カテゴリーアーカイブ: 経営戦略

創業ブランドでさえ捨てる、ドトール・日レスが業態転換を繰り返す理由 – ドトール・日レスホールディングス代表取締役会長 大林豁史

外食産業はオーナーが創業時のブランドを成長させるビジネスモデルが多いが、ドトール・日レスホールディングスの大林会長の場合は違う。時代に合わせてブランドを閉じたり新設したりして、様々な業態の多ブランドを展開することで持続的な成長を堅持している。異色の経営手法を編み出した「大林流」経営論に迫る。

創業ブランドでさえ捨てる、ドトール・日レスが業態転換を繰り返す理由 – ドトール・日レスホールディングス代表取締役会長 大林豁史

外食産業はオーナーが創業時のブランドを成長させるビジネスモデルが多いが、ドトール・日レスホールディングスの大林会長の場合は違う。時代に合わせてブランドを閉じたり新設したりして、様々な業態の多ブランドを展開することで持続的な成長を堅持している。異色の経営手法を編み出した「大林流」経営論に迫る。

伝説の寿司職人が不利な条件の「ハワイ」で成功できた理由 – イノベーション的発想を磨く

伝説の鮨職人・中澤圭二は、日本で最も影響力がある鮨職人の一人だ。中澤の四谷「すし匠」は、米国の料理店ガイドで料理部門トップに輝く名店。だが中澤は50歳直前で店を弟子に譲り、ハワイで「すし匠ワイキキ」を開く。なぜ中澤はハワイに渡ったのか。

模範囚脱走は日本社会の「ハラスメント型マネジメント」の産物だ – 情報戦の裏側

社会の縮図」とも言われる刑務所で起きた模範囚脱走事件。ハラスメントで受刑者に社会のルールを叩き込むという日本の刑務所システムは、日本企業の教育システムにも通じるが、この「ハラスメント型マネジメント」は右肩上がりだった時代の産物で、もはやオワコンである。

ドトール・日レス、飲食46ブランドを束ねる男の「外食人生」のルーツ – ドトール・日レスホールディングス代表取締役会長 大林豁史

「ドトールコーヒーショップ」「エクセルシオール カフェ」「カフェ コロラド」「洋麺屋五右衛門」「卵と私」、そして最近では「星乃珈琲店」などの実に46もの外食ブランドを運営するドトール・日レスホールディングス。この異色の“外食コングロマリット(複合体)”を率いる大林豁史会長は大きな声で快活に笑う“ガハハ”系。印象とは裏腹に、開口一番、「いろいろな経営者がいるが私は慎重で安全運転をする」。起業からドトールコーヒーと日本レストランシステムの経営統合、そして「21世紀に生き残れる外食産業」を語ってもらう。

ドトール・日レス、飲食46ブランドを束ねる男の「外食人生」のルーツ – ドトール・日レスホールディングス代表取締役会長 大林豁史

「ドトールコーヒーショップ」「エクセルシオール カフェ」「カフェ コロラド」「洋麺屋五右衛門」「卵と私」、そして最近では「星乃珈琲店」などの実に46もの外食ブランドを運営するドトール・日レスホールディングス。この異色の“外食コングロマリット(複合体)”を率いる大林豁史会長は大きな声で快活に笑う“ガハハ”系。印象とは裏腹に、開口一番、「いろいろな経営者がいるが私は慎重で安全運転をする」。起業からドトールコーヒーと日本レストランシステムの経営統合、そして「21世紀に生き残れる外食産業」を語ってもらう。

「あいまい・もやもや」な欲求こそが日本企業の最終兵器になる – イノベーション的発想を磨く

近年は、価値観の多様化が進み、異なる需要に応えないと商品が売れない時代だ。だが、個別に対応していくにはコストも手間もかかる。そうしたなか、『「あいまい・もやもや」こそが高収益を生む』を読めば、時代の変化に対応するヒントが得られる。

テレ朝女性記者はどこがイマイチか?正しい「内部告発」の作法 – 情報戦の裏側

セクハラ次官事件や貴乃花親方vs相撲協会、レスリングのパワハラ告発など、内部告発の嵐が吹き荒れている。ムラ社会の膿を出すために、時には劇薬が必要にもなる。ただ、告発するからには、正しいステップを経た方が効果が高い。今回は「正しい内部告発」についてご教示する。

「忖度社員」は企業と経営者に有害でしかない – 小宮一慶の週末経営塾

安倍政権をめぐる一連の報道を通じて、「忖度(そんたく)」という言葉が流行語になりました。「忖度」という行為そのものは必ずしも悪ではないのですが、社長が周囲に「忖度社員」ばかりをはべらせるようになると、会社は悪い方向へ向かいます。

「首相案件」はよくある言い方なのに断罪するマスコミの嘘 – 情報戦の裏側

加計学園問題で、愛媛県の面会記録に「首相案件」と書かれていたことが大騒ぎになっている。しかし、実は「首相案件」という言葉は、政治や行政の世界では正当な理由でよく使われるもので、決して「首相がお友達に便宜を図る」というような、“真っ黒な案件”を指すワードではないのだ。

頭の働きを良くするには、一にも二にも「運動」だ – イノベーション的発想を磨く

アンダース・ハンセン氏は、スウェーデンのカロリンスカ研究所にて医学を、ストックホルム商科大学にて企業経営を修めた。現在は精神科の上級医師として病院に勤務するかたわら、医学や医薬品に関する多数の記事を執筆している。同氏によると前頭葉や頭頂葉といった脳の各領域が互いに連携している脳を、知的能力に優れた「一流の脳」とする。その連携を強化するのが、適度な「運動」なのだという。

全銀協がキャッシュレス推進、QRコード決済で海外を追い抜きたい – 短答直入

現金での決済比率が高い日本は、キャッシュレス化の分野で海外に後れを取っている。この課題を解決する上で、決済インフラの中核を成す銀行はどんな役割を果たすのか。4月に全国銀行協会(全銀協)の会長に就任した、藤原弘治・みずほ銀行頭取に話を聞いた。

若手社員の教育で「甘さ」と「優しさ」を勘違いしてはいけない – 小宮一慶の週末経営塾

この時期は、初めて社会に出る新入社員や新天地で活躍しようと張り切る中途入社の若い社員が各部署に配属されてきます。経営者や管理職は、人手不足の中でようやく採用した若い社員をどう戦力に育てるかに頭を悩ませているのではないでしょうか。

若手社員の教育で「甘さ」と「優しさ」を勘違いしてはいけない – 小宮一慶の週末経営塾

この時期は、初めて社会に出る新入社員や新天地で活躍しようと張り切る中途入社の若い社員が各部署に配属されてきます。経営者や管理職は、人手不足の中でようやく採用した若い社員をどう戦力に育てるかに頭を悩ませているのではないでしょうか。

熱烈なファンをクレーマー扱い、グローバル企業が犯した大失策 – 情報戦の裏側

多くの経営者は「炎上対策」と言えば、火消し能力のことだと考えている。しかし、いわれのないイチャモンで炎上に至るケースは非常に少なく、大抵は企業側にも大きな問題がある。自社の問題と真摯に向き合い、解消する努力をすることこそが、根本的で重要な「炎上対策」である。

1%の利益の魔法 – 中小企業のお金を増やす技術

なぜ、あなたの会社は利益を生み出せないのか? それは、今までの会計の公式が間違っていたから。これまでの会計原則である「売上-経費=利益」に従っていてはダメ。もっと儲かる会社にしたいのなら、「売上-利益=経費」へと頭を切り替えろ―ー。世の経営者たちにそう訴えかけるのが『PROFIT FIRST お金を増やす技術』(マイク・ミカロウィッツ著、近藤 学訳、ダイヤモンド社、3月14日配本)です。著者のマイク・ミカロウィッツは米国人の起業家で、彼自身が破産寸前にまで追い込まれたことがきっかけで、この「プロフィ…

会社のお金を増やすための 4つの核となる原理 – 中小企業のお金を増やす技術

なぜ、あなたの会社は利益を生み出せないのか? それは、今までの会計の公式が間違っていたから。これまでの会計原則である「売上-経費=利益」に従っていてはダメ。もっと儲かる会社にしたいのなら、「売上-利益=経費」へと頭を切り替えろ―ー。世の経営者たちにそう訴えかけるのが『PROFIT FIRST お金を増やす技術』(マイク・ミカロウィッツ著、近藤 学訳、ダイヤモンド社、3月14日配本)です。著者のマイク・ミカロウィッツは米国人の起業家で、彼自身が破産寸前にまで追い込まれたことがきっかけで、この「プロフィ…

ダイソー矢野会長「自分は不運、こんな会社すぐ潰れる」と疑い続けた弱気人生 – 大創産業会長 矢野博丈

東広島市西条に本社を構える大創産業を創業した矢野博丈会長は、バラエティグッズの短剣を携えて取材に登場した。来客には次々といたずらを仕掛け、客も派手にリアクション。従業員を見かければ、絡む、絡む。ふいに取り出したペンライトで照らす先には「ちょっといいですか」の文字が浮く。今月の主筆は、大企業の経営者にはなかなか見られないユニークな逸材に迫る。

なぜ「アマゾンエコー」は成功し、「ファイアフォン」は失敗したのか – イノベーション的発想を磨く

新商品のスマートスピーカー「アマゾンエコー」がヒットしているアマゾンだが、かつて新商品投入で手痛い大失敗を喫したことがある。2014年に発売したスマートフォン「ファイアフォン」だ。アマゾンエコーとファイアフォン。どちらも技術イノベーションを反映する先進的な商品だが、かたや飛ぶように売れ、一方は大赤字の原因となった。この差はいったいどこから生まれたのだろう。

「副業」が企業にもたらすメリット・デメリットとは – なぜ、「戦略総務」か?

日本で進む、働き方改革。政府が進めようとしていた、働き方改革関連8法案は、いろいろな不手際によりまったく先が見えない。しかし、政府が何をしようと、法律がどう変わろうと、厳然たる事実は、日本の生産性が先進国の中で低いということである。

佐川氏の稚拙すぎる答弁から見える「2つの可能性」 – 情報戦の裏側

エリート財務官僚としてキャリアを築いてきた佐川宣寿氏と、補佐人の有名ヤメ検弁護士――官僚答弁とリスクコミュニケーションの真髄を知り尽くしているであろう「チーム佐川」が、証人喚問では驚くような稚拙な物言いをした。その背景には、どんな事情があったのだろうか?

従来の会計原則が、あなたのビジネスを殺す 【後篇】 – 中小企業のお金を増やす技術

なぜ、あなたの会社は利益を生み出せないのか?それは、今までの会計の公式が間違っていたから。これまでの会計原則である「売上-経費=利益」に従っていてはダメ。もっと儲かる会社にしたいのなら、「売上ー利益=経費」へと頭を切り替えろー。世の経営者たちにそう訴えかけるのが『PROFIT FIRST お金を増やす技術』(マイク・ミカロウィッツ著、近藤 学訳、ダイヤモンド社、3月14日配本)です。著者のマイク・ミカロウィッツは米国人の起業家で、彼自身が破産寸前にまで追い込まれたことがきっかけで、この「プロフィット…

従来の会計原則が、あなたのビジネスを殺す 【前篇】 – 中小企業のお金を増やす技術

なぜ、あなたの会社は利益を生み出せないのか? それは、今までの会計の公式が間違っていたから。これまでの会計原則である「売上-経費=利益」に従っていてはダメ。もっと儲かる会社にしたいのなら、「売上-利益=経費」へと頭を切り替えろ―ー。世の経営者たちにそう訴えかけるのが『PROFIT FIRST お金を増やす技術』(マイク・ミカロウィッツ著、近藤 学訳、ダイヤモンド社、3月14日配本)です。著者のマイク・ミカロウィッツは米国人の起業家で、彼自身が破産寸前にまで追い込まれたことがきっかけで、この「プロフィ…

働き方改革を乗り越えられる「収益力の高い会社」の作り方 – 小宮一慶の週末経営塾

働き方改革は働く人の過度な労働をなくし、仕事とプライベートのバランスを図ることにありますが、それは、実は「企業の収益力を高める」ことなしには成り立たないことを理解しておく必要があります。低収益の会社では、残業を減らしたり、職場環境を改善することは難しいからです。それでは、どうすれば高収益を作ることができるのでしょうか。