カテゴリーアーカイブ: 企業経営のノウハウ

減資とは?資本金を減らす理由や目的と株主へ影響はあるのか

減資とは、資本金や資本準備金を減少させる手続きのことで、主に株式会社で行われます。中でも、資本金の減少を行う場合にはいろいろな目的が考えられます。「資本金を減らす」というとマイナスのイメージが漂いますが、実際はどうなのでしょうか。減資を行う理由や手続き、株主への影響などについて解説します。

減資とは?理由や目的と株主への影響

減資とは、資本金や資本準備金を減少させる手続きのことで、主に株式会社で行われます。中でも、資本金の減少を行う場合にはいろいろな目的が考えられます。「資本金を減らす」というとマイナスのイメージが漂いますが、実際はどうなのでしょうか。減資を行う理由や手続き、株主への影響などについて解説します。

減資とは?減資の影響や目的は?

減資とは、資本金や資本準備金を減少させる手続きのことで、主に株式会社で行われます。中でも、資本金の減少を行う場合にはいろいろな目的が考えられます。「資本金を減らす」というとマイナスのイメージが漂いますが、実際はどうなのでしょうか。減資を行う理由や手続き、株主への影響などについて解説します。

読んでもらえる社内報のデザイン・テンプレート

パナソニックの紙の社内報復活というニュース。Web社内報だけでは社員に読まれないのでしょう。一方、紙の社内報を発行しても、必ず読まれるわけではありません。忙しい社員が読みやすい誌面デザインも必要です。しかし、デザイン未経験の場合はどうしたら良いのでしょう?Web上にあるデザインテンプレートの活用も一つの手かもしれません。今回…

総務でBPOを活用するには?メリットとデメリット


「働き方改革」は総務が主導すると成功すると言われます。しかし、目の前の仕事に忙殺されている総務ではその余力がないのではないでしょうか? 総務の仕事を楽にする一つの方法としてアウトソーシングがあります。最近ではBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)と表現されることが多いですね。BPOのメリット・デメリットについて紹介してみましょう。 

「オフィスグリコ」以外にも!類似サービスとその効果


「富山の置き薬」は使った分だけ支払って不足分を補充してくれる仕組みです。このパターンを踏襲した福利厚生サービスが出てきています。みなさんがよくご存じの「オフィスグリコ」の他にも、野菜や惣菜、その他に果物まであります。総務としては、これらの仕掛けをきっかけに、社内コミュニケーションを活発にしてきましょう!

BYODとは?そのメリットと企業のセキュリティ対策


個人所有のスマートフォンやタブレットを業務で利用するBYOD=Bring Your Own Device。あなたの会社でも取り入れているのではないでしょうか。個人のスマホをそのまま使えるので2台持ちをする必要がなく、便利ではあるものの、業務データを個人所有のスマホで扱うという、情報セキュリティでのリスクが存在します。そのメリット・デメリットを整理した上で、どのようにリスク管理をするのかを確認しましょう。

大掃除、法律で企業の義務となっているって本当!?


今年も残すところあとわずか。年末には恒例の大掃除が、各企業で行われることでしょう。この大掃除は、労働安全衛生規則で企業の義務となっていること、知っていましたか? また、この大掃除、社内が綺麗になるだけでなく、社内コミュニケーション活性化にも効果があるって知っていましたか? 今回は、大掃除について真面目に取り上げてみることにしました。

総務でアウトソーシング(BPO)を活用するには?


「働き方改革」は総務が主導すると成功すると言われます。しかし、目の前の仕事に忙殺されている総務ではその余力がないのではないでしょうか? 総務の仕事を楽にする一つの方法としてアウトソーシングがあります。最近ではBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)と表現されることが多いですね。BPOのメリット・デメリットについて紹介してみましょう。 

MBWAとは?総務に求められる現場情報の取り方


MBWAとは、”Management by walking around”の略で、いわば「マネジャーは現場を歩き回りましょう」ということです。MBWAを総務の用語にしてみれば「ぶらぶら総務」といったところでしょうか。総務の仕事のターゲットは、経営であり現場社員です。そのターゲットの事を知らずして、良い仕事ができるでしょうか? そしてMBWAの大事な効果がもう一つ。それは、「あなた自身が経営や現場社員から知られること」です。

【祝電のマナー】仕事で送るときの宛名・時期は?


「取引先の方が昇進した」「新規店舗がオープンした」「新たに本社を竣工した……」。仕事の中でいろいろとお祝いをするケースがあると思います。式典に招かれる場合もあるでしょう。あるいはお祝い・祝電を送る場合もあるでしょう。今回は祝電の送り方について紹介します。

弔電の正しい打ち方とは?例文や宛名マナーを解説


取引先から訃報が届き、その対応であたふたしたことはありませんか? 誰が参列するのか、香典はいくらにするのか。そして、何らかの事情で通夜や告別式に出席できない場合には弔電を打つことになります。仕事ですから宛名や差出人名、文例などに失礼のないよう、一層気を遣うことでしょう。上司から「弔電を頼む!」と言われてお困りのあなたに、仕事上での正しい弔電の打ち方をお伝えします。

宛名は会社名?個人名?ビジネスの「弔電」の打ち方


取引先から訃報が届き、その対応であたふたしたことはありませんか? 誰が参列するのか、香典はいくらにするのか。そして、何らかの事情で通夜や告別式に出席できない場合には弔電を打つことになります。仕事ですから宛名や差出人名、文例などに失礼のないよう、一層気を遣うことでしょう。上司から「弔電を頼む!」と言われてお困りのあなたに、仕事上での正しい弔電の打ち方をお伝えします。

【胡蝶蘭など】開業・開店のお祝い品のマナーと選び方


取引先が開店・開業、移転する時。何をプレゼントにして贈ればよいのか、悩みますよね。受け取った方が喜んでくれるモノを贈りたいですよね。今回、開店のお祝いとしてお贈りするモノの選び方と、ギフトの定番である「胡蝶蘭」の贈り方のポイントを紹介します。

オフィスがIoTで変わる!最先端の事例を紹介


新聞で盛んに取り上げられるIoT。産業分野だけに留まりません。いま、オフィスで働く人の状態や備品の管理にIoTが使われ始めています。オフィスワークを大きく変える「オフィスIoT」。その最新状況と、その進展により働く人に求められる能力を考えてみました。

オフィスの観葉植物、お薦めの種類と選び方&その効果


「働き方改革」の話題をメディアで見ない日はありません。その働き方改革にグリーン(観葉植物)が効果があるとしたら? いまオフィスにフェイクではない、本物の観葉植物を入れるケースが増えています。一体どうしてなのか。働き方改革とグリーンの関係を解きほぐします。

働き方改革の第一歩、総務部門の業務改善


働き方改革を主導する役割を担うのは、多くの場合、総務・人事部門です。そのための人と時間を生み出すためには、まずは自らの仕事を見直す=「総務の仕事改革」が必要です。端的に言えば既存業務の見直し、業務改善をする必要があるのです。総務が行う業務改善の原則を紹介します。

簡易書留と一般書留の違い、日数や保障などの使い方


「書留」。誰しも聞いたことはあっても、使う機会は限られる人が多いのではないでしょうか? 簡易書留・一般書留等の種類があることを知っていますか? 「これ、書留で出しておいて」と上司に頼まれた時、何をすればいいのでしょうか。料金や出し方、追跡機能など、書留の使い方について解説します。

書留とは?料金や追跡機能などの使い方


「書留」。誰しも聞いたことはあっても、使う機会は限られる人が多いのではないでしょうか? 「これ、書留で出しておいて」と上司に頼まれた時、何をすればいいのでしょうか。料金や出し方、追跡機能など、書留の使い方について解説します。

書留とは?料金や追跡、配達日数を解説


「書留」。誰しも聞いたことはあっても、使う機会は限られる人が多いのではないでしょうか? 簡易書留・一般書留等の種類があることを知っていますか? 「これ、書留で出しておいて」と上司に頼まれた時、何をすればいいのでしょうか。料金や出し方、追跡機能など、書留の使い方について解説します。

評価が上がる!ビジネスでの手土産の選び方


お中元やお歳暮、あるいは挨拶のためや謝罪のため、ビジネスの中で手土産を持って行くケースはまだまだあることでしょう。しかし、手土産の効果を考えずに、どこに持って行くのにも同じ金額の同じ品物を選んではいないでしょうか? それはすごくもったいない!今回は手土産の効果とその選び方を徹底検証してみました。

3C分析を問題解決のフレームワークとして使う


企業経営には、さまざまなフレームワークがありますが、その代表的なものの一つの「3C」があります。マーケティング分野で使われうことの多い「3C]ですが、実は問題解決にも使えます。その「3C」フレームワークの本来的な使い方とはどのようなものなのでしょうか。

株主総会とは?どんなことを決める?


毎年5月から6月頃になるとよく目にする「株主総会」という言葉。普段から株式投資している方には馴染みのある言葉ですが、そうでなければ言葉を知っているくらいで、一体どんなものか分からない方も多いのではないでしょうか? 今回は、そんな方のために、株主総会とはどんなものかを説明します。

上場の真の意味とは?そのメリット・デメリット


日本では、約3,500社の上場会社があり、毎年約100社ほど新規に上場しています。一方で、会社は全国に約300万社ほど。実際に上場している会社はほんの一部です。このことから分かるように、上場とはどんな会社でもできるわけではありません。上場ということは、どのような意味を持つのでしょうか?