カテゴリーアーカイブ: マネー・投資

2018年に行う確定申告で 1円でも多く税金を取り戻すには(3) – トクする確定申告・青色申告

ビットコインなど仮想通貨が連日ニュースを騒がしています。先日まで資産1億円超を達成した「億り人」が話題になっていましたが、実は今では「税金破産」が心配されています。背景に価格の乱高下があるのは言うまでもありませんが、仮想通貨の税額計算の公開が昨年12月だったことも要因の一つです。ポイントをしっかり押さえ、「仮想通貨元年」の確定申告を、無事に乗り切りましょう。

2018年に行う確定申告で 1円でも多く税金を取り戻すには(2) – トクする確定申告・青色申告

株や投資信託、FXの儲けには、税金がかかります。確定申告せずに放っておくと、税務署にマークされ追徴課税を取られるケースも出てきます。ただし、儲かった人全員が申告しなければならないわけではありません。開設している口座の種類や儲けた金額の違いによって、確定申告が「必要な人」「不要な人」「不要だが、すればトクする人」がいます。また、損してしまった人でも、申告しておくと、翌年以降に税金をゼロかトク少なくするチャンスが出てきます。そんな株関連の確定申告の勘所をやさしくお話しします。

2018年に行う確定申告で 1円でも多く税金を取り戻すには(1) – トクする確定申告・青色申告

確定申告の季節がやってきました。今回の申告より医療費控除の特例として「セルフメディケーション税制」が新たにスタートしました。これにより、控除の対象が拡充。従来の医療費控除とのどちらかを選択できるようになりました。納税額を減らすには、「経費や控除をもれなく計上する」のが大原則。この特例を活用して、1円でも多く税金を取り戻そう!

これが、情報弱者に特有の狼狽売りなのか!? – ビットコイン投資やってみました

ビットコイン、イーサリアム、リップル……。今、仮想通貨取引に注目が集まっています。現在の仮想通貨の時価総額は、約22兆円。1BTCが100万円を超えています。しかし、仮想通貨取引って何なの?詐欺に決まっている等、正直、よくわからないという人がまだまだ多いと思います。そんな中、仮想通貨取引の体験を赤裸々に描いた初のコミックエッセイ『ビットコイン投資やってみました!』(たまきちひろ著、コインチェック株式会社共同創業者兼COO・大塚雄介監修、ダイヤモンド社)が12月6日(水)に発刊されました。本連載では、…

ビットコインは、新しい時代のお金 – ビットコイン投資やってみました

ビットコイン、イーサリアム、リップル……。今、仮想通貨取引に注目が集まっています。現在の仮想通貨の時価総額は、約22兆円。1BTCが100万円を超えています。しかし、仮想通貨取引って何なの?詐欺に決まっている等、正直、よくわからないという人がまだまだ多いと思います。そんな中、仮想通貨取引の体験を赤裸々に描いた初のコミックエッセイ『ビットコイン投資やってみました!』(たまきちひろ著、コインチェック株式会社共同創業者兼COO・大塚雄介監修、ダイヤモンド社)が12月6日(水)に発刊されました。本連載では、…

ビットコインの取引所って、アカウントって? – ビットコイン投資やってみました

ビットコイン、イーサリアム、リップル……。今、仮想通貨取引に注目が集まっています。現在の仮想通貨の時価総額は、約22兆円。1BTCが100万円を超えています。しかし、仮想通貨取引って何なの?詐欺に決まっている等、正直、よくわからないという人がまだまだ多いと思います。そんな中、仮想通貨取引の体験を赤裸々に描いた初のコミックエッセイ『ビットコイン投資やってみました!』(たまきちひろ著、コインチェック株式会社共同創業者兼COO・大塚雄介監修、ダイヤモンド社)が12月6日(水)に発刊されました。本連載では、…

ビットコインは、国や銀行に縛られない 国境のない通貨 – ビットコイン投資やってみました

ビットコイン、イーサリアム、リップル……。今、仮想通貨取引に注目が集まっています。現在の仮想通貨の時価総額は、約22兆円。1BTCが100万円を超えています。しかし、仮想通貨取引って何なの?詐欺に決まっている等、正直、よくわからないという人がまだまだ多いと思います。そんな中、仮想通貨取引の体験を赤裸々に描いた初のコミックエッセイ『ビットコイン投資やってみました!』(たまきちひろ著、コインチェック株式会社共同創業者兼COO・大塚雄介監修、ダイヤモンド社)が12月6日(水)に発刊されました。本連載では、…

なぜ、私はビットコインを始めたのか? – ビットコイン投資やってみました

ビットコイン、イーサリアム、リップル……。今、仮想通貨取引に注目が集まっています。現在の仮想通貨の時価総額は、約22兆円。1BTCが100万円を超えています。しかし、仮想通貨取引って何なの?詐欺に決まっている等、正直、よくわからないという人がまだまだ多いと思います。そんな中、仮想通貨取引の体験を赤裸々に描いた初のコミックエッセイ『ビットコイン投資やってみました!』(たまきちひろ著、コインチェック株式会社共同創業者兼COO・大塚雄介監修、ダイヤモンド社)が12月6日(水)に発刊されました。本連載では、…

仮想通貨革命後の未来像は、 誰にもわからない – ビットコイン投資やってみました

ビットコイン、イーサリアム、リップル……。今、仮想通貨取引に注目が集まっています。そんな中、仮想通貨取引の体験を赤裸々に描いた初のコミックエッセイ『ビットコイン投資やってみました!』が発刊されました。本連載では、同書の一部を抜粋して、仮想通貨取引のしくみを紹介いたします。第1回は、監修者の大塚雄介さんによる解説をお届けします。

無理なく、ギャンブルでもなく 手間もかからないお金の増やし方 – お金のウソ

身近な人に教えられる「お金の常識」はもう古い!
30代以下のみなさん、親から言われてきたお金の常識は、今やまったく役に立たないのはご存じですか?
預金金利が0.001%の現在、一方、親世代や、祖父母の世代は、預金金利がなんと7%もあり、貯金をして家を買っておけば、自然に資産が増やせるような、何ともうらやましい経済成長時代だったのです。
今や、人口も減って、高齢化が進む、経済の成熟期を迎えた日本で、親から教わったお金の常識を信じていると将来必ず後悔します。新しいお金の常識を、お金のプロがセキララに語る連載です。

「保険で貯蓄」はワナだらけ! – お金のウソ

身近な人に教えられる「お金の常識」はもう古い!
30代以下のみなさん、親から言われてきたお金の常識は、今やまったく役に立たないのはご存じですか?
預金金利が0.001%の現在、一方、親世代や、祖父母の世代は、預金金利がなんと7%もあり、貯金をして家を買っておけば、自然に資産が増やせるような、何ともうらやましい経済成長時代だったのです。
今や、人口も減って、高齢化が進む、経済の成熟期を迎えた日本で、親から教わったお金の常識を信じていると将来必ず後悔します。新しいお金の常識を、お金のプロがセキララに語る連載です。

お金のウソを暴く! なぜ保険に入ってはいけないのか? – お金のウソ

身近な人に教えられる「お金の常識」はもう古い!
30代以下のみなさん、親から言われてきたお金の常識は、今やまったく役に立たないのはご存じですか?
預金金利が0.001%の現在、一方、親世代や、祖父母の世代は、預金金利がなんと7%もあり、貯金をして家を買っておけば、自然に資産が増やせるような、何ともうらやましい経済成長時代だったのです。
今や、人口も減って、高齢化が進む、経済の成熟期を迎えた日本で、親から教わったお金の常識を信じていると将来必ず後悔します。新しいお金の常識を、お金のプロがセキララに語る連載です。

これからの時代 貯金をしていけない理由 – お金のウソ

身近な人に教えられる「お金の常識」はもう古い!
30代以下のみなさん、親から言われてきたお金の常識は、今やまったく役に立たないのはご存じですか?
預金金利が0.001%の現在、一方、親世代や、祖父母の世代は、預金金利がなんと7%もあり、貯金をして家を買っておけば、自然に資産が増やせるような、何ともうらやましい経済成長時代だったのです。
今や、人口も減って、高齢化が進む、経済の成熟期を迎えた日本で、親から教わったお金の常識を信じていると将来必ず後悔します。新しいお金の常識を、お金のプロがセキララに語る連載です。

2035年には男性の3人に1人が結婚しない! 人口減少とお金の話 – お金のウソ

身近な人に教えられる「お金の常識」はもう古い!
30代以下のみなさん、親から言われてきたお金の常識は、今やまったく役に立たないのはご存じですか?
預金金利が0.001%の現在、一方、親世代や、祖父母の世代は、預金金利がなんと7%もあり、貯金をして家を買っておけば、自然に資産が増やせるような、何ともうらやましい経済成長時代だったのです。
今や、人口も減って、高齢化が進む、経済の成熟期を迎えた日本で、親から教わったお金の常識を信じていると将来必ず後悔します。新しいお金の常識を、お金のプロがセキララに語る連載です。

貯金はするな! 保険は入るな! お金の常識を疑え! – お金のウソ

身近な人に教えられる「お金の常識」はもう古い!
30代以下のみなさん、親から言われてきたお金の常識は、今やまったく役に立たないのはご存じですか?
預金金利が0.001%の現在、一方、親世代や、祖父母の世代は、預金金利がなんと7%もあり、貯金をして家を買っておけば、自然に資産が増やせるようなう、何ともうらやましい経済成長時代だったのです。
今や、人口も減って、高齢化が進む、経済の成熟期を迎えた日本で、親から教わったお金の常識を信じていると将来必ず後悔します。新しいお金の常識を、お金のプロがセキララに語る連載です。

国内のETFは、「買ってもいい」とおすすめできるものは少ない – 賢い投資家は、なぜETFを買うのか?

投資先進国の米国で、今最も注目を浴びている商品がETF(上場投資信託)です。米国ではETFが年率2ケタの成長率で伸びており、現在の純資産残高は280兆円。これは、日本のETF市場の14倍超。(1)コストを抑えた運用ができる、(2)リアルタイム取引ができる、(3)指値・成り行き注文ができる等、多くのメリットがあるETFですが、まだ日本の個人投資家にとってはなじみのある商品とはいえません。その理由は、手数料が低いため、証券会社が積極的に顧客に紹介してこなかったから。しかし、金融庁が「ETFは投資家の資産形成に有用な金融商品であり、今後十分に活用を検討していく」と公表するなど、今後、注目が集まることが予想されます。本連載では、最新刊『ETFはこの7本を買いなさい』(ダイヤモンド社)を上梓した世界No.1投信評価会社トップの朝倉智也氏が、ETFの何がおすすめなのか、その選び方・買い方、活用法等について、わかりやすく解説します。

逆風下でも買ってもいい 健全な毎月分配型投信とは? – あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!

投信の残高の約半数を占める大人気商品の毎月分配型投資信託。足元の株高に反して、分配金をどんどん減らしたり、基準価額が下がるなど運用環境が悪化していたりするファンドが続出している。今回はそんな危ない毎月分配型投資信託から乗り換えたり、新規に買ったりするのにピッタリな健全な毎月分配型投資信託について、その分析方法を『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』の著者が解説する。

親の毎月分配型投信が危ない! – あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!

投資信託の残高の5割を占める「毎月分配型投資信託」。投信の主役で、「誰もが買う投信」と言っても過言ではありません。中には退職金のかなりの額を投じて買っている人、月々の分配金を老後の命綱としている人もいます。しかし、金融情勢や経済状況の変化で、そんな毎月分配型投信に危機が迫っています…

個人投資家にとって、最も望ましい金融商品は「ETF」 である。 – 賢い投資家は、なぜETFを買うのか?

投資先進国の米国で、今最も注目を浴びている商品がETF(上場投資信託)です。米国ではETFが年率2ケタの成長率で伸びており、現在の純資産残高は280兆円。これは、日本のETF市場の14倍超。(1)コストを抑えた運用ができる、(2)リアルタイム取引ができる、(3)指値・成り行き注文ができる等、多くのメリットがあるETFですが、まだ日本の個人投資家にとってはなじみのある商品とはいえません。その理由は、手数料が低いため、証券会社が積極的に顧客に紹介してこなかったから。しかし、金融庁が「ETFは投資家の資産形成に有用な金融商品であり、今後十分に活用を検討していく」と公表するなど、今後、注目が集まることが予想されます。本連載では、最新刊『ETFはこの7本を買いなさい』(ダイヤモンド社)を上梓した世界No.1投信評価会社トップの朝倉智也氏が、ETFの何がおすすめなのか、その選び方・買い方、活用法等について、わかりやすく解説します。

なぜ、今、ETFに注目が集まるのか? – 賢い投資家は、なぜETFを買うのか?

投資先進国の米国で、今最も注目を浴びている商品がETF(上場投資信託)です。米国ではETFが年率2ケタの成長率で伸びており、現在の純資産残高は280兆円。これは、日本のETF市場の14倍超。(1)コストを抑えた運用ができる、(2)リアルタイム取引ができる、(3)指値・成り行き注文ができる等、多くのメリットがあるETFですが、まだ日本の個人投資家にとってはなじみのある商品とはいえません。その理由は、手数料が低いため、証券会社が積極的に顧客に紹介してこなかったから。しかし、金融庁が「ETFは投資家の資産形成に有用な金融商品であり、今後十分に活用を検討していく」と公表するなど、今後、注目が集まることが予想されます。本連載では、最新刊『ETFはこの7本を買いなさい』(ダイヤモンド社)を上梓した世界No.1投信評価会社トップの朝倉智也氏が、ETFの何がおすすめなのか、その選び方・買い方、活用法等について、わかりやすく解説します。