カテゴリーアーカイブ: six-entertainment

教授動静【第3回】坂本龍一 3月は、フランス、東京、長崎、と怒涛の展開 – six-entertainment

月の坂本龍一の動静はまさに怒濤。2月のベルリン国際映画祭審査員のためのドイツ滞在からフランスへ。この3月初旬のフランスでミニ・ツアーを敢行した。メス、パリ、ナントの3都市で計6回のコンサートを行なったのだが、それが終わると今度は即座の日本への移動。

「アンダーズ 東京」の新たなる挑戦 ラグジュアリーの新しい価値観 – six-entertainment

ラグジュアリー ライフスタイルホテルを標榜する「アンダーズ 東京」が、面白い試みを始めている。「アンダーズ 東京」は700以上のホテルを運営するハイアット・グループの中で、これまでの価値観とは全く違う世界観を持ったユニークなホテルだ。

バンコク最大級のタワーホテルは イノベーティブなエスプリを刺激する – six-entertainment

バンコクでもっともヒップなレストランやバー、ナイトクラブが集まることで知られるスクンビット。名だたるハイエンド・ホテルがすでに軒を連ねる地区だが、昨年末よりスイートを含め総部屋数1388室もの巨大ホテルがオープンした。

コンセプチュアル レストラン「OUT」 7月、渋谷にオープン! – six-entertainment

この7月、まったく新しいスタイルのコンセプチュアル レストランが誕生する。その「OUT」と呼ばれるレストランのコンセプトは「 One dish. One wine. One artist.」。この3つの要素にこだわり抜き、完璧に100%キュレーションされた素材・要素で創られた世界を供する。

最高の丼を召し上がれ – six-entertainment

短時間にサッと食べることが出来て、バリエーションも豊富。ビジネスマンをはじめまさに老若男女に愛されてきた丼。そんな丼が最近、ますます進化している。老舗から有名料理人が手掛ける店まで、個性が光る、今注目の丼を紹介しよう。

最高の丼を召し上がれ – six-entertainment

短時間にサッと食べることが出来て、バリエーションも豊富。ビジネスマンをはじめまさに老若男女に愛されてきた丼。そんな丼が最近、ますます進化している。老舗から有名料理人が手掛ける店まで、個性が光る、今注目の丼を紹介しよう。

ゴルフをどう楽しむのか? 意識の違いでゴルフの楽しみ方は変わる – six-entertainment

小誌がゴルフページをはじめるに当たって迷っているときに、深堀プロに話をうかがえる幸運に恵まれた。誠実な人柄、かつ、理論派という評判の深堀プロに、レッスンのこと、クラブのこと、そして、ご自身の活動について話を訊いた。

坂本龍一|設置音楽展 – six-entertainment

坂本龍一の8年ぶりとなるニューアルバム『async』の発表に合わせて、3人のコラボレーターと坂本龍一が設置音楽の空間を制作、青山のワタリウム美術館で公開されている。坂本龍一の「良質な環境で音楽に向き合ってもらえたら」という思いからこのプロジェクトはスタートした。

沖縄をよりラグジュアリーに愉しむために! ~ザ・リッツ・カールトン沖縄の “マセラティ ルーム” – six-entertainment

沖縄でイタリアの高級スポーツカー、マセラティと高級ホテル、ザ・リッツ・カールトン沖縄のコラボレーションが実現した。「ザ・リッツ・カールトン沖縄 マセラティ・エクスペリエンス」が期間限定で展開されている。

今夏開業のスマート・ラグジュアリーホテル「コンラッド大阪」宿泊予約&いち早く予約・相談のウエディング・サロンをオープン – six-entertainment

コンラッド大阪は、この夏に予定されているホテルの開業に先立ち、2月14日のバレンタインデーの正午に「コンラッド大阪ウエディングサロン」をオープンした。婚礼予約および挙式内容や演出などの相談受付を開始している。

人気女優が勢揃いして話題の ピレリ・カレンダー2017が発表された – six-entertainment

ピレリ・カレンダーは高名な写真家が女性を主題に撮ることで知られている。第44回目になる2017年版はピーター・リンドバーグ(独)が「ヌード以上のヌードを撮る」と宣言して、ニコル・キッドマンやペネロペ・クルスを撮ったカレンダーが話題になっている。

「Six」編集部がお薦めする 世界のラグジュアリーホテル – six-entertainment

大事なパートナーとともに自分にすてきな旅を贈りませんか。
旅はいろいろな意味で人生をゆたかにしてくれます。
いま富裕層むけのデスティネーションは拡大傾向にあり、ほっとする旅から息を呑むようなダイナミックなものまで多種多様。
そうした旅のメインディッシュとも言うべきラグジュアリーホテルを、「Six」編集部が厳選してお届けします。