カテゴリーアーカイブ: ルヴァンカップ25年目の真実

ルヴァンカップを25年間支えるスポンサーの飯島とはどんな男か – ルヴァンカップ25年目の真実

「ルヴァンカップ」は、紆余曲折を経ながらも25年間という長きにわたって続いている。大会が続いた最大の理由は、スタート時からずっと支え続けてきたスポンサー、ヤマザキビスケットの飯島茂彰社長の存在がある。飯島とはどのような男だったのか。

ルヴァンカップが名選手を輩出し「若手の登竜門」となった軌跡 – ルヴァンカップ25年目の真実

Jリーグが主催するカップ戦の「ルヴァンカップ」。国際大会のスケジュールと重なることが多く、各クラブは選手の起用に頭を悩ませることも多かった。しかし、それが結果的に出場機会の少ない若手の起用につながり、「若手の登竜門」と位置づけられるまでになった。

大分トリニータのルヴァン杯優勝が「大転換点だった」と誰もが口を揃える訳 – ルヴァンカップ25年目の真実

ルヴァンカップ25年間の歴史の中で、関係者が「大きな転換点となった」と口を揃えるのが、2008年の大分トリニータが優勝した大会だ。この大会を振り返るとともに、ルヴァンカップが地方貢献に果たす役割を追った。

「JリーグYBCルヴァンカップ」誕生秘話、25年続いた成功の理由 – ルヴァンカップ25年目の真実

「JリーグYBCルヴァンカップ」は、「同一スポンサーによる世界最長のプロサッカー大会」としてのギネス記録を伸ばした。昨年、「ヤマザキナビスコカップ」から突然名称を変更したものの人気は健在。25年もの長きにわたって続いている秘密を探った。

ナビスコからルヴァンへ、カップ戦開催中に前代未聞の名称変更の舞台裏 – ルヴァンカップ25年目の真実

2016年、Jリーグが主催するカップ戦「ヤマザキナビスコカップ」が、突然、「ルヴァンカップ」へと名称が変更された。その理由は、スポンサー企業の名称変更。しかし、シーズン途中での大会名称の変更は、まさに苦難の道のりだった。