カテゴリーアーカイブ: 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

蓮舫さん、「安倍首相の攻め方」ご教示します日米首脳会談は大成功だが「これからが本番」 – 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

ぐっちーさんの目から見て今回の日米首脳会談は大成功。でも安倍首相の真価が問われるはこれから。(写真:ロイター/アフロ)このお話を書くとまた、東洋経済オンラインの「コメン?…

トランプ大統領の暴走を止める「日本の秘策」「日米新経済協議」の肝は「ババ抜き」にある? – 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

トランプ大統領のゴルフのハンデは「シングル」だともいうが、日本の「ある秘策」が大統領の「暴走」を止められるかに注目だ(写真は2011年当時、ロイター/アフロ)その昔、筆者がワ?…

「トランプ相場」で凡人がしぶとく儲ける方法「騎手」が危険でも米国経済はまだ走っている – 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

トランプ大統領に任せて、米国経済は大丈夫なのか?投資はもうやめたほうがよい?(2007年当時のトランプ氏、写真:Scott R. Galvin/UPI/アフロ)米国経済は「プロレスのような競馬」に巻き…

トランプ政権の「化けの皮」はすぐに剥がれる「バブルを喜ぶ」のではなく「リスク」に備えよ – 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

一流の投資家である、ぐっちーさんから見れば、トランプ政権はあまりに危険すぎる。では、何がリスクなのか(写真:ロイター/アフロ)アメリカでトランプ大統領がいよいよ誕生しま?…

「トランプ占い」は「吉」と出るか「凶」と出るか新大統領の放言に惑わされない米国の見方 – 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

まもなくトランプ大統領の就任式。いつまでも放言に惑わされてはいけない。米国の新しい見方がある(写真:AP/アフロ)このところ筆者は、あいかわらず朝起きるとまずツイッターのア…

偏差値「10」の差を逆転する方法とは何か「差がついてしまった」と諦めるのはまだ早い – 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

会社や大学入試でつけられた偏差値「10」程度の差をどうするか?逆転は可能だ、(写真:kou/PIXTA)偏差値「10」の差は、十分に逆転が可能だあけましておめでとうございます。本年も、?…

電通「過労死」問題は社長辞任で解決できない「過剰労働」の裏にある「深刻な2つの問題」 – 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

電通の石井直社長(中央)は1月の取締役会での辞任を表明。だがぐっちーさんは過剰労働だけが問題の本質ではないと言う(写真:共同通信)年を越しましたが、電通で起きた過剰労働?…

大波乱になる?有馬記念と2017年を予想する「7」がつく年は、100%ヤバイ年になっている – 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

2017年は7のつく年。「7の年」はこのところ100%大変なことが起きている。おなじみ、競馬好きの3人が2016年の有馬記念の予想をしつつ、2017年も考える(写真:日刊スポーツ/アフロ)2016年?…

不動産は今から買うのはやめたほうがいい今のうちに2017年の金利上昇の影響を考える – 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

今から株や不動産を買ってもいいのだろうか(写真:naka/PIXTA)金利上昇の「マイナス効果」をどう評価する?トランプ氏が予想外の当選をしてから、さらに予想外の株高・円安が生じて?…

ぐっちーさんが今の市場は危ないと思う根拠「2017年に4回の利上げ」なんて誰が言った? – 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

トランプ氏はレーガノミクスの申し子。もしかしたら、1987年のブラックマンデーのようなクラッシュが起きない方法さえ考えているのかも(写真:AP/アフロ)なぜプロのエコノミストた?…

トランプ氏のツイッターの読み方を教えようフォロワーは約1700万人、アクセスも簡単 – 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

まずは記事を読みながら、トランプ氏のフォロワーに。トランプ氏のお作法を学べばあなたも一流の米国通(写真:代表撮影/UPI/アフロ)フォロワー1700万人!トランプ氏のツィッターの読?…

トランプは「不動産バブル」を望んでいるぐっちーさんが米国の新経済政策を採点 – 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

トランプ次期米国大統領の経済政策はまとも。アメリカとビジネスをするのは、理にかなっている(写真:AP/アフロ)このコラムを担当しているメンバーの他のお二方(山崎元さん、吉崎…

「トランプ共和党」は2018年までは安定する吉崎氏、予想失敗の米大統領選を「後講釈」 – 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

トランプ次期大統領の閣僚選びも今のところは「まとも」。筆者も「買い」か「売り」かと言われれば「買い」だ(写真:ロイター/アフロ)競馬評論家の井崎さんを真似て?大統領選の?…

勝負には負けたが「広島圧勝」と言える理由「地方再生」では広島が勝っている – 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

日本シリーズは日本ハムの勝利に終わったが、広島は日本ハムが本拠を置く札幌には圧勝だった(写真:共同通信)経営者が多くを学んだ日本シリーズの監督采配この連載の記事はこちら…

「ヒラリー大統領」後のアメリカはどうなるか予想される「3つのシナリオ」を検証してみる – 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

移動の飛行機内でメディアにケーキをふるまう クリントン候補。こうなると「勝ち方」の分析をしたほうがよさそうだ(写真:AP/アフロ)自称「アメリカ大統領選挙オタク」である筆者?…

日本株は「2020年もアベマリオ」で上昇する納得しがたいが、マーケットにはプラス – 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

自民党総裁の任期は「3期9年まで」へ。マーケットは「2020年もアベマリオ」を意識する(撮影:尾形文繁)「2期6年」の意味は何だったのか?与党、自由民主党で、妙な話が進行しつつあ?…

人口が増加すれば、日本経済は復活するのかぐっちーさんが百貨店閉店ラッシュで考えた – 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

閉店が決まった三越・千葉店。千葉市は人口が減っているわけではない。「人口が増えれば、日本経済のすべての問題が解決する」というのは間違っている(撮影:尾形文繁)別に今始ま…

人口が増加すれば、日本経済は復活するのかぐっちーさんが百貨店閉店ラッシュで考えた – 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

閉店が決まった三越・千葉店。千葉市は人口が減っているわけではない。「人口が増えれば、日本経済のすべての問題が解決する」というのは間違っている(撮影:尾形文繁)別に今始ま…

まさかのトランプ大統領誕生を想定してみる「マーフィーの法則」は知っていますよね? – 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

「またトランプは横に女性を…」と見てしまうだろうか。ヒスパニックの女性経営者とメキシカンカフェで語らうトランプ氏。「マーフィーの法則」があてはまる可能性がある(写真:AP/アフロ)今回は…

もし黒田日銀総裁が再任されなかったら金融緩和川柳「日銀の苦労打算が見え隠れ」 – 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

最近の黒田総裁はマスコミにわざと「崩れた顔」の写真を選ばれることが増えた。2013年4月に「一発目のバズーカ」を打ったときは、凛々しい表情だったように見えた(撮影:尾形文繁)?…

日銀の金融政策が「意味不明」すぎるワケぐっちーさんは怒りまくっています – 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

日銀の金融政策はもはや「意味不明」になってきた・・。ぐっちーさんは怒り心頭である(写真:ロイター/アフロ)広島カープ優勝の余韻も冷めやらぬまま、再び登場の時を迎えました?…

米大統領選を攪乱する「健康問題」という爆弾クリントン夫妻の業は何と深いことだろう – 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

大統領選も終盤戦。13日、クリントン元大統領はロスを訪れ妻を応援(写真:AP/アフロ)レイバーデー(9月第1週の月曜日)の祝日を過ぎたら、米大統領選挙はいよいよ終盤戦である。競?…