カテゴリーアーカイブ: 財務省解体の危機

疑惑のデパート財務省が「歳入庁」創設で狙う権力奪還 – 財務省解体の危機

疑惑が次から次に浮上し、一敗地に塗れた財務省。そこに、かつての「最強官庁」の姿は見る影もなくなった。20年前に起きた大蔵省接待事件が引き合いに出され、「財務省分割案」まで出始めている。果たして財務省は復活することができるのだろうか。

財務省没落の道程、官邸から実権を奪われ経産省の後塵を拝するまで – 財務省解体の危機

財務省にとってのピークは「花の54年組」が栄華を極めた香川俊介元次官がいた時代までかもしれない。それ以降、経済産業省に“実権”を奪われ凋落の道をたどったからだ。DOL「財務省解体の危機」第3回は、その経緯を振り返るとともに、背景を探る。

福田財務次官のセクハラ疑惑で混迷極める財務省の行く末 – 財務省解体の危機

森友学園をめぐる公文書の改ざん問題で揺れる財務省で、また新たな火種が飛び出した。福田淳一現財務次官による、女性記者へのセクハラ問題が週刊誌で報じられたからだ。次から次に問題が発覚する財務省の行く末はどうなるのだろうか。

接待汚職事件から権力奪還にひた走った「沈黙の軍隊」財務省 – 財務省解体の危機

森友学園をめぐる公文書の改ざん問題で揺れる財務省。自らの責任を認めたことで、幹部の一掃は不可避となり、解体の危機にひんしている。そこでまず、財務省とはどのような組織だったのか、歴史を振り返りながら論じていく。