カテゴリーアーカイブ: 労務管理

ボーナスの査定基準!もらえる基準や対象と金額決定の仕組み

ボーナスの支給時期が近づいてきました。今年はどれだけ貰えるかなと考えるとウキウキしてきますね。でも、ボーナスは、そもそもどのような性格のものなのでしょうか?またボーナスの金額はどのように決まるのでしょうか?ボーナスに関して、普段皆さんが疑問に思っていることを、まとめて解説します。

ボーナスの査定基準って?貰える金額や貰える人は?

ボーナスの支給時期が近づいてきました。今年はどれだけ貰えるかなと考えるとウキウキしてきますね。でも、ボーナスは、そもそもどのような性格のものなのでしょうか?またボーナスの金額はどのように決まるのでしょうか?ボーナスに関して、普段皆さんが疑問に思っていることを、まとめて解説します。

抵触日とは?派遣で働くときに知っておくべき基本ルール

派遣会社の担当営業さんから「抵触日を迎えるから、派遣先が変わりますね」と言われることがあります。「抵触日」とは何?なぜ、「抵触日」を迎えると今の派遣先で働けないの?長く同じ派遣先で働いてきたのに、今さら「抵触日」と言われるのはなぜ?など、派遣で働くときに知っておくべき「抵触日」の基本ルールを解説します。

残業代が出ない?削減されても適法となる制度とは

残業したはずなのに残業代が支払われていないかも?と思ったら、労働契約書を確認してみましょう。「1日8時間・1週40時間」の原則と異なる特別なルールで残業代の計算がされる場合があります。例外的な残業時間数のカウント方法を解説します。

在宅勤務制度導入時の労務管理はどうすればいい?

情報通信技術の進歩により、ビジネス社会では勤務場所にとらわれない多様な働き方がより一層進んでいます。多様であるがために労務管理には留意が必要。国から公開されたガイドラインを基に適切な導入を図りましょう。

うつで休職…休職期間の給与や退職する時どうなる?

病院で適応障害と診断されたときや、うつ症状があるというとき、1ヶ月や3ヶ月程度の休養をとれば職場に復帰できることが多いです。有給休暇が残っていれば、それを使って会社を休むこともできますが、何も無いと「欠勤」が続くこととなって退職に追い込まれることも。病気になって会社を休まなければいけなくなったときに使える制度や注意すべきこと…

無期雇用転換とは?無期契約社員になるメリット

平成25年の労働契約法の改正により、新たに「無期契約社員」という立場が生まれました。有期契約社員が労働契約が更新されて通算5年を超えると、期間の定めのない「無期契約社員」になれる、というルール(無期転換ルール)によるものです。正社員とも有期契約社員とも違う、いわばその中間の雇用契約形態である「無期契約社員」。正社員と混同しが…

残業命令を拒否できる?残業するときのルール

どうしても予定があるとき、急に指示された残業は断ってもいいの?仕事が残っているから残業しているのに、残業は認めないと言われた!毎日定時に帰ることができればいいのですが、仕事の都合によっては、どうしても残業しなければいけないこともあります。でも、プライベートも大切にしたい!というとき、どこまで残業命令に従わなければならないので…

うつで休職する…知っておくべき会社の制度や公的保険

病院で適応障害と診断されたときや、うつ症状があるというとき、1ヶ月や3ヶ月程度の休養をとれば職場に復帰できることが多いです。有給休暇が残っていれば、それを使って会社を休むこともできますが、何も無いと「欠勤」が続くこととなって退職に追い込まれることも。病気になって会社を休まなければいけなくなったときに使える制度や注意すべきこと…

ボーナスの査定基準!貰える金額や貰える人は?

ボーナスの支給時期が近づいてきました。今年はどれだけ貰えるかなと考えるとウキウキしてきますね。でも、ボーナスは、そもそもどのような性格のものなのでしょうか?またボーナスの金額はどのように決まるのでしょうか?ボーナスに関して、普段皆さんが疑問に思っていることを、まとめて解説します。

契約社員とは?契約社員と正社員の違いとメリット

契約社員と正社員はどう違うの?「契約社員とは何か」の法律的な側面、契約社員として働くときのメリット・デメリット、有給休暇の付与や福利厚生などの条件面について、契約社員と正社員と比較しながら解説します。

マイナンバーを会社へ提出するときに知っておくこと

会社からマイナンバーを提出するよう言われたけど、会社は何に使うの?提出しないと何か罰則がある?提出を拒否してもいいの?など、マイナンバーを提出するときに感じる疑問を解説します。アルバイトの人や副業についてもご説明していきます。

正社員登用制度とは?派遣先から正社員への切り替え

派遣社員として派遣先の会社で働くうち、「うちで社員にならない?」「契約社員からなら採用できるよ」などの声をかけられることがあります。採用してもらうと何がどう変わるのか?声をかけてもらって嬉しい反面、ふと不安に思うことを解説します。

特定支出控除とは?会社員のスーツや交通費は対象か?

確定申告を上手に使って節税する方法を解説しています。資格の勉強をしているサラリーマンや新幹線通勤を自己負担で続けている方は、特定支出控除を使って税金の還付を受けることができるかもしれません。特定支出控除の計算方法や適用される経費について解説します。

無期契約社員とは?転換するメリットとデメリット

平成25年の労働契約法の改正により、新たに「無期契約社員」という立場が生まれました。有期契約社員が労働契約が更新されて通算5年を超えると、期間の定めのない「無期契約社員」になれる、というルール(無期転換ルール)によるものです。正社員とも有期契約社員とも違う、いわばその中間の雇用契約形態である「無期契約社員」。正社員と混同しが…

残業時間と残業代割増、計算の基本ルールを解説

たくさん残業した月の給料日、残業代を楽しみに給与明細を見て、「あれ?残業は割増がつくはずなのに、同じ時給で計算されているのでは?」と疑問に思ったことはありませんか? 残業代はどのような計算式で支払われるのか?割増の割合はどれぐらいなのか?残業に関わる給与計算のしくみやルールを解説します。

契約社員とは?定義と働く際のメリット・デメリット

契約社員と正社員はどう違うの?「契約社員とは何か」の法律的な側面、契約社員として働くときのメリット・デメリット、有給休暇の付与や福利厚生などの条件面について、契約社員と正社員と比較しながら解説します。

どうする?派遣先から正社員への採用の誘い

派遣社員として派遣先の会社で働くうち、「うちで社員にならない?」「契約社員からなら採用できるよ」などの声をかけられることがあります。採用してもらうと何がどう変わるのか?声をかけてもらって嬉しい反面、ふと不安に思うことを解説します。

副業・兼業を解禁する際、就業規則に記載すべきこと

昨今のビジネス社会のキーワードは「働き方改革」。副業・兼業を希望する社員は年々増加傾向にあります。容認する場合には、社内ルールを明確にしておかないとトラブルのもと。労働時間の把握や情報管理の徹底などに留意しつつ、国から公開されたガイドラインを参考に就業規則の改訂をしておきましょう。

失業保険を最短で、多くもらえる退職理由は?

次の仕事が決まっていない状態で会社を辞めるとき、一番の不安がお金です。最後の給与が振り込まれた後は、貯金で生活していくしかありません。お金のことが気にかかってしまうと、とにかく急いで仕事を決めたい!早く給与をもらいたい!と条件もよく確認しないままに決定しがちです。そんなときは、失業保険(失業手当)を活用しましょう。退職理由や…

しっかり理解したい!派遣社員のメリット・デメリット

「派遣だとアルバイトより高い時給で募集されていることが多いけど何が違うの?」 。仕事を探していると、求人票に「派遣」という働き方が示されていることがあります。派遣と正社員、契約社員にはどんな違いがあるのでしょうか?特に女性が選択することの多い派遣という立場、派遣で働くメリットとデメリットを解説します。

50代必見!定年過ぎても会社に残れる人・評価される人

高年齢者雇用安定法によって、60歳以降も希望者は会社で雇用が確保されるようになりました。しかし、「定年以後も居場所ができた」と喜んでいるだけでは済まないようです。60歳以降も正社員として人事評価を受け、現役時代以上に成果を求められる高齢者像が見えてきました。50代の今から、どういうマインドセットで働くべきかを考えます。

職場のセクハラ対策…今こそ知りたい対応ポイント

企業のセクハラ対策は未然の体制づくりが重要。最近では、女性労働者だけでなく、男性労働者に対するセクハラや同性に対するセクハラも多く見られますね。そうした状況下、平成26年7月1日に男女雇用機会均等法施行規則が改正されました。今回の記事で改正点を確認し、早急に社内の実態調査、防止対策を積極的に進めましょう。

会社から「契約更新しない」と言われたときの対応法

契約社員やパート・アルバイト、派遣社員は、3か月や6ヶ月などの期間を決めて雇用される「有期雇用契約」であり、契約が更新されない限り退職せざるを得ないという不安定な立場です。ある日突然「次の更新はありません」と言われた(=「雇い止め」になった)とき、何を確認すればいいのでしょう? 「働き続けたい」と思った時にできることとは? …

知っておきたい有給休暇のルール

「有給休暇(有給)を申請すると部長が嫌そうな顔をする」「有給を取る理由をしつこく聞かれる」など、有給休暇を取りづらい空気が漂っているのが日本の職場です。残業や休日出勤で疲れた体を回復させるためにも、会社と自宅の往復の毎日をリフレッシュするためにも、有給休暇のルールを知って有効に活用しましょう!

無期転換・無期契約社員とは?メリットとデメリット

平成25年の労働契約法の改正により、新たに「無期契約社員」という立場が生まれました。有期契約社員が労働契約が更新されて通算5年を超えると、期間の定めのない「無期契約社員」になれる、というルール(無期転換ルール)によるものです。正社員とも有期契約社員とも違う、いわばその中間の雇用契約形態である「無期契約社員」。正社員と混同しが…

60歳以上必見!無期転換ルールの「特例」とは

「無期転換ルール」(労働契約法)によって、「有期」労働契約が5年を超えて繰り返し更新された場合、労働者の申込みによって「無期」労働契約に転換されます。一方、平成27年4月1日から「有期雇用特別措置法」によりこのルールの「特例措置」が規定されています。 これは定年退職後の継続雇用者について無期転換ツールから除外するという内容で…

50代必見!60歳過ぎても会社に残れる人・評価される人

高年齢者雇用安定法によって、60歳以降も希望者は会社で雇用が確保されるようになりました。しかし、「定年以後も居場所ができた」と喜んでいるだけでは済まないようです。60歳以降も正社員として人事評価を受け、現役時代以上に成果を求められる高齢者像が見えてきました。50代の今から、どういうマインドセットで働くべきかを考えます。

好景気なのに、リストラが生じる理由とは?

景気が回復しても銀行などリストラを行う企業は後を絶ちません。リストラはバブル崩壊後に一気に広がりましたが、なぜこの時期にリストラが行なわれるのでしょうか? このまま景気が拡大してもリストラは続くのでしょうか?その答えはYESです。単なる景気循環ではなく、産業構造の変化が背景にあるからです。