カテゴリーアーカイブ: 社会保険

新任担当者必見!誤解の多い「扶養」の条件

給与計算や社会保険事務を担当する新任の実務担当者が混乱するのが「扶養家族」の条件です。同じ「扶養」でもその定義・条件が社会保険と所得税で違っているからです。まずはどちらの扶養のことなのか、確認しましょう。法改正等も頻繁にありますので、本記事で内容を確認しておきましょう。

【社会保険の加入手続き】従業員採用時にすべきこと

従業員を採用し社会保険に加入させる際には、個々の従業員の労働条件を確認し、手配します。労災保険・雇用保険・健康保険それぞれに違った確認事項があります。的確な手続きを行わないと、将来受給できるはずの給付金が受け取れないなど、不利益な状況が生まれます。社会保険加入手続きで注意すべきポイントをお伝えします。

社会保険に加入義務がある従業員の範囲は?条件とは?

企業が適用を受けている各種社会保険(社保)はそれぞれ加入要件が異なっているため、加入義務のある従業員の範囲も異なります。特に、非正規型従業員の加入については誤解が多いようです。平成28年10月、平成29年1月、平成29年4月の改正により、社会保険の加入対象が大きく広がっています。本記事で、加入者・非加入者の整理をしておきまし…

社会保険に加入義務がある従業員の範囲は?条件とは?

企業が適用を受ける健康保険をはじめとした社会保険(社保)はそれぞれ加入要件が異なり、加入義務のある従業員の範囲も異なります。特に非正規型従業員の加入は誤解が多いようです。平成28年10月、平成29年1月、平成29年4月の改正により、社会保険の加入対象が大きく広がりました。本記事で加入の条件・要件を整理しましょう。

社会保険に加入義務がある従業員の範囲とは?


企業が適用を受けている各種社会保険(社保)はそれぞれ加入要件が異なっているため、加入義務のある従業員の範囲も異なります。特に、非正規型従業員の加入については誤解が多いようです。平成28年10月、平成29年1月、平成29年4月の改正により、社会保険の加入対象が大きく広がっています。本記事で、加入者・非加入者の整理をしておきましょう。

平成29年1月1日~65歳以上も雇用保険の加入対象に!


雇用保険の法改正により、来年(平成29年1月~)から雇用保険が適用拡大されます。従来雇用保険の被保険者として適用除外されていた、65歳以降に新たに雇用される者も、雇用保険の被保険者になります。60歳台後半の従業員を雇用している企業は特に要チェックしておきましょう。