カテゴリーアーカイブ: 仕事のスキル

ビジネスの第一線で活躍するために必要な4つのこと – エディターズ・チョイス

『すべての仕事を3分で終わらせる』の著者・岡田兵吾氏と、『速読日本一が教えるすごい読書術』の著者・角田和将氏が、シンガポールで特別セミナーを開催しました!速読を用いた情報収集、学びを加速させるインプットのプロフェッショナルと、優れた成果を次々と生み出すアウトプットのプロフェッショナルに共通しているのは、「スピード×効率化」。シンガポールセミナーレポートを4回に分けて、掲載いたします。第3回目は、2人のトークセッション(後編)です。

ビジネスで不可欠な「スピード」と「成果」は、こうして手に入れる – エディターズ・チョイス

『すべての仕事を3分で終わらせる』の著者・岡田兵吾氏と、『速読日本一が教えるすごい読書術』の著者・角田和将氏が、シンガポールで特別セミナーを開催しました!速読を用いた情報収集、学びを加速させるインプットのプロフェッショナルと、優れた成果を次々と生み出すアウトプットのプロフェッショナルに共通しているのは、「スピード×効率化」。シンガポールセミナーレポートを4回に分けて、掲載いたします。第3回目は、2人のトークセッション(前編)です。

ビジネスで不可欠な「スピード」と「成果」は、こうして手に入れる – エディターズ・チョイス

『すべての仕事を3分で終わらせる』の著者・岡田兵吾氏と、『速読日本一が教えるすごい読書術』の著者・角田和将氏が、シンガポールで特別セミナーを開催しました!速読を用いた情報収集、学びを加速させるインプットのプロフェッショナルと、優れた成果を次々と生み出すアウトプットのプロフェッショナルに共通しているのは、「スピード×効率化」。シンガポールセミナーレポートを4回に分けて、掲載いたします。第3回目は、2人のトークセッション(前編)です。

あの林修が 誰にも知られたくない 「伝え方」の秘密 – 最強のコピーライティングバイブル

約3年の月日をかけて、伝説の名著3部作・計4冊2000ページ超が1冊に凝縮された『最強のコピーライティングバイブル』は発売以来重版を重ね第5刷となり、コピーライティングの定番書になってきた。
その中身は、鉄板の法則を「骨」とし、国内成功24業種100事例で解説されている。
数多くの事例を分析してきた著者の横田伊佐男氏は、今回、林修氏の伝え方、に注目した。コピーライティングの見地からその分析結果をこっそり紹介してもらおう。

すべての仕事を3分で終わらせる仕事圧縮術 – エディターズ・チョイス

『すべての仕事を3分で終わらせる』の著者・岡田兵吾氏と、『速読日本一が教えるすごい読書術』の著者・角田和将氏が、シンガポールで特別セミナーを開催しました!速読を用いた情報収集、学びを加速させるインプットのプロフェッショナルと、優れた成果を次々と生み出すアウトプットのプロフェッショナルに共通しているのは、「スピード×効率化」。シンガポールセミナーレポートを4回に分けて、掲載いたします。第2回目は、岡田兵吾の「仕事圧縮術」です。

【シンガポールセミナーレポート】速読のスキルで、「3つの力」を伸ばしていく – エディターズ・チョイス

『すべての仕事を3分で終わらせる』の著者・岡田兵吾氏と、『速読日本一が教えるすごい読書術』の著者・角田和将氏が、シンガポールで特別セミナーを開催しました!速読を用いた情報収集、学びを加速させるインプットのプロフェッショナルと、優れた成果を次々と生み出すアウトプットのプロフェッショナルに共通しているのは、「スピード×効率化」。シンガポールセミナーレポートを4回に分けて、掲載いたします。第1回目は、角田和将氏の「すごい読書&速読術」です。

NASA、米国国防省などでコンサルティングや講演をおこなう著者が直伝。ハーバードの学生もこぞって学ぶ、最強の「伝える技術」とは – エディターズ・チョイス

上司を説得したい、部下をうまく動かしたい、パートナーの機嫌を損ねずに話したい――そんなときに役立つ最強の「伝える技術」がある。それが、レトリック。レトリックは、アリストテレスからオバマまで2000年にわたって世界のリーダーが使ってきた技術であり、最近欧米でもにわかに注目が集まっている。ハーバード大学の必読図書トップ10に選出され、世界13か国で翻訳、アメリカ国内でも30万部のベストセラーとなっている『THE RHETORIC 人生の武器としての伝える技術』(ポプラ社)のなかから、レトリックの基本とも…

「パブリック」には適切な定義も和訳もない?日本は「公私二元論」の国 – ソーシャルメディア進化論2018

「Public」は日本語では「公共」と訳されるが、日本語が指し示す意味と、ヨーロッパ、とりわけオランダでの意味は、大きく異なる。その認識の違いは、なぜ生まれたのか? オランダの市民社会を研究する長坂寿久氏に聞く。

「仕事が自分に何を与えてくれるのか」では不満だらけになる – 今いる場所で突き抜けろ!

全米注目のまったく新しいキャリア論『今いる場所で突き抜けろ!』の著者、カル・ニューポートは、自分の好きなことを仕事にしようとする姿勢を「願望マインド」と名づけ、目の前にある仕事のスキルを磨こうとする姿勢を「職人マインド」と名づけた。対照的なマインドのどちらを受け入れるべきなのか?本書4章から抜粋する。

「やりがいのある仕事」をしている人たちへのインタビューでわかった、驚きの真実 – 今いる場所で突き抜けろ!

やりがいのある仕事をしている人たちは、自分の好きなこと、やりたいことを追求してその仕事に就いたのだろうか?アメリカやカナダでのインタビューや科学者たちの調査研究から、実際はまったく違うことがわかったという。これまでの常識を覆すキャリア論『今いる場所で突き抜けろ!』から抜粋・要約して紹介する。

「好き」を仕事に、は幻想だ! – 今いる場所で突き抜けろ!

キャリアに関するアドバイスで必ずと言っていいほど提唱される「好きなことを追い求めよ」――『今いる場所で突き抜けろ!』の著者、カル・ニューポートは、この教えには重大な誤りがあると主張する。著者自身の就活体験から確信したその理由を、本書の序章から抜粋して紹介。

ハーバード大学に娘を合格させた訳者も納得の、キャリア論とは? – 今いる場所で突き抜けろ!

大分市で英語教室を営み、一人娘すみれさんを県立高校からハーバード大学に合格させた廣津留真理さんが、「衝撃の出会いだった」と語る本がある。それが、カル・ニューポート著『今いる場所で突き抜けろ!』だ。ベストセラーとなった自著『英語で一流を育てる』もある廣津留さんが、多岐にわたる活動で超多忙な中、なぜ自ら日本語訳をしようと買って出たのか、その魅力と読みどころを語る。

ハーバード大学に娘を合格させた訳者も納得の、キャリア論とは? – 今いる場所で突き抜けろ!

大分市で英語教室を営み、一人娘すみれさんを県立高校からハーバード大学に合格させた廣津留真理さんが、「衝撃の出会いだった」と語る本がある。それが、カル・ニューポート著『今いる場所で突き抜けろ!』だ。ベストセラーとなった自著『英語で一流を育てる』もある廣津留さんが、多岐にわたる活動で超多忙な中、なぜ自ら日本語訳をしようと買って出たのか、その魅力と読みどころを語る。

短期集中で確実に結果を出せる勉強法がある – 効率よく短期集中で覚えられる7日間勉強法

テレビや雑誌に引っ張りだこの、勉強本ベストセラーの著者3人が、一堂に集結!暗記のスペシャリスト、記憶のスペシャリスト、資格のスペシャリストの超勉強法を直接聞ける「おとなの勉強法フェス2017・年の瀬」の開催に先立ち、ベストセラー本『世界記憶力グランドマスターが教える脳にまかせる勉強法』から、勉強法の極意を紹介します!

40代・独学でも4回連続記憶力日本一になれた記憶術 – 脳にまかせる勉強法

テレビや雑誌に引っ張りだこの、勉強本ベストセラーの著者3人が、一堂に集結!暗記のスペシャリスト、記憶のスペシャリスト、資格のスペシャリストの超勉強法を直接聞ける「おとなの勉強法フェス2017・年の瀬」の開催に先立ち、ベストセラー本『世界記憶力グランドマスターが教える脳にまかせる勉強法』から、勉強法の極意を紹介します!

知識創造は「コラボレーション」によって膨らんでいく – ソーシャルメディア進化論2017

ビジネスシーンでもよく耳にするようになった「コラボレーション」という言葉。なぜいま多くの企業がコラボレーションに着目しているのだろうか。一橋大学の野中郁次郎名誉教授が、コラボレーションにおける共感の重要性を説く。

結婚式でスピーチを頼まれたら、 まず何をすればいいのか? – 心に届く話し方

新刊『心に届く話し方 65のルール』では、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説しています。
今回の連載で著者がお伝えするのは、「自分をよく見せることを第一に考える話し方」ではなく、「聞いている人にとっての心地よさを第一に考える」話し方です。本連載では、一部抜粋して紹介していきます。

自分ばかり話をしていませんか? – 心に届く話し方

新刊『心に届く話し方 65のルール』では、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説しています。
今回の連載で著者がお伝えするのは、「自分をよく見せることを第一に考える話し方」ではなく、「聞いている人にとっての心地よさを第一に考える」話し方です。本連載では、一部抜粋して紹介していきます。

なぜあの人の話は、眠たくなるのか? – 心に届く話し方

新刊『心に届く話し方 65のルール』では、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説しています。
今回の連載で著者がお伝えするのは、「自分をよく見せることを第一に考える話し方」ではなく、「聞いている人にとっての心地よさを第一に考える」話し方です。本連載では、一部抜粋して紹介していきます。

ビジネス書のトップライターは、なぜ「形容詞」を使わないのか? – 超スピード文章術

「1日300字」しか書けなかった超遅筆家を、「1時間3000字」「5日で本1冊」超爆速ライターに変えた全技術を初公開!
メール、企画書、ブログ、レポート、本1冊まで、あれこれ悩まず、とにかく「速く書き終える」ためのスキルと考え方。