カテゴリーアーカイブ: six-fashion

スーツを自分好みにアレンジ ポール・スミス コレクションの「インディビジュアルオーダー」 – six-fashion

遊び心のきいたデザインが人気の英国ブランド「ポール・スミス (Paul Smith)」。中でも最高級ラインの「ポール・スミス コレクション」では、オーダースーツの魅力を伝えるために、パターンオーダーができる「インディビジュアルオーダー」を行っている。

3つの「C」が革新とビジネスを生み出す サステナブルを追求する「ケリング」グループの提言 – six-fashion

世界に名高いラグジュアリーグループ「ケリング(Kering)」は、コーポレートナイツ社の2018年版 「Global 100」において、「世界で最もサステナブルなテキスタイル、アパレルおよびラグジュアリー企業」に3年連続で認定された。同社は今後10年の戦略として、”Care(配慮)”“Collaborate(協業)”“Create(創造)”をテーマに掲げている。

ABOUT LOUNGE WEAR インタビュー with 高橋幸宏 – six-fashion

音楽とファッション。高橋幸宏さんはその双方のビジネスにおいて成功を手にし、そして、いまもなお前進をつづける稀有なひとである。大学生にしてスタジオミュージシャンでありファッションデザイナー。ヒト・コト・モノとの出会いのなかで自身のスタイルを構築してきた。出会いの服──ラウンジウェアについて話を訊いた。

ラウンジウェア=男達の社交場というイメージでした – six-fashion

音楽とファッション。高橋幸宏さんはその双方のビジネスにおいて成功を手にし、そして、いまもなお前進をつづける稀有なひとである。大学生にしてスタジオミュージシャンでありファッションデザイナー。ヒト・コト・モノとの出会いのなかで自身のスタイルを構築してきた。出会いの服──ラウンジウェアについて話を訊いた。

2017秋冬ファッション特集 Back to Basic 『男のお洒落道 虎の巻』著者が ビジネススタイルの再考を指南 ベーシックを見直そう – six-fashion

ファッションのクラシック回帰への潮流が勢いを増し、ビジネスカジュアルは影を潜め、タイを結んだベーシックなスーツスタイルが見直されている。では、ベーシックとは?ビジネスエリートのたしなみとしてあらためて心得ておきたいスーツの選び方とその着こなしを、『男のお洒落道 虎の巻』を著したファッションディレクター青柳光則氏に指南していただいた。

キートン、東京と大阪で2つのイベント – six-fashion

イタリア、ナポリの名門サルトリア「キートン」を日本で展開するリデア カンパニーが、ライフスタイル提案の1つとしてイベントを開催している。これはショッピングを楽しむような感覚で、もっとカジュアルに上質な音楽に触れて欲しいという同社の想いで始まったもの。

エルメネジルド ゼニア 2018年春夏クチュール コレクション – six-fashion

エルメネジルド ゼニア クチュールの2018年春夏コレクションは、アーティスティック ディレクター、アレッサンドロ・サルトリにとって、初のサマーコレクションとなる。場所はサルトリ自身が若い頃に多くの時間を過ごしたという、ミラノ大学の中庭で行われた。

TRAVER、メイド・イン・ジャパン 美しさと堅牢さの追求 – six-fashion

製造全ての工程を日本国内で行うことを念頭に開発されたTRAVER(トレヴァー)。素材を厳選することから始まり縫製まで日本の職人たちと共に試行錯誤を重ねて作り上げた製品は、一目見ただけでその作りの良さ、丁寧な仕事が理解できる。世界に誇ることのできるメイド・イン・ジャパンだ。

マイケル・コース 父の日ギフト 2017 – six-fashion

マイケル・コースのメンズ・コレクションから、「父の日ギフト」に最適なアイテムが用意されている。厳選されたラインナップはウェアに限らず、ブリーフケースや革小物、アイウェア、スマートウォッチに至るまで、幅広い商品で構成されている。

フォレ・ル・パージュ GINZA SIXにも ポップアップストアをオープン – six-fashion

銃器、刀剣などの武器製造からその歴史が始まる、ユニークなメゾン、フォレ・ル・パージュが、期間限定でオープンして間もない銀座の新名所、GINZA SIXでポップアップ・ストアを展開する。現在のモダンなラインの中にも、その歴史が感じられるコレクションとなっている。

ベルルッティ、ニューラインの“Bomber”を 世界の旗艦店でエクスクルーシブ・プレビュー – six-fashion

今年の1月20日にパリ・グランパレで行われた2017秋冬コレクションのランウェイで初披露となったベルルッティのニューライン「Bomber」(ボンバー)が、この夏の展開に先駆けて世界の一部の旗艦店で4月からエクスクルーシブ・プレビューコレクションを展開、先行発売されている。

ダンヒル「MADE TO MATCH」 2017サッカー日本代表 オフィシャルウェア発売 – six-fashion

日本代表チームとのパートナーシップが今年で18年目を迎え、オフィシャルテーラリングを担ってきたダンヒルから、「2017 サッカー日本代表 オフィシャル ジャケット&トラウザーズ」のカスタムテーラリングサービスによる受注販売の開始が発表された。

エルメネジルド ゼニア、 ミラノでビスポーク アトリエをスタート – six-fashion

エルメネジルド ゼニアは、ミラノのモンテ・ナポレオーネ通りにあるグローバル・ストアの建物最上階に、ビスポークのためだけのアトリエをオープンした。自社の生地によるフルオーダーのビスポークは元来、最高級なファブリック・メーカーである同社の究極のラグジュアリーサービスと言えるだろう。

王侯貴族に愛されたフォレ・ル・パージュ 新宿伊勢丹メンズ館にポップアップショップをオープン – six-fashion

ルイ15世の昔からヨーロッパの王侯貴族たちに愛された伝説の名門メゾン、フォレ・ル・パージュは、熟練の鉄砲工、そして武具師を擁してその歴史をパリでスタートさせた。銃器や剣といったものに始まり、狩猟用としても弾薬や食糧、獲物、ブーツや備品を持ち運ぶためにレザー製品の製造も始めていた。

時流を身にまとう-MODE- – six-fashion

各ブランドのコレクションには、先鋭的なクリエイティブディレクターの時代感覚が反映されている。ビジネスにおいてもトレンド、時流を知ることは重要だ。だから、ハイファッションを選んで着ることは、時代の流れを読み解くカギになるかもしれないのである。たかがファッションと軽んずるべからず。

銀座で誂えるということ – six-fashion

銀座で誂える9ブランド、GIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)、DOLCE & GABBANA(ドルチェ&ガッバーナ)、ERMENEGILDO ZEGNA(ゼニア)、BRIONI(ブリオーニ)、BERLUTI(ベルルッティ)、LORO PIANA(ロロ・ピアーナ)、DUNHILL(ダンヒル)、LANVIN(ランバン)、SALVATORE FERRAGAMO(サルバトーレ・フェラガモ)を紹介。

ビジネスに活きる 魅惑のスーツスタイル – six-fashion

ビジネスはスーツ選びから始まっているといっても過言ではない。服装が人間関係をも左右するという人もいる。そう考えると、スーツはビジネスパーソンにとって、一種の投資なのである。もっと高い意識で着こなしたい。ここでは、ビジネス・シーンにおいて、成功のツールにさえなる高級既成スーツの逸品を紹介する。