カテゴリーアーカイブ: 節税対策

確定申告、医療費控除の対象になるものは何?

医療費が年間10万円以上かかると税金が戻ることはご存知の方も多いですが、いざご自身でされるとなると、意外と煩雑な処理となり、申告書の完成までたどり着けない方もいるようです。その理由の1つが、面倒さや医療費控除の対象になるのかどうかの判定の複雑さにあります。何が対象になるのか、すっきり解説します。

年金受給者の方、確定申告で税金を取り戻しましょう!

年金受給者の皆さんのなかでも、忘れがちなのが「寡婦控除」です。対象は、主に「夫に先立たれた妻」の方です。こういった方については、今年の確定申告について、27万円の「寡婦(かふ)控除」が受けることによって税金を取り戻せるかもしれません。ぜひ確認してみてください。

不動産を売却した時の不動産譲渡所得と確定申告

不動産を売却し売却益が生じた場合には、所得税及び住民税が課税されるのをご存知でしょうか?譲渡所得については、株譲渡と同様に、給与所得に係る総合課税とは分離して税額を計算します。今回は一般的な譲渡所得について解説します。

確定申告で所得税還付を受ける15の方法

確定申告義務がないサラリーマンであっても、還付申告をすることによって所得税の還付を受けることができます。昨今は、国税庁のホームページより、源泉徴収票や医療費等を入力するだけで、簡単に所得税申告書を作成することができます。

寄付金控除を使って税金を減らす(ふるさと納税)


税法では寄附行為を奨励する観点から、寄附金に対して税金を一部免除する特例を設けています。昨今では、「ふるさと納税」を賢く利用する人も増えています。寄附をすると、どのような特例があるのか、ご案内します。

寄付金控除を使って税金を減らす(ふるさと納税)


税法では寄附行為を奨励する観点から、寄附金に対して税金を一部免除する特例を設けています。昨今では、「ふるさと納税」を賢く利用する人も増えています。寄附をすると、どのような特例があるのか、ご案内します。

納税者の選択で変わる、確定申告の税金


平成28年分所得税の確定申告が始まりました。確定申告については、納税者の選択で税額が変わることがあります。時には、来年以降も見据えた上で、有利な選択をしていく必要があります。今回は、そんな確定申告のポイントをご紹介したいと思います。

納税者の選択で変わる、確定申告の税金


平成28年分所得税の確定申告が始まりました。確定申告については、納税者の選択で税額が変わることがあります。時には、来年以降も見据えた上で、有利な選択をしていく必要があります。今回は、そんな確定申告のポイントをご紹介したいと思います。

医療費控除は家族分をまとめると得する


医療費控除を受けたいために確定申告をされる方は非常に多いと思われます。せっかく一年間領収書を保管しても、10万円未満で使えないこともありますが、医療費控除が使える可能性が高くなる裏ワザがあるのです。

医療費控除は家族分をまとめると得する

医療費控除を受けたいために確定申告をされる方は非常に多いと思われます。せっかく一年間領収書を保管しても、10万円未満で使えないこともありますが、医療費控除が使える可能性が高くなる裏ワザがあるのです。

副業収入!確定申告で税金還付も

原稿執筆料やホームページ作成料、ネットオークションなど、副業で報酬を受け取った場合。その方の副業総所得が20万円を超えると雑所得として確定申告しなければなりません。税金が還付される場合もあります。

副業収入!確定申告で税金還付も


原稿執筆料やホームページ作成料、ネットオークションなど、副業で報酬を受け取った場合。その方の副業総所得が20万円を超えると雑所得として確定申告しなければなりません。ただし還付の場合も。