カテゴリーアーカイブ: 専門店・ブランド・消費財

パタゴニア、アークも認めた!東レの「技術」先端繊維を武器にアウトドア分野で存在感 – 専門店・ブランド・消費財

東レのハイテク繊維技術を採用した米パタゴニア社の防寒ジャケット「ナノエア」は、ロッククライマーや登山家から高い支持を受け、異例のヒット商品となった(©Mikey Schaefer)世界的なア…

衣料店が「オールドネイビー」跡地を狙う理由マックハウスは新業態で進出、復活を期す – 専門店・ブランド・消費財

マックハウスの新業態「スーパーストア」。この業態で神奈川県藤沢のオールドネイビー跡地に出店する(写真:マックハウス)日本撤退を決めた米ギャップの低価格帯ブランド「オール…

三陽商会、過去最大の赤字から復活できるかビル売却めぐりトラブル、資産活用にも課題 – 専門店・ブランド・消費財

決算説明会で2017年度の業績見通しを語る岩田功社長(撮影:尾形文繁)「市場環境や顧客の購買行動が十分に把握できず、大きく数字を落とす結果となった」(岩田功社長)2月14日、三陽商?…

大塚家具、過去最悪の赤字で迎える「正念場」路線転換が消費者に「低価格」の印象を与えた – 専門店・ブランド・消費財

東京・有明本社ショールーム。2月10日からリユース店を併設した(記者撮影)「私たちは低価格路線に走ったわけではない。ニトリやイケアと競合しようとしているわけではないんです」…

大塚家具、過去最悪の赤字で迎える「正念場」路線転換が消費者に「低価格」の印象を与えた – 専門店・ブランド・消費財

東京・有明本社ショールーム。2月10日からリユース店を併設した(記者撮影)「私たちは低価格路線に走ったわけではない。ニトリやイケアと競合しようとしているわけではないんです」…

小林製薬はなぜ「4年内製品」にこだわるのかニッチでユニークな製品はこうして生まれる – 専門店・ブランド・消費財

小林製薬が育成中の製品群。ユニークな製品をどう育てているのか(写真:小林製薬)「発売4年以内の製品が2割以上を占める」(小林章浩・小林製薬社長)トイレ用芳香洗浄剤「ブルー?…

ABCマート、「13期連続増収増益」の秘訣は?全社員が週に最低1回、「宝探し」で奮闘する – 専門店・ブランド・消費財

売れ筋の商品に絞って徹底的に売り込む。それがエービーシー・マートの強みだ(撮影:今井康一)靴小売専門店の国内最大手であるエービーシー・マート。国内の店舗数は912店舗(2016年1…

キタムラが「大量閉店」を決めた本当の理由総務省のスマホ販売規制と報じられたが・・・ – 専門店・ブランド・消費財

大量閉店と報道されたカメラのキタムラ。その実態はどうなのだろうか?(記者撮影)1月中旬、ネットニュースの報道を皮切りに、大手新聞メディアも「写真専門チェーン最大手のキタ?…

シチズンの「最薄腕時計」は、なぜウケたのか最大の見本市で、「2.98ミリ」に世界が驚いた – 専門店・ブランド・消費財

ソーラー時計で世界最薄の「エコドライブ・ワン」は厚さ3ミリを切る(写真:シチズン提供)「これでは2016年3月のバーゼルワールドに出せない」――。2015年の秋、シチズン時計の今村和也…

国内ユニクロ、再成長のカギは「物流改革」だECは2ケタ増だが、翌日配送を実現できず – 専門店・ブランド・消費財

ユニクロ銀座店。ヒートテックだけでなく、春の新作も多く取りそろえられている(記者撮影)衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは1月12日、2017年8月期の第1四半期…

高級生地「英ハリスツイード」安値乱売のなぜ大手小売りもルール違反、協会が対策強化へ – 専門店・ブランド・消費財

「Harris Tweed」のブランドロゴを前面に出した商品には不適切な使用も確認されている(撮影:今井康一)「ハリスツイードの靴が1900円だって。バッグもあるわ」──。昨年12月中旬の平日、都…

キャンドゥが「インスタ映え」にこだわる理由おしゃれな投稿写真で、来店客が増加中 – 専門店・ブランド・消費財

100円ショップの雑貨で、デザイン性を追求したおしゃれな商品が増えている。キャンドゥもインスタグラムを活用し、積極的にアピールしている(写真:会社提供)そのアカウントには、?…

ママ向け「能率手帳」がヒットしている理由手帳の売れ行きランキング上位を独占 – 専門店・ブランド・消費財

家族の予定が1冊で管理できる「ママ向け手帳」が売れている(写真:編集部)今、もっとも手帳を活用しているのが誰かご存じだろうか。実は、育児と仕事を兼業する“ワーママ”たちであるら…

バーバリーなき三陽商会、業績不振の深刻度今できる最大の改革が「社長退任」なのか – 専門店・ブランド・消費財

コートに強い三陽商会だが、冬場に偏重する収益構造の見直しを検討する(写真:共同通信)バーバリーを失った三陽商会にとって、苦境を打破するための答えは社長の退任だったのだろうか…

なぜ若者に「健康オタク」が増えているのか?「生活者1万人アンケート」からわかった心理 – 専門店・ブランド・消費財

若者が健康や体に投資するのはなぜでしょうか(写真 :kikuo / PIXTA)「健康のためにおカネを使うのは、ある程度年齢を重ねた人たちだ」従来のマーケティングでは、それが常識とされてい…

ロハコの「主張しない日用品」はこう作られる商品名が「前面に出ないこと」はメリットだ – 専門店・ブランド・消費財

商品名が「前面に出ない」ことで利用頻度が上がり、さらなる購買につながるというさまざまな柄のスプレーボトルに、植物の模様がついた瓶や缶。インテリアショップや輸入雑貨店に並…

急増する「買い物が面倒くさい」人のホンネ「生活者1万人アンケート」でわかったこと – 専門店・ブランド・消費財

今求められるマーケティングの方向性とは?(写真 :xiangtao / PIXTA)多少高くてもよいから、いろいろ探しまわったり比較したりせずに、手に入りやすいものをラクに買いたい――。野村総…

アデランスを追い詰めたかつら市場の”激変”MBOによる上場廃止の裏に「女心の変化」 – 専門店・ブランド・消費財

アデランスの既製品「フォンテーヌ」の店舗。女性用かつら市場で大きな変化が起きている(記者撮影)一度は投資ファンドによる再建を拒んだアデランスが、今度は自ら救済を求めた。…

ユニクロ顔負け、急成長するジーユーの秘訣日本発ファストファッションは化けるのか? – 専門店・ブランド・消費財

国内ユニクロ事業が苦戦する中、好調ジーユーはグループ内で存在感を増している(記者撮影)「売上高1兆円企業になる。ジーユーは普通の会社では終わらない」。10月13日、ファーストリ?…

なぜ呉服屋「さが美」争奪戦は後味が悪いのかファンド争奪”泥仕合”が決着したが・・・ – 専門店・ブランド・消費財

ユニーグループから投資ファンド傘下に入った呉服チェーン、さが美。上場を維持したまま、経営再建に道筋をつけることができるのか(記者撮影)呉服専門チェーン・さが美をめぐる争…