カテゴリーアーカイブ: 経営・戦略

日経平均?TOPIX? お金を手堅く増やしたい人は、どのインデックスを選ぶのがベストなのか? – お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計

「節約してるのになかなかお金が貯まらない……」「老後の資金づくり? 何もやれていないんだけど……」「資産運用の情報が多すぎて、何から手をつければいいのか……」そんな家計の悩みをお持ちの人も多いのでは? ずぼらな人でも簡単にできる「家計システムのつくり方」を解説した、ロサンゼルス在住のFP主婦・岩崎淳子氏の最新刊『お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計』より、内容を一部抜粋してお届けする。

経営者と従業員の相反する理想を同時に追求する上手い方法 – シリコンバレーの流儀

最近、ある経済団体で講演したときのことである。最後に質問があった。「安倍首相に提案したいことは何かありますか?」。突然の質問にちゅうちょして、「『働き方改革』は、よく考えてやり直した方がいいのでは?」とコメントした。その瞬間、今まで熱心に聴いてくださっていたエグゼクティブの皆さんの顔色が変わり、会場が静まり返った。

経営者と従業員の相反する理想を同時に追求する上手い方法 – シリコンバレーの流儀

最近、ある経済団体で講演したときのことである。最後に質問があった。「安倍首相に提案したいことは何かありますか?」。突然の質問にちゅうちょして、「『働き方改革』は、よく考えてやり直した方がいいのでは?」とコメントした。その瞬間、今まで熱心に聴いてくださっていたエグゼクティブの皆さんの顔色が変わり、会場が静まり返った。

グーグル、ツイッター等で「日本侵略」を担ってきた 戦略統括者が明かす生存戦略 – 破壊――新旧激突時代を生き抜く生存戦略

自動車、小売、流通、電機、金融、メディア、広告……すべての業界で今、起こり始めている新旧企業の激突。企業から個人まで、「破壊するか、されるか」の時代をどのように生き抜くべきか?

グーグル、ツイッター等で「日本侵略」を担ってきた 戦略統括者が明かす生存戦略 – 破壊――新旧激突時代を生き抜く生存戦略

自動車、小売、流通、電機、金融、メディア、広告……すべての業界で今、起こり始めている新旧企業の激突。企業から個人まで、「破壊するか、されるか」の時代をどのように生き抜くべきか?

みんなに人気のあの貯蓄術、「いまはまだ始めどきじゃない」ってホント? – お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計

「節約してるのになかなかお金が貯まらない……」「老後の資金づくり? 何もやれていないんだけど……」「資産運用の情報が多すぎて、何から手をつければいいのか……」そんな家計の悩みをお持ちの人も多いのでは? ずぼらな人でも簡単にできる「家計システムのつくり方」を解説した、ロサンゼルス在住のFP主婦・岩崎淳子氏の最新刊『お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計』より、内容を一部抜粋してお届けする。

「産業用ばね」を世界最速でつくる地方工場、シェア急拡大の裏側 – 飛び立て、世界へ! 中小企業の海外進出奮闘記

自動車・家電業界にニーズの多い「ばね」は、産業のコメのような存在だ。浜松市の沢根スプリングは、万単位のロットが当たり前の中で、1個単位で加工・販売する小口取引を始めて大成功した。それを可能にした「最速工場」の正体とは。

「経済がヤバい!?」と思っても、お金を貯めたい人は「○○」を読んではいけない – お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計

「節約してるのになかなかお金が貯まらない……」「老後の資金づくり? 何もやれていないんだけど……」「資産運用の情報が多すぎて、何から手をつければいいのか……」そんな家計の悩みをお持ちの人も多いのでは? ずぼらな人でも簡単にできる「家計システムのつくり方」を解説した、ロサンゼルス在住のFP主婦・岩崎淳子氏の最新刊『お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計』より、内容を一部抜粋してお届けする。

社内の「問題児」を「スター人材」に大化けさせる育て方 – シリコンバレーの流儀

産業の「死」」を回避するためにはイノベーションが欠かせない。その鍵となるのが「人」のマネジメントだ。創造力が求められるイノベーションのプロセスは、人の個性が関わる人間くさい営みが中心だ。しかも、イノベーションを起こす人材は、社内で活躍しているエリート社員とは限らないのがややこしいところだ。これまでの全社的な人事の価値観では合わない。「人中心」で経営を組み直すことが重要なのである。

社内の「問題児」を「スター人材」に大化けさせる育て方 – シリコンバレーの流儀

産業の「死」」を回避するためにはイノベーションが欠かせない。その鍵となるのが「人」のマネジメントだ。創造力が求められるイノベーションのプロセスは、人の個性が関わる人間くさい営みが中心だ。しかも、イノベーションを起こす人材は、社内で活躍しているエリート社員とは限らないのがややこしいところだ。これまでの全社的な人事の価値観では合わない。「人中心」で経営を組み直すことが重要なのである。

「なんで」「なんで」と 聞くだけで なぜ、利益がアップするのか? – 数字は人格

なぜ、「数字は人格」で社員が育ち、儲かる会社に変わるのか?全国700社以上を指導し倒産企業ゼロ、5社に1社が過去最高益。自社も日本初の「日本経営品質賞」2度受賞、15年連続増収!「数字は人格」でV字回復した全51社の事例を一挙公開!

過去90年で損はゼロ!ふつうの家計がやるべき最も手堅い「お金の貯め方」 – お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計

「節約してるのになかなかお金が貯まらない……」「老後の資金づくり? 何もやれていないんだけど……」「資産運用の情報が多すぎて、何から手をつければいいのか……」そんな家計の悩みをお持ちの人も多いのでは? ずぼらな人でも簡単にできる「家計システムのつくり方」を解説した、ロサンゼルス在住のFP主婦・岩崎淳子氏の最新刊『お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計』より、内容を一部抜粋してお届けする。

スタンフォードから学んだ日本の底力【孫泰蔵】 – 孫家の教え

最近、米スタンフォード大学でイノベーションを研究しているチームの先生方と会い、とても面白いことを伺いました。いわく、「スタンフォードは、日本がナンバーワンとして輝いていたころ、日本の企業研究をたくさんしていた」というのです。そしてその知識や経験はシリコンバレーに広がっていきました。

バフェットが実証!ふつうの家計は「儲かりそうな投資信託」を嗅ぎ回ってはいけない – お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計

「節約してるのになかなかお金が貯まらない……」「老後の資金づくり? 何もやれていないんだけど……」「資産運用の情報が多すぎて、何から手をつければいいのか……」そんな家計の悩みをお持ちの人も多いのでは? ずぼらな人でも簡単にできる「家計システムのつくり方」を解説した、ロサンゼルス在住のFP主婦・岩崎淳子氏の最新刊『お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計』より、内容を一部抜粋してお届けする。

働く女性の育児を支援する、ブルー・オーシャン戦略 – ブルー・オーシャン・シフト――日本企業事例集

『ブルー・オーシャン・シフト』の刊行にあわせ、日本でブルー・オーシャンを切り開いた企業を、書籍付録の日本ケース執筆を担当したムーギー・キム氏が紹介する本連載。新規市場を創造するという視点が必要なのは、企業だけに留まらない。第3回は認定NPO法人フローレンスの事例を取り上げる。

訪問基準を「売上」から 「○○」に変更したら すごく儲かったワケ – 数字は人格

なぜ、「数字は人格」で社員が育ち、儲かる会社に変わるのか?全国700社以上を指導し倒産企業ゼロ、5社に1社が過去最高益。自社も日本初の「日本経営品質賞」2度受賞、15年連続増収!「数字は人格」でV字回復した全51社の事例を一挙公開!

ふつうの家計が「勝ち組」を狙うと損をするワケとは? 「預金だけじゃダメかも…」と思ったときに知っておきたいこと – お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計

「節約してるのになかなかお金が貯まらない……」「老後の資金づくり? 何もやれていないんだけど……」「資産運用の情報が多すぎて、何から手をつければいいのか……」そんな家計の悩みをお持ちの人も多いのでは? ずぼらな人でも簡単にできる「家計システムのつくり方」を解説した、ロサンゼルス在住のFP主婦・岩崎淳子氏の最新刊『お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計』より、内容を一部抜粋してお届けする。

ライフネット生命「保険料内訳の公開」に他社が追随できない理由 – 山田英夫のビジネスモデル・ラボ

生命保険の常識を覆す戦略で事業を拡大してきたライフネット生命保険。とりわけ、保険料における付加保険料の割合を業界で初めて開示した決断は、大手生保業者に衝撃を与えた。そのビジネスモデルの強さはどこにあるのか。そして、これからの課題とは。

ニュースの価値を変える新時代のメディア – ブルー・オーシャン・シフト――日本企業事例集

血みどろの争いを繰り広げるレッド・オーシャンから、競争のない市場であるブルー・オーシャンへと移行(シフト)した企業は日本にも数多く存在する。『ブルー・オーシャン・シフト』の日本刊行にあわせて、日本企業の事例を紹介する本連載。第1回は、新興経済メディアとして注目を集めるニューズピックスを紹介する。

ニュースの価値を変える新時代のメディア – ブルー・オーシャン・シフト――日本企業事例集

血みどろの争いを繰り広げるレッド・オーシャンから、競争のない市場であるブルー・オーシャンへと移行(シフト)した企業は日本にも数多く存在する。『ブルー・オーシャン・シフト』の日本刊行にあわせて、日本企業の事例を紹介する本連載。第1回は、新興経済メディアとして注目を集めるニューズピックスを紹介する。

ふつうの人が「預金以外」にやっておくべき「いちばん低リスクで、いちばん手堅い投資」とは? – お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計

「節約してるのになかなかお金が貯まらない……」「老後の資金づくり? 何もやれていないんだけど……」「資産運用の情報が多すぎて、何から手をつければいいのか……」そんな家計の悩みをお持ちの人も多いのでは? ずぼらな人でも簡単にできる「家計システムのつくり方」を解説した、ロサンゼルス在住のFP主婦・岩崎淳子氏の最新刊『お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計』より、内容を一部抜粋してお届けする。

ふつうの人が「預金以外」にやっておくべき「いちばん低リスクで、いちばん手堅い投資」とは? – お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計

「節約してるのになかなかお金が貯まらない……」「老後の資金づくり? 何もやれていないんだけど……」「資産運用の情報が多すぎて、何から手をつければいいのか……」そんな家計の悩みをお持ちの人も多いのでは? ずぼらな人でも簡単にできる「家計システムのつくり方」を解説した、ロサンゼルス在住のFP主婦・岩崎淳子氏の最新刊『お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計』より、内容を一部抜粋してお届けする。

デジタル化を推進できる経営者とできない経営者は何が違うか – 平井陽一朗のデジタルイノベーション事始め

日本の大企業は危機的状況にあると、強く感じています。プロジェクトが人事異動、四半期や年次決算・予算の過程で止められる。時間にも結果にもコミットする決裁者や、プロジェクト・オーナーの不在。こうした状況にある限り、いつまで経っても再びグローバルの雄となることはないと考えます。

「たまたま」を生む仕組みをつくりたい【孫泰蔵】 – 孫家の教え

今から約20年前、2000年前後のことだったと思います。兄(孫正義・ソフトバンクグループ社長)のオフィスに、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツさんがいらっしゃいました。2人が兄のゲストハウスへ夕食に行く際、たまたま僕もオフィスにいて、エレベーターの前で2人に偶然、出会ったのです。