カテゴリーアーカイブ: デキる部下の賢い上司操縦法

上司二人の仲が悪い!デキる部下ならどう立ち回るか? – デキる部下の賢い上司操縦法

皆さんの上司と「上司の上司」が、あるいは上司に当たる人が二人いて、彼らの意見が違うだけではなく、仲が悪かったらどうすればいいでしょうか。部下からは、一人の上司でさえ、動かすことは難しいものです。ましてや仲の悪い二人に対して、何かできることはほぼなさそうに思えます。

二人の上司が違うことを言う!デキる部下ならどうする? – デキる部下の賢い上司操縦法

新たな企画を進めているときに、直属の上司と「上司の上司」の間で意見にギャップがあることがよくあります。うまく合わせてくれればいいのですが、自分の意見には皆、結構こだわってしまうもの。対応には注意を要します。

上司が動いてくれない仕事、デキる部下ならどう前に進めるか – デキる部下の賢い上司操縦法

部下から見ると「絶対こうしたほうがいい」と思うのに、上司が動いてくれないことがよくあります。メリット・デメリットを比較しても明らかに利益がありそうなのに、のらりくらりと交わされてしまいます。そんなとき、ほとんどの場合は「動かない理由」があります。

上司が明らかに間違っている時、デキる部下はこう対処する – デキる部下の賢い上司操縦法

部下からの報告書や提案に対して、上司が明らかに間違っている、と思われる反応をすることがあります。そんな時は、なぜそう言うのか、冷静になって考えてみる必要があります。前提が違うのか、優先順位が違うのか、どういう基準だと自分と全く違う結論に達するのか、などの点を一つひとつ考えてみます。

デキる部下は上司の「頭の中」をこう読む – デキる部下の賢い上司操縦法

今回は、「上司が思っていることをどうやってきちんと理解するか」についてお話ししたいと思います。上司を理解することは決して簡単ではありませんが、理解せずにやみくもに動くと、余計に大変なことになります。一方、正しく理解しようという努力を続けると、だんだん“予測”の精度も上がっていきます。

上司を不機嫌にさせずに、自分の考えをきちんと伝えるには – デキる部下の賢い上司操縦法

あなたは、上司に自分の考えを伝えて、不機嫌になられたことはないでしょうか。「自分でちゃんと考えて意見を言え」と普段言うくせに、いざ伝えようとするとなぜか不機嫌になる。お前は俺に意見するのか?というような顔になる。そういう経験はないでしょうか。

上司を不機嫌にさせずに、自分の考えをきちんと伝えるには – デキる部下の賢い上司操縦法

あなたは、上司に自分の考えを伝えて、不機嫌になられたことはないでしょうか。「自分でちゃんと考えて意見を言え」と普段言うくせに、いざ伝えようとするとなぜか不機嫌になる。お前は俺に意見するのか?というような顔になる。そういう経験はないでしょうか。