カテゴリーアーカイブ: 経営×健康

“がん=退職”ではない時代の到来、テルモの「がん就労支援制度」 – 経営×健康

現在、がんに罹患した人の就業継続の問題がクローズアップされている。がん罹患者は年々増加しており、2012年にがんと診断された人のうちの3分の1は20歳から64歳の労働生産年齢層。その多くの人が仕事を続けていきたいと望んでいる。企業にとって、そうした従業員をいかにサポートするかは大きな経営課題だ。2017年1月に「がん就労支援制度」を制定し、治療と就労の両立をサポートしているテルモに話を聞いた。

働き方改革・生産性向上に直結する「健康経営」とは何か – 経営×健康

日本企業の喫緊の課題として働き方改革への取り組みがさまざまな形で進められている。なかでも、「健康経営」は働き方改革のベースともなる経営戦略だとして、経済産業省もその推進に力を入れている。ここで言う「健康経営」とは、従業員の健康管理といった側面だけではなく、企業成長につながる、経営視点で行うべきものであるという。まさに“国を挙げて”取り組みが始まった「健康経営」とは何か。