カテゴリーアーカイブ: 仕事脳で考える食生活改善

満腹なのに太らない食事のコツ、フレンチシェフが伝授 – 仕事脳で考える食生活改善

食事はご褒美だから、食べたいものを食べたい。でも、太るのが怖くて食事を楽しめなくなっている人も少なくないでしょう。そこで、満腹になるのに太らないフルコースを作ってきたフレンチシェフに、太らない食事のコツを伺いました。

「食べ過ぎない」がボクシング世界王者と商社マン両立の秘訣だった – 仕事脳で考える食生活改善

パフォーマンス維持できる人がやっている食べ方のルールとは? 商社マンでありながら、ボクシング世界王者になった木村悠さんは、引退した今も引き締まった身体を維持しています。そんな木村さんの普段の食事はとてもシンプルなものでした。

世界を飛び回る筋トレ好き社会起業家の「要点3つだけ」食事術 – 仕事脳で考える食生活改善

健康維持のためにトレーニングを行ったり、食事に気を遣っているビジネスパーソンはたくさんいます。しかし、「無理している」「頑張っている」ということはありませんか? 一方、どんなに忙しくても体にいいことを長年続けているビジネスアスリートたちは、「習慣化しているから全然苦にならない」と言います。それどころか楽しんでいるようです。この違いはどこからくるのでしょうか。

きれいな50代は、「旅館並みの朝食」と「2食のササッと飯」でできている – 仕事脳で考える食生活改善

「年齢を重ねても体重が変わらない」という人は少なからずいますが、体型は変化しているものです。それなのに単に「痩せよう」とするのでは、きれいなスタイルを作ることはできません。今回は50代の女性ファッションブロガーの食生活を参考に、忙しくてもきれいを保ち、健康を管理する方法をお伝えします。

40kg減!ダイエット歴16年で見つけた「自分に合う究極の痩せ方」 – 仕事脳で考える食生活改善

ダイエットに関して、本を読んだことがある人よりも、ネットでダイエット記事を読んだことがある人の方が圧倒的に多いことでしょう。しかし、「ネットで得た情報でダイエットに成功した」という話を聞くことはありません。むしろ、「いろんなことが書かれているから何が正解なのか分からなくなってしまった」という困ったエピソードや失敗談の方をよく聞きます。それは一体どうしてなのでしょうか。

「肥満じゃないけど痩せない」を解消!中高年のダイエット術 – 仕事脳で考える食生活改善

食事には気を遣っていたり、ひどい食生活をしているつもりではないのに「なぜか痩せない人」は何が原因なのか。意外と気づかない3つの原因に、食事量が少ない、体脂肪率が高い、食事の時間を楽しめていない、ということがあります。

糖質制限のために「主食100%カット」の落とし穴 – 仕事脳で考える食生活改善

働き盛りのビジネスマンは糖尿病は“遠い病気”と思いがちです。しかし実際には糖尿病患者数1000万人と同数が疾病を強く疑われる人の人数になっているという現実があります。血糖値が高いことを気にすると「ごはんやパンの主食を抜けばよい」と安易に考えがちですが、それだけに頼ると痛い目に遭ってしまいます。

美味しいもの大好き、飲食店店主の「反省しない」ダイエット術 – 仕事脳で考える食生活改善

ダイエットの計画が上手くいかないと、「反省」したり「自己嫌悪」に陥って、かえってストレスが溜まり、食べ過ぎの悪循環につながりやすいもの。今回は、「美味しいものが大好き」で食の探求をする中で、痩せる習慣を身に着けたという飲食店経営者の食事術を取り上げます。

パーソナルトレーナーの筋肉作りは「食事の分析」から違う! – 仕事脳で考える食生活改善

食事指導が厳しいジムでの勤務経験から、体作りには筋肉トレーニングだけでなく食事も重要だと学んだと話すのはパーソナルトレーナーの安藤宏行(38)さん。
外食も楽しみつつ、日頃の食事をコントロールしながら痩せるコツを聞きました。

ワーキングマザーの強い味方!「作り置き」料理で健康に – 仕事脳で考える食生活改善

家族の食の担い手であり、仕事をバリバリこなすビジネスアスリートでもある女性は、一体どのように食生活をマネジメントしているのでしょうか。今回は家事代行サービスを利用しつつ、手作りの食卓を実現している鈴木さんを取材しました。

ビジネスマンのダイエットは「続けやすさ」が決め手だった! – 仕事脳で考える食生活改善

仕事がデキるビジネスマンにお会いすると、スマートな体型を維持している人が多いと感じます。彼らの多くは淡々と体に良い習慣を維持しています。その姿からはまるでスポーツ選手がトレーニングを積み重ねているかのような印象を受けます。そんな彼らを「ビジネスアスリート」と呼び、食事や健康のメソッドを取材しているのが、本連載『仕事脳で考える食生活改善』です。今回は番外編として、これまで取材してきた5人から感じた「継続」にまつわる共通の姿勢をお伝えします。

コンビニ食ばかりでも痩せたのは「朝食」を摂ったからだった – 仕事脳で考える食生活改善

今回お話を伺ったのは、長年迷っていた朝食問題に決着をつけ、仕事のパフォーマンスを上げつつ体重を落とすことにも成功した38歳の男性です。ランニングしていても思うように痩せなかったのに、「朝食」を食べ始めたことで体が変化したといいます。

デキる男の体調管理は食事も「仕事脳」で考えていた – 仕事脳で考える食生活改善

仕事をしていると、自然と、「あ、こっちのやり方の方が効率良いし、しっくりくるな」と思う場面がありますが、ダイエットも同じ。食事記録を残すのは面倒でも、写真に撮るだけなら続けられる人やエクセルを使って体重変動もあわせてグラフにするとモチベーションが上がる人もいます。同じダイエット法でも、HOWの部分を少し変えるだけで、不可能に思えたダイエットがいとも簡単なものになるのです。本連載では、まるで仕事の一部のように自然と自己管理をしているビジネスパーソンにお話を聞きながら、「あぁ、そんなやり方もあったのか」という、気づきの視点を提供していきます。