カテゴリーアーカイブ: six-watch

名作の流れを汲む、美しき年次カレンダーモデル パテック フィリップ – six-watch

時計界において、世界最高峰の名を欲しいままにするパテック フィリップ。そのなかでも、圧倒的な存在感をもったフラッグシップコレクションが「カラトラバ」である。1932年にファーストモデル「Ref.96」を発表して以来、今日まで時計愛好家の憧れであり続けている名作中の名作である。

ジュネーブサロン開幕! 2018年、注目の新作時計を紹介する! 【Vol.12】ジャガー・ルクルト – six-watch

2018年最初の時計フェア、通称ジュネーブサロンと呼ばれるSIHH(Salon International Haute Horlogerie)が1月15日に開幕した。参加したのはカルティエをはじめ主要18ブランド。新たにエルメスが加わり、一層華やかな展示会となった。サロンでは、2018年の新作ウォッチが各ブランドから発表され、この1年の時計界のトレンドが提示されるのだが、はたして今年はどんな傾向になるのか? 主だったモデルを紹介していきたい。

ジュネーブサロン開幕! 2018年、注目の新作時計を紹介する! 【Vol.11】オーデマ ピゲ – six-watch

2018年最初の時計フェア、通称ジュネーブサロンと呼ばれるSIHH(Salon International Haute Horlogerie)が1月15日に開幕した。参加したのはカルティエをはじめ主要18ブランド。新たにエルメスが加わり、一層華やかな展示会となった。サロンでは、2018年の新作ウォッチが各ブランドから発表され、この1年の時計界のトレンドが提示されるのだが、はたして今年はどんな傾向になるのか? 主だったモデルを紹介していきたい。

ジュネーブサロン開幕! 2018年、注目の新作時計を紹介する! 【Vol.10】IWC – six-watch

2018年最初の時計フェア、通称ジュネーブサロンと呼ばれるSIHH(Salon International Haute Horlogerie)が1月15日に開幕した。参加したのはカルティエをはじめ主要18ブランド。新たにエルメスが加わり、一層華やかな展示会となった。サロンでは、2018年の新作ウォッチが各ブランドから発表され、この1年の時計界のトレンドが提示されるのだが、はたして今年はどんな傾向になるのか? 主だったモデルを紹介していきたい。

ジュネーブサロン開幕! 2018年、注目の新作時計を紹介する! 【Vol.9】ボーム&メルシエ – six-watch

2018年最初の時計フェア、通称ジュネーブサロンと呼ばれるSIHH(Salon International Haute Horlogerie)が1月15日に開幕した。参加したのはカルティエをはじめ主要18ブランド。新たにエルメスが加わり、一層華やかな展示会となった。サロンでは、2018年の新作ウォッチが各ブランドから発表され、この1年の時計界のトレンドが提示されるのだが、はたして今年はどんな傾向になるのか? 主だったモデルを紹介していきたい。

ジュネーブサロン開幕! 2018年、注目の新作時計を紹介する! 【Vol.8】ピアジェ – six-watch

2018年最初の時計フェア、通称ジュネーブサロンと呼ばれるSIHH(Salon International Haute Horlogerie)が1月15日に開幕した。参加したのはカルティエをはじめ主要18ブランド。新たにエルメスが加わり、一層華やかな展示会となった。サロンでは、2018年の新作ウォッチが各ブランドから発表され、この1年の時計界のトレンドが提示されるのだが、はたして今年はどんな傾向になるのか? 主だったモデルを紹介していきたい。

ジュネーブサロン開幕! 2018年、注目の新作時計を紹介する! 【Vol.7】エルメス – six-watch

2018年最初の時計フェア、通称ジュネーブサロンと呼ばれるSIHH(Salon International Haute Horlogerie)が1月15日に開幕した。参加したのはカルティエをはじめ主要18ブランド。新たにエルメスが加わり、一層華やかな展示会となった。サロンでは、2018年の新作ウォッチが各ブランドから発表され、この1年の時計界のトレンドが提示されるのだが、はたして今年はどんな傾向になるのか? 主だったモデルを紹介していきたい。

ジュネーブサロン開幕! 2018年、注目の新作時計を紹介する! 【Vol.6】A.ランゲ& ゾーネ – six-watch

2018年最初の時計フェア、通称ジュネーブサロンと呼ばれるSIHH(Salon International Haute Horlogerie)が1月15日に開幕した。参加したのはカルティエをはじめ主要18ブランド。新たにエルメスが加わり、一層華やかな展示会となった。サロンでは、2018年の新作ウォッチが各ブランドから発表され、この1年の時計界のトレンドが提示されるのだが、はたして今年はどんな傾向になるのか? 主だったモデルを紹介していきたい。

ジュネーブサロン開幕! 2018年、注目の新作時計を紹介する! 【Vol.5】リシャールミル – six-watch

2018年最初の時計フェア、通称ジュネーブサロンと呼ばれるSIHH(Salon International Haute Horlogerie)が1月15日に開幕した。参加したのはカルティエをはじめ主要18ブランド。新たにエルメスが加わり、一層華やかな展示会となった。サロンでは、2018年の新作ウォッチが各ブランドから発表され、この1年の時計界のトレンドが提示されるのだが、はたして今年はどんな傾向になるのか? 主だったモデルを紹介していきたい。

ジュネーブサロン開幕! 2018年、注目の新作時計を紹介する! 【Vol.4】パルミジャー二 フルリエ – six-watch

2018年最初の時計フェア、通称ジュネーブサロンと呼ばれるSIHH(Salon International Haute Horlogerie)が1月15日に開幕した。参加したのはカルティエをはじめ主要18ブランド。新たにエルメスが加わり、一層華やかな展示会となった。サロンでは、2018年の新作ウォッチが各ブランドから発表され、この1年の時計界のトレンドが提示されるのだが、はたして今年はどんな傾向になるのか? 主だったモデルを紹介していきたい。

ジュネーブサロン開幕! 2018年、注目の新作時計を紹介する! 【 Vol.3】パネライ – six-watch

2018年最初の時計フェア、通称ジュネーブサロンと呼ばれるSIHH(Salon International Haute Horlogerie)が1月15日に開幕した。参加したのはカルティエをはじめ主要18ブランド。新たにエルメスが加わり、一層華やかな展示会となった。サロンでは、2018年の新作ウォッチが各ブランドから発表され、この1年の時計界のトレンドが提示されるのだが、はたして今年はどんな傾向になるのか? 主だったモデルを紹介していきたい。

ジュネーブサロン開幕! 2018年、注目の新作時計を紹介する! 【Vol.2】 ヴァシュロン・コンスタンタン – six-watch

2018年最初の時計フェア、通称ジュネーブサロンと呼ばれるSIHH(Salon International Haute Horlogerie)が1月15日に開幕した。参加したのはカルティエをはじめ主要18ブランド。新たにエルメスが加わり、一層華やかな展示会となった。サロンでは、2018年の新作ウォッチが各ブランドから発表され、この1年の時計界のトレンドが提示されるのだが、はたして今年はどんな傾向になるのか? 主だったモデルを紹介していきたい。

ジュネーブサロン開幕! 2018年、注目の新作時計を紹介する! 【 Vol.1】カルティエ – six-watch

2018年最初の時計フェア、通称ジュネーブサロンと呼ばれるSIHH(Salon International Haute Horlogerie)が1月15日に開幕した。参加したのはカルティエをはじめ主要18ブランド。新たにエルメスが加わり、一層華やかな展示会となった。サロンでは、2018年の新作ウォッチが各ブランドから発表され、この1年の時計界のトレンドが提示されるのだが、はたして今年はどんな傾向になるのか? 主だったモデルを紹介していきたい。

「ゼニス」 パリにポップアップ・ストアをオープン ヴァンドーム広場がより華やかに – six-watch

1865年にマニュファクチュール・ゼニスを創立、以来150年を超える歴史を持つメゾン、ゼニスはこれまで各都市でポップアップ・ストアを展開してきているが、高級宝飾品・時計などの聖地ともいうべきパリのヴァンドーム広場に11月オープンした。

天賦の才に恵まれし男、時計を熱く語る – six-watch

生まれながらにして傑出した才能を持つ人を“Gifted”と呼ぶ。1980年代に輝く彗星のように時計界に現れ、「複雑時計の巨匠」の名をほしいままにしているギフテッド・ウオッチメイカー=フランク ミュラー氏を京都で直撃した。

時計に載せられた愛すべきギフト 【Prat 3】 – six-watch

コンプリケーションは、大量生産されるデジタルウォッチやスマートウォッチなどによって阻害されたもの、生気を失ってしまったものを我々の手に取り戻そうとしているようにも思える。無味な記号へと置き換えられてしまった時・分・秒、暦法、音や手ざわりといったものまでへの関心を、今一度呼び覚まそうとしているのがコンプリケーションなのだ。

ブレない個性こそ、ティレット・ウォッチの強味である – six-watch

ティレットは、まだ日本ではそれほど馴染みのない時計ブランドかもしれない。ただ、そのモデルを一度見ると、忘れられないほどのインパクトを持った個性的な腕時計であることは確かだ。その創業者兼CEOであるダニエル・ラザーさんが来日したので、話をうかがった。

いまや街着けウォッチの一番手ともいえる、 ラグジュアリー・スポーツウォッチ 【Vol.2】 – six-watch

ラグジュアリー・スポーツと呼ばれるカテゴリーがある。スポーティだが武骨ではなく、コーディネイトに品をもたらしてくれるスマートな腕時計だ。近年は高級ブランドが積極的に展開し、人気のモデルとなっているものが多い。ビジネスシーンでの着用はもちろん、カジュアルウエアに合わせても違和感のない万能性があるからだ。基本的に腕時計に万能性はない、といわれているが、唯一このカテゴリーだけが、その形容が相応しい。

いまや街着けウォッチの一番手ともいえる、 ラグジュアリー・スポーツウォッチ 【Vol.1】 – six-watch

ラグジュアリー・スポーツと呼ばれるカテゴリーがある。スポーティだが武骨ではなく、コーディネイトに品をもたらしてくれるスマートな腕時計だ。近年は高級ブランドが積極的に展開し、人気のモデルとなっているものが多い。ビジネスシーンでの着用はもちろん、カジュアルウエアに合わせても違和感のない万能性があるからだ。基本的に腕時計に万能性はない、といわれているが、唯一このカテゴリーだけが、その形容が相応しい。

カール F. ブヘラ マンタを救う 特別なチャリティ・モデルが登場! – six-watch

ルツェルンに本拠を置くスイス有数の老舗高級時計メーカー「カール F. ブヘラ」がこの7月、非営利団体マンタトラストのためにダイバーズ ウォッチの新作を188個限定で発売することを発表した。この時計を購入することで、マンタの保護にも貢献することになる。

カール F. ブヘラ 映画「ジョン・ウィック:チャプター2」で 再びコラボレーション – six-watch

「カール F. ブヘラ」のブランド・アンバサダーを務める映画監督のチャド・スタエルスキの作品、「ジョン・ウィック」の続編が完成、2月のアメリカ、ハリウッドに続き日本でもプレミア上映イベントが、この6月に東京六本木で開催された。

ふたつの時間帯を表示する 6つの旅の良きパートナー – six-watch

日常において、時間を確認するのは携帯電話という人が増え、腕時計は、時計本来の使い方をされなくなってきている。それは、どんな機能であっても同じである。
そんななか、ワールドタイム系の腕時計だけは、実用的にしっかりと使えるのである。それも海外という非日常の場で。
何かと気を配らなければならない海外において、ひと目で知りたいと思う「もうひとつの時間帯」がわかるのは、何と心強いことか。しかも、腕に巻かれているので、余計な手間はいらない。デザイン的に熟れているものを選べば、服装との相性を気にすることも少ない。
旅好きの人は、是非1本持っておきたいモデルを紹介する。