態は、アマゾン登場以前から多くの事業者が存在し、カタログ通販やテレビ通販といった形で事業が浸透していた。ところが1990年代半ば以降、日本国内に急速にインターネットが普及した。これに目をつけたアマゾンはいかにしてネット通販業界のトップとなったのか。これまでベールに包まれてきたアマゾンの実態について解き明かす。

部下に仕事を押し付けまくる課長を注意したら「パワハラ」になるか – 組織を壊す「自分ファースト」な社員たち 木村政美

人事異動で本社勤務となった課長は、会議に必要な資料作成が得意ではない。そこで部下に作成をお願いする。会議を乗り切った課長は調子に乗り、やがて自分の仕事を部下に押し付けるようになる。ある日、部下からの報告で事態を知った部長は課長と対決するが「パワハラだ!」と課長に騒がれてしまう。部長はこの危機をどう乗り切るのか?

「給料が今年も上がらない」と嘆く前に、自分の評価を上げなさい – STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」

この春、あなたの給料はアップしただろうか。「今年も給料が上がらない」という人は、景気のせいにせず、一度社内での自分の評価を見直してみたらどうだろう。身近な人に評価してもらうことは、給料アップの一番の近道なのだ。

肩こりはマッサージで根治しない、「首の姿勢」がカギを握る – 要約の達人 from flier

マッサージは、血液の流れをよくしてこりを緩和させるが、あくまでも一時的な対症療法である。こりは、筋肉が長時間緊張すれば、また改めて生じてしまう。肩こりを治すために重要なのは、実は肩そのものではなく、首の姿勢であるという。では、なぜ首の姿勢が重要なのか、どうすれば健康になれるのか――。

話し下手克服には、会議で自分の発言を録音してみるといい – グローバル仕事人のコミュ力 澤円

話し下手な人でも、簡単に話し方を改善できる方法を紹介! 新年度や新学期が始まると、人前で話したりする機会が増えますが、自分の話し方に自信が持てない人は多いと思います。そんな人におすすめなのが、自分の声を「録音」する方法です。

リーダーの言葉が軽くなり、浮いてしまう本当の理由 – 7つの知性を磨く田坂塾

いま、我が国のエリート官僚が、何かを隠しているのか否か、ある言葉を言ったのか否かが、連日のように報道されている。その真偽以前に、大きな問題を感じるのは、これらのエリート官僚や政治家の言葉が、極めて軽いことである。

若手社員の「自分がやりたい仕事と違う!」が起きる理由 – イライラ・モヤモヤ職場の改善法 榎本博明

「最近の若手は不満が多くて、どう対処したらいいのかわからない」と頭を悩ませている経営者や管理職の方々が少なくない。だが当の若手自身も、不満をどう解消したらいいのかわからず、悩み苦しんでいる。今年も新人を職場に迎える時期になったが、迎える側も迎えられる側も、ぜひ「やりたい仕事」病について知ってほしい。

本当に美味しい「牛肉」の見つけ方、A5ランクは味の評価ではない – 要約の達人 from flier

日本では明治期になって、ようやく牛肉を食べるようになった。多くはステーキや焼き肉、すき焼きとして消費される。食べ方の選択肢があまりない。すると牛肉の売れる部位が決まってしまう。これは大きな問題である。この現状を打破するには、肉の販売店や飲食店、そして消費者が、食べ方や買い方を変えていくしかない。

いま転職市場で本当に欲しがられる「3つの職種」とは – 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

最近、転職市場で引く手あまたの職種は? 今は人手不足の世の中でありながら、AIやIOTの登場で、多くの人が今後のキャリアに不安を持っています。そこで、いま転職市場でニーズの高い職種を探ると、将来もなくならない職業のヒントが見つかりました。

新人から尊敬される上司・先輩に誰でもなれる「3つの心得」 – STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」

新年度に入り、職場に多くの「新人」が入ってきた。新人たちから「尊敬される上司・先輩」と見られているかどうか、気になっている人も多いだろう。新人に尊敬される人になることは、実はそれほど難しくない。どんな心得が必要だろうか。

新人を軽く注意したら即無断欠席、そのまま退職しパワハラで300万円要求! – 組織を揺るがすモンスター社員 石川弘子

大学でサッカー部の主将を務めた新人が、研修中のたった一度の叱責で無断欠勤をする。その後、彼は退職届を提出するとともに、研修中の叱責を暴言、パワハラ行為だと訴え、300万円もの金銭要求の反撃を始めるが…。

藤井聡太の強さを支える「二つの顔」、師匠・杉本七段が明かす – 要約の達人 from flier

今や時の人となった棋士・藤井聡太氏。天才的な資質をもっていることは想像に難くない。天賦の才に恵まれて羨ましいと思う人もいるかもしれない。しかし彼の強さは、一体どこにあるのだろうか……。師匠であり、本書の著者でもある棋士・杉本昌隆七段が明かす。