カテゴリーアーカイブ: DHBR

問題解決力に秀でたチームは 2つの特質を持っている – DHBR

創造性にあふれるチームとそうではないチームは、何が違うのか。これまで多くの研究者がその答えを探ってきたが、筆者らがシニアエグゼクティブ150人に実施した調査によると、そこには決定的と言える要因が2つあることが判明した。

カテゴリー:DHBR

職場の孤独と「#MeToo」 米国の警告と対策を活かしたい – DHBR

最新号は、米国で話題を集める論文を掲載しています。まず、多くの有力メディアで引用された米国連邦政府公衆衛生局の元長官のビベック・マーシー氏の論文『「職場の孤独」という伝染病』を中心に「職場の孤独」の特集を組みました。また、発表直後から筆者へのインタビューや関連記事が続出の論文「『#MeToo』運動を機にセクハラ文化は終わるのか」を巻頭で掲載しています。問題が顕在化すると、対策を取るのが早い米国社会のダイナミズムを感じます。

カテゴリー:DHBR

職場の孤独と「#MeToo」 米国の警告と対策を活かしたい – DHBR

最新号は、米国で話題を集める論文を掲載しています。まず、多くの有力メディアで引用された米国連邦政府公衆衛生局の元長官のビベック・マーシー氏の論文『「職場の孤独」という伝染病』を中心に「職場の孤独」の特集を組みました。また、発表直後から筆者へのインタビューや関連記事が続出の論文「『#MeToo』運動を機にセクハラ文化は終わるのか」を巻頭で掲載しています。問題が顕在化すると、対策を取るのが早い米国社会のダイナミズムを感じます。

カテゴリー:DHBR

新しい職場で注意を払うべき、 企業文化の5つの側面 – DHBR

転職や異動で新たな職場に移るとき、そこの組織文化をいかに的確に理解するかが成功を左右する。それを軽視したがゆえに、有能な人材が本来の力を発揮できないケースはよく見られる。本記事では、文化という暗黙知を適切に見極めるうえでカギとなる、5つの必須要素が示される。

カテゴリー:DHBR

ドラッカーの言うMBOを今度こそ実現できるか? ――書評『OKR シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法』 – DHBR

ハーバード・ビジネス・レビュー編集部がおすすめの経営書を紹介する連載。第77回は目標達成について具体的方法に掘り下げた、クリスティーナ・ウォドキー著『OKR シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法』を紹介する。

カテゴリー:DHBR

人は生まれながらにつながり、孤独でもある – DHBR

いま、孤独が個人や組織にもたらす弊害が注目を浴び、孤独をどう解決すべきかの議論が盛んである。だが、孤独から逃げるために表面的なつながりを求めるのは、他人を利用する行為であり、それは孤独感を増す要因にしかならない。そうではなく、まず、人は生まれながらにしてつながっており、同時に孤独でもあるという事実と対峙することが始まりだと、曹洞宗の僧侶である藤田一照氏は言う。本稿では、仏教の視点、またグーグルやフェイスブックなど米国の先進企業で坐禅を指導してきた藤田氏の豊富な経験をもとに、孤独との向き合い方が語られ…

カテゴリー:DHBR

ワーカホリックと長時間労働はどう違い、 あなたの健康にどんな影響をもたらすのか – DHBR

働きすぎは身体に悪いとよく言われるが、実際のところ、具体的に何が健康を害するのかはよくわかっていない。同じように週に60時間、70時間働いている人の中にも、活きいきとしている人もいれば、くたびれて倒れる寸前の人もいる。筆者らが長時間労働とワーカホリックの違いを調査したところ、単に労働時間だけではなく、より心理的な側面が健康に影響を与えることが判明した。

カテゴリー:DHBR

アテンション・マネジメント: 自分の人生をコントロールする方法 – DHBR

ウィリアム・ジェームスが「経験とは、自分が意識的に注意を向けようと決める事柄である」と言ったように、何に注意を向けるべきかで、あなたの人生が決まると言っても過言ではない。だが現実には、メールの返信や無駄な会議にばかり時間を取られ、真に注意を払うべきことをないがしろにし、不毛な経験ばかりが積み重なってはいないだろうか。本記事では、アテンション・マネジメントがなぜ重要かを論じたうえで、それを実践する方法を示す。

カテゴリー:DHBR

4月の〈e-pub電子版〉論文販売 リリースタイトルのお知らせ – DHBR

HBR論文や、日本版オリジナル論文など、話題を呼んだタイトルの電子版を毎週木曜日にリリースしています(kindle、kobo、GALAPAGOS STORE、Reader Store、紀伊國屋書店Kinoppy、honto、セブンネットショッピング、Google Playブックスなど)。4月の新着タイトルは以下のとおりです。

カテゴリー:DHBR

怒りを爆発させた上司ほど、 罪悪感から優しく振る舞う – DHBR

部下に侮辱的な振る舞いをした上司は、その後、罪悪感の「償い行為」として支援的な態度を見せる傾向がある。筆者らの研究によって、そんな興味深い結果が示された。上司に侮辱された時、感情に任せて退職や報復に踏み切る前に、それを利用するほうが得策かもしれない。

カテゴリー:DHBR

スマホが近くにあるだけで、 あなたの思考力は低下する – DHBR

ほとんどの人にとって、スマートフォンのない生活など考えられないのではないか。電話やメールはもちろん、調べ物やショッピングまで、ボタン1つで何でもできる万能な機器である。ただ、スマホはとても便利な一方で、そのデメリットが指摘されることも多い。筆者らの調査によると、ただそばに置くだけで認知能力を低下させるという、興味深い結果が示された。

カテゴリー:DHBR

誰にも邪魔されない「不可侵の日」を 週に1日は設けるべき理由 – DHBR

高度の創造性と集中力が必要な仕事において、どうすれば良質なアウトプットを増やせるのか。米国のベストセラー作家ニール・パスリチャが勧めるのは、何事にも邪魔されない「不可侵の日」を毎週設けることだ。いっさいの予定を入れず、携帯電話やノートPCのWi-Fiもすべてオフにする日をつくることで、仕事の生産性が劇的に上がるという。

カテゴリー:DHBR

組織をじわじわと蝕む 「不在のリーダーシップ」の有害さ – DHBR

無能なリーダーの条件を尋ねられたとき、どんなイメージがわくだろうか。高圧的な態度をとる、事細かに管理するなど、さまざまだろう。だが、そこで見落とされがちなタイプがある。それは、チームに精神的にコミットしていない「不在のリーダーシップ」を実行するマネジャーだ。このタイプは組織で目立たず放置され続けるという点で、欠陥が明白なマネジャーよりもやっかいだと筆者は言う。

カテゴリー:DHBR

組織をじわじわと蝕む 「不在のリーダーシップ」の有害さ – DHBR

無能なリーダーの条件を尋ねられたとき、どんなイメージがわくだろうか。高圧的な態度をとる、事細かに管理するなど、さまざまだろう。だが、そこで見落とされがちなタイプがある。それは、チームに精神的にコミットしていない「不在のリーダーシップ」を実行するマネジャーだ。このタイプは組織で目立たず放置され続けるという点で、欠陥が明白なマネジャーよりもやっかいだと筆者は言う。

カテゴリー:DHBR

もっと誠実な自分に変わる方法 – DHBR

あなたはふだん、約束した期日を守れなかったり、仕事で大切なポイントを見落としたりという失敗を繰り返していないだろうか。そこにさまざまな事情があるにせよ、あなたは誠実な人間だという評価を得られない限り、キャリアを切り拓くことは難しい。幸いなことに、誠実さは生まれつきの素養ではなく、訓練で強化することができる。本記事では、そのための方法が示される。

カテゴリー:DHBR

既存の組織は「ティール」の思想で変わるのか – DHBR

『ティール組織』が日本企業にとってどのような示唆があるか。日本における第一人者の嘉村賢州氏、戦略デザイナーの佐宗邦威氏、早稲田大学ビジネススクールの入山章栄氏による鼎談後編。前編では、ティール組織の特徴である「3つの突破口(ブレイクスルー)」を紹介した。後編では、実践者の視点から、「ティール組織」に至る道を探究する。(撮影:和田剛、構成:山下智也、場所:SmartNews)※3/8開催の出版記念イベントの内容を再構成しています。

カテゴリー:DHBR

著者入山章栄氏らが語り尽くす! 3年8ヵ月、DHBR人気連載の舞台裏 – DHBR

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューで好評連載中の「世界標準の経営理論」。3年8ヵ月、計44回にわたる連載が、4月10日発売号でついに最終回を迎えた。連載はいかにして始まったのか、そして連載関係者らの裏話まで。著者の入山章栄氏、連載開始時の編集長岩佐文夫氏、連載を支えてきた永山晋氏の3名で、その裏側を語り尽くす。

カテゴリー:DHBR

混み合った場所にいると 将来について考えるようになる – DHBR

人口密度と、そこに住む人々の生き方には相関がある。たとえば、人口密度の高い国では、乱婚が少なく、出生率が低く、幼稚園の入園率が高く、目の前の問題の解決よりも将来への計画づくりが社会的に重視されているという。そんな興味深い研究結果が示された。

カテゴリー:DHBR

女性がパーソナル・ブランドを築き、 強化するための3つの方法 – DHBR

自分の実力を、仕事の実績のみで周囲に伝えようとしても伝わらない。自分に関する評判を戦略的に築く、すなわち「自己のブランディング」を日頃から実践しておく必要がある。本記事では、そのための3つのステップを、パーソナル・ブランディングの専門家が概説する。

カテゴリー:DHBR

女性がパーソナル・ブランドを築き、 強化するための3つの方法 – DHBR

自分の実力を、仕事の実績のみで周囲に伝えようとしても伝わらない。自分に関する評判を戦略的に築く、すなわち「自己のブランディング」を日頃から実践しておく必要がある。本記事では、そのための3つのステップを、パーソナル・ブランディングの専門家が概説する。

カテゴリー:DHBR

会社や組織はどうすれば 適切に変えられるか – DHBR

新年度、昇進したり人事異動になったりして、自分の属する組織の課題を痛感する機会やその解決に悩む人が増えているのではないでしょうか。あるいは長年にわたる制度疲労で、いよいよ自ら主導して変革する必要があるという事態になることもあるでしょう。今月号では、「会社はどうすれば変われるのか」というテーマで特集を組みました。

カテゴリー:DHBR

「これからの組織」を探究しよう – DHBR

2018年1月に発売後、各方面で話題を集めた『ティール組織』。組織のあり方について新たな考え方を提示する本書は、日本企業にとってどのような示唆があるのか。日本における第一人者の嘉村賢州氏、イノベーション・コンサルタントの佐宗邦威氏、早稲田大学ビジネススクールの入山章栄氏が、次世代組織モデルの可能性を語り合った。その様子を2回に渡ってお届けする(撮影:和田剛、構成:山下智也、場所:SmartNews)※3/8開催の出版記念イベントの内容を再構成しています。

カテゴリー:DHBR

誰を昇進させるべきかの決定を アルゴリズムに任せるべきなのか – DHBR

マネジャーにとって、人事に関する決定はいつも難しいものになる。では、その決定をアルゴリズムによって下せるとしたらどうか。個人的な感情を排して、より客観的な評価を下せるようになるのか。それとも、マネジャーに必要な資質を見落とすことになるのか(本記事では、HBRのケーススタディをご紹介します。ご一読いただき、最終行の「問題」を議論いただければ幸いです)。

カテゴリー:DHBR

日本企業はなぜ変われないのか – DHBR

経済環境の変化が激しくなっている今日、伝統的な企業変革理論は、その実行では時機を逸したり効果が十分でなかったりと、限界が顕著になっている。また、日本の組織風土に根差した桎梏もある。筆者はコンサルタントとして、そうした課題に何度も直面し、克服してきた経験を通して、日本企業に適した変革方法を確立した。前半でその手順を解説した後、後半で組織文化や個人の意思との関係を論じる。

カテゴリー:DHBR

ウォルマートはなぜ、 有給の育児休暇制度を導入したのか – DHBR

全米150万人の従業員を抱えるウォルマートは、ほとんどの米民間企業よりも充実した、有給育児休暇の付与を決断した。国家として有給の育休制度を義務化していない米国で、この動きはきわめて大きな意味を持つ。その背景には何があったのだろうか。

カテゴリー:DHBR

ストレスに負けないために レジリエンスを高める4つの方法 – DHBR

現代人は、日々、さまざまなストレスと戦っている。その際、自分の外に解決策を見出すことが多いが、その前に、自分自身を見つめ直し、レジリエンスを高めることが重要だと筆者はいう。本記事では、そのためにすぐに始められる4つの方法が示される。

カテゴリー:DHBR

赤の他人に自宅を使わせる Airbnbは、なぜ成立するのか ――書評『競争と協調のレッスン』 – DHBR

ハーバード・ビジネス・レビュー編集部がおすすめの経営書を紹介する連載。第75回はコロンビア大学ビジネススクール教授のアダム・ガリンスキーとペンシルベニア大学ウォートン校教授のモーリス・シュヴァイツァーの共著『競争と協調のレッスン』を紹介する。

カテゴリー:DHBR