カテゴリーアーカイブ: 定年後~60歳からの「黄金の15年」をどう生きるか

定年後の生き方に迷ったら「子どもの頃の自分」がヒントになる – 定年後~60歳からの「黄金の15年」をどう生きるか

定年退職後に、何をすればいいか、何を張り合いにして生きればいいかがわからない、という人は少なくない。そんな時、「子どもの頃、好きだったこと」や「なりたかったもの」を思い出すと、展望が開けるかもしれない。

定年後を充実させたければ「どのように死にたいか」から逆算する – 定年後~60歳からの「黄金の15年」をどう生きるか

定年退職後、会社や組織、そして家族のために生きてきた日々をいったん終えると、あとはゴールを意識して自分らしく生きることができる毎日となる。自分は、自分の人生の主人公である。当たり前のようだが、現役時にはなかなか持ちえなかった意識を取り戻すチャンスであるともいえるのだ。

定年退職者が居場所と孤独に戸惑うのは日本も米国も同じ – 定年後~60歳からの「黄金の15年」をどう生きるか

「定年後」の生活は、必ずしも事前に思い描いたようには運ばない。試行錯誤をしながらも、最後に戻るところは、「誰かの役に立つこと」、「自らの家族のところの戻ること」。2本の米国映画を題材に、あるべき定年後を考えてみよう。

「一人ぼっち」で過ごす定年退職者の哀愁、午前中の図書館、カフェ、ジム… – 定年後~60歳からの「黄金の15年」をどう生きるか

定年後、人はどこで何をするのか。新たな仕事や、これといって趣味を持たない人は、どうやって時間をやり過ごすのか。フィールドワークを通して、定年退職者が多く集う場所がわかった。そして、そこにいる多くの人がみな「一人ぼっち」だった。

「一人ぼっち」で過ごす定年退職者の哀愁、午前中の図書館、カフェ、ジム… – 定年後~60歳からの「黄金の15年」をどう生きるか

定年後、人はどこで何をするのか。新たな仕事や、これといって趣味を持たない人は、どうやって時間をやり過ごすのか。フィールドワークを通して、定年退職者が多く集う場所がわかった。そして、そこにいる多くの人がみな「一人ぼっち」だった。

定年後も無理なく社会とつながっていられる「3つのパターン」 – 定年後~60歳からの「黄金の15年」をどう生きるか

定年後、自由な時間を楽しめる人は幸せである。多くは、自由な時間を持て余し、やるべき何かを模索し始める。では、どのようなかたちで、社会とつながることができるだろうか。

「定年後」は50歳から始まっている – 定年後~60歳からの「黄金の15年」をどう生きるか

定年になると生活パターンが変わる。会社という、それまでの主たる居場所がなくなるので、家にいる時間が増えるケースも多い。しかし、会社にいたときと同じような振る舞いを家でするのはかなりまずい。家の中の時間と空間は、すでに妻や家族による文化が支配しているからだ。どうすればいいのだろうか。

定年退職後にやってくる切実な「家庭に居場所がない」問題 – 定年後~60歳からの「黄金の15年」をどう生きるか

定年になると生活パターンが変わる。会社という、それまでの主たる居場所がなくなるので、家にいる時間が増えるケースも多い。しかし、会社にいたときと同じような振る舞いを家でするのはかなりまずい。家の中の時間と空間は、すでに妻や家族が支配しているからだ。どうすればいいのだろうか。

60歳過ぎたら「定年する」ではなく「隠居する」を目指せ – 定年後~60歳からの「黄金の15年」をどう生きるか

現役サラリーマンは、自分で自分の生活と人生の時間を簡単にはコントロールできない。しかし、定年になれば話は別だ。自ら裁量を発揮できる定年後は、好きなことに思う存分、取り組める。60歳から、そんなイキイキした時間を謳歌するには、どうすればいいのだろうか。

定年の日を境に起こる「誰も名前を呼んでくれない」 – 定年後~60歳からの「黄金の15年」をどう生きるか

定年退職の直後に感じるのは、「現役時代は、いかに社会と関わりが持てていたか」ということだ。組織から切り離されたときから、人は「名前を呼ばれない」日々を生きることになる。60歳からを「黄金の15年」にするために、このリアリティショックを乗り越える必要がある。

定年退職か雇用延長か「60歳の選択」には準備が欠かせない – 定年後~60歳からの「黄金の15年」をどう生きるか

60歳が定年だとすると、家族の扶養義務からも解放されて、かつ他人の介助も受けずに裁量をもって活動できる75歳位までは案外と長い。それを「黄金の15年」にできるなら人生の後半戦として素晴らしいものになる。では、その15年をどのように生きるか。その時が来てから慌てないために、いつから、どんな備えをすればいいか。