カテゴリーアーカイブ: CAR and DRIVER 注目カー・ファイル

新型スズキ・クロスビー、可愛い女の子を連想する「キビキビ走り」 – CAR and DRIVER 注目カー・ファイル

2017年東京モーターショー公開。新しい1リットル・SUV、クロスビーは人気のKカー、ハスラーとイメージがダブル。しかしクロスビーのスタイリングは、どこかに[cute]の匂いがする。若い女性のキビキビした上品で愛くるしい雰囲気である。で、ターゲットユーザーはハスラーの卒業生か。安全装備充実、話題モデルがデビューした。

新型スズキ・クロスビー、可愛い女の子を連想する「キビキビ走り」 – CAR and DRIVER 注目カー・ファイル

2017年東京モーターショー公開。新しい1リットル・SUV、クロスビーは人気のKカー、ハスラーとイメージがダブル。しかしクロスビーのスタイリングは、どこかに[cute]の匂いがする。若い女性のキビキビした上品で愛くるしい雰囲気である。で、ターゲットユーザーはハスラーの卒業生か。安全装備充実、話題モデルがデビューした。

ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ、気分はもう「街中のサーキット」【試乗記】 – CAR and DRIVER 注目カー・ファイル

薫風かおるボディカラー。ペルフォルマンテはウラカンの最高性能バージョンである。可変エアロシステム(ALA)と徹底した軽量化で走りを追求した。自然吸気5.2リットル・V10は640ps、最高速度は疾風の325km/hを誇る。そう――、舞台はサーキットか。

アウディR8 スパイダーV10・5.2FSIクワトロ、軽量で強烈な走りは芸術品【試乗記】 – CAR and DRIVER 注目カー・ファイル

走る“総合工業芸術品”とでもいうべきか。スーパースポーツは最先端イノベーションの結晶である。アウディR8に軽量設計ソフトトップ仕様のスパイダーが誕生した。いわゆる太陽標準装備である。最高出力540ps。走りは強烈だ。

「新型レクサス」LS 500h・Fスポーツ、世界と競うプレミアムモデルの真価【試乗記】 – CAR and DRIVER 注目カー・ファイル

フラッグシップサルーンはメーカーの技術力とブランドイメージの象徴である。レクサスLSがモデルチェンジした。5thモデルの登場である。スタイリングは流麗なクーペのようなイメージで、フォーマルにもパーソナルにも……。[値千金]その価値は高い。ラインアップはハイブリッド仕様500hと、新開発3.5リットル・V6ターボ(422ps)を積む500の2シリーズで構成する。

トヨタ絶好調3車の一角・エスクァイア ハイブリッドGi プレミアムパッケージの充実度【試乗記】 – CAR and DRIVER 注目カー・ファイル

トヨタ・ヴォクシー+ノア+エスクァイア連合軍の販売は好調だ。この人気3兄弟は7月のマイナーチェンジで、3台ともにフロントグリルとリアランプのデザインを変更。装備類の充実とショックアブソーバーなどメカの改良が行われた。

三菱の新型SUV「エクリプス クロス」に緊急試乗、知られざる性能は? – CAR and DRIVER 注目カー・ファイル

2017東京モーターショー公開。三菱の新世界戦略SUV・エクリプスクロスは、スタイリッシュクーペの雰囲気とパジェロ譲りのタフな性能、そしてランサー・エボリューションのハンドリング技術など、メーカーの得意なテクノロジーをこのモデルに集約してデビュー。日本発売は2018年3月。ヒットの予感がする。

スズキ新型スイフト・スポーツ、意のままに「走り」を堪能せよ – CAR and DRIVER 注目カー・ファイル

スタイリングは[走り屋]のイメージである。スズキの3rdスイフト・スポーツは、1トン未満のボディに、新開発1.4リットル直噴ターボ(140ps/23.4kg・m)を搭載したFFホットハッチ。パワーウエイトレシオはクラストップの6.93kg/ps(MT)。ミッションは6MTと6AT。足回りは、前後トレッドをワイドにした専用設計である。

フェラーリ 488GTB、名車に新たな歴史を刻む「官能ターボ」 – CAR and DRIVER 注目カー・ファイル

名車、名ブランドは大樹のように力強く年輪を重ねていく。新しい488はフェラーリを象徴するミッドシップスポーツである。新ユニットは3.9リットル・V8ツインターボ。最高出力は670psをマーク。周囲の熱い視線を集める主力モデルである。

ホンダ新型N-BOX、「軽の王者」は果てしなく人と生活にやさしい – CAR and DRIVER 注目カー・ファイル

ベストセラーKカー、ホンダN-BOXが2017年12月21日にモデルチェンジした。2ndモデルは、「人に寄り添い、毎日を豊かに変える」という「N for LIFE」をコンセプトに開発された。内外装をはじめ、エンジンとプラットホームを一新し、全車に安全装備ホンダセンシングが標準化になるなど装備品が充実した。

マツダ・ロードスター試乗、人とクルマが一体になれる「感無量」の乗り心地 – CAR and DRIVER 注目カー・ファイル

マツダ・ロードスターは、世界的に見てもオープンスポーツカーの代表格といえる。現行型は、トラディショナルなソフトトップだけでなく、クーペのようなフォルムを持つリトラクタブルハードトップのRFも設定されている。